即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシング審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ

お金を借りるときの審査とは

スポンサーリンク


お金を借りる場合、カードローンやキャッシングの契約をしなくてはなりません。ローンは誰でも契約できるものではなく、安定した収入があり、信用があることが絶対条件となっています。

無担保での借り入れをする場合、信用がもっとも重要な項目となっており、他社で返済トラブルを起していたような場合、別のカード会社でも新規で契約することが難しくなってしまいます。

また信用は金利も直接影響を及ぼします。会社にとって貸出リスクの高い人は高金利での契約となってしまい、安心して貸し出せる人には低金利での契約となります。審査には2つの工程が存在します。

スポンサーリンク

仮審査で判断される内容

仮審査では主にスコアリングが行われます。スコアリングとは申込内容や信用情報でのデータを元に、申込者に点数をつける仕組みです。
>>仮審査こそが最大の難関?

例えば20代で年収が300万円の人でも、将来これから多くの収入を得ることが計算されれば、60代で年収が800万ある人よりもスコアが高くなるようなことがあります。スコアリングでは年収はもちろん大切ですが、年齢も重要視されます。結婚していて共働きのような場合もプラスに作用します。
>>未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?

スコアリングで審査を通過できるかどうかは会社の基準によって異なりますので、申し込む会社次第で通ったり落ちてしまったりします。

本審査で判断される内容

仮審査ではあくまでも機械的に判断されます。この機械化された工程のお陰で時間が短縮され、即日融資が可能になっています。
>>バンクイックは1時間もあればお金を借りれる?

しかし機会では判断できない部分もあるため、第二工程として本審査が存在しています。第二工程では在籍確認や借り入れの目的などを調査します。

また、システム的に判断が難しいような人も存在します。そのような場合判断を人に任せることによって、会社が無意味にリスクを取り過ぎたり、顧客獲得のチャンスを失わないような仕組みになっているのです。

スコアリングに不安がある人は対面で申込ができるような会社を選んでみると良いかもしれません。

スポンサーリンク


仮審査こそが最大の難関~仮審査に可決しなければキャッシングでお金を借りるのは無理




スポンサーリンク

仮審査に通れば融資の可能性は高い

多くの場合、申し込みをしたら仮審査の結果が届き、それに通過した場合本審査に移ります。この仮審査を通過すると多くの場合、融資を受けることができます。仮と付くだけあって第一関門のように思えますが、実は最大の関門でもあるのです。
 
行っていることは貸金業者独自のコンピューター(スコアリング)によって、申し込み者の属性を判断し、チェックします。
 
ここでその業者の評価として融資ができると判断された場合、仮審査に通り、本審査を迎えることになります。よって仮審査を通過すると、お金を借りることができる可能性がかなり高まるといっても過言ではありません。本審査を通過して無事キャッシングができます。
 
 

ただし例外もあって落ちることもある

本審査を通過しなければ当然キャッシングをすることはできません。この本審査は人間の目でチェックします。コンピューターがミスをすることは少ないですが、やはり人の目でチェックを行って通過させます。その時に行うのが、個人信用情報機関です。
 
この個人情報機関というのは、多くの貸金業者が申し込み者の属性を調べるために照会する機関です。様々な金融に関する情報がここに収められており、業者のここから情報を入手します。
 
他社からの借入れ、延滞した履歴、そして債務整理を行ったことも記録されていますので、業者にとっては最後の砦のような場所です。
 
 

信用情報機関について

この個人信用情報機関こそが業者にとっても、そして申し込み者にとっても重要な関門になります。先程も述べたように、金融の情報がここに収められています。
 
よく他社からの借入れに対して、正直に記入するようにと言われますが、虚偽の記入をしても結局はこの個人情報機関に照会すれば簡単にわかります。
>>キャッシングでお金を借りる時の審査~絶対に他社借入件数や借入総額等の嘘はダメ
 
虚偽の申し込みをすれば、それだけで信用は崩壊するでしょう。もちろん業者もそのようなことを評価します。だからこそ虚偽の申請をしてはいけません。
 
もし心当たりがなく落ちてばっかりという時は、この個人情報機関に情報を取り寄せることも可能です。自身の信用状況を知ることができます。

 

基本 審査

未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?




スポンサーリンク

結婚しているとなぜキャッシングの審査で有利になるのか?

既婚者は未婚者と比べて、自由になるお金が少ないものです。収入は家族のために使う必要があるので、自分の消費だけには使えません。それゆえ、審査では不利になりそうに思えるでしょうが、実際はまったくの逆なのです。
 
貸金業者は未婚者よりも、既婚者を高く評価しています。家族を養えるだけの安定収入があることも大きな理由でしょう。
 
キャッシングの利用者の年齢層を見ても30代~40代が多くなっており、生活費の不足を補うために借りていることがうかがえます。専業主婦がお金を借りられる理由も、配偶者が安定収入を得ているからです。結婚をしている方は、お金を借りる上で有利なのです。
 
 

未婚だとキャッシングの利用は難しい?

既婚者と比べると、未婚者のほうが審査で不利になるのは確かです。
 
しかし、キャッシングの多くは20歳以上で安定収入があることが借りるための原則です。この条件を満たしていれば、借りる条件はクリアしています。実際に学生ローンも存在し、未婚の学生に融資しているでしょう。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
大切なのはスコアリングの総合点数であり、他の条件が好ましければ融資を受けることができます。安定性のある職業に就いており、年収が高くて勤続年数が長ければ高評価されます。
 
収入が少なくても希望額を抑えれば借りられる可能性は高いですし、過去にローン利用経験があって延滞していない方も高評価されます。
 
 

審査基準が緩いとされる業者を狙う

お金を借りることは、本来簡単なことではありません。
 
金融機関としては無担保で融資するわけですから、少なからず回収不能になるリスクはあります。貸付する金額に対して、最後まで返済できる能力を有する方を選ぶのです。数回返済をしてその後は入金がない状態では、金融機関は倒産してしまうでしょう。
 
金融機関の中で審査に通過しやすいとされるのは消費者金融です。
>>中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?
 
ただし、あくまでその傾向があるという話であり、消費者金融で落とされて銀行で借りられるという話は普通にあります。借りやすい業者に申し込むよりも、借りる金額を抑える対策のほうが効果的です。

 

基本 審査

1 4 5 6 7 8 35