即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシング審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ

お金を借りるときの審査とは

お金を借りる場合、カードローンやキャッシングの契約をしなくてはなりません。ローンは誰でも契約できるものではなく、安定した収入があり、信用があることが絶対条件となっています。

無担保での借り入れをする場合、信用がもっとも重要な項目となっており、他社で返済トラブルを起していたような場合、別のカード会社でも新規で契約することが難しくなってしまいます。

また信用は金利も直接影響を及ぼします。会社にとって貸出リスクの高い人は高金利での契約となってしまい、安心して貸し出せる人には低金利での契約となります。審査には2つの工程が存在します。

スポンサーリンク

仮審査で判断される内容

仮審査では主にスコアリングが行われます。スコアリングとは申込内容や信用情報でのデータを元に、申込者に点数をつける仕組みです。
>>仮審査こそが最大の難関?

例えば20代で年収が300万円の人でも、将来これから多くの収入を得ることが計算されれば、60代で年収が800万ある人よりもスコアが高くなるようなことがあります。スコアリングでは年収はもちろん大切ですが、年齢も重要視されます。結婚していて共働きのような場合もプラスに作用します。
>>未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?

スコアリングで審査を通過できるかどうかは会社の基準によって異なりますので、申し込む会社次第で通ったり落ちてしまったりします。

本審査で判断される内容

仮審査ではあくまでも機械的に判断されます。この機械化された工程のお陰で時間が短縮され、即日融資が可能になっています。
>>バンクイックは1時間もあればお金を借りれる?

しかし機会では判断できない部分もあるため、第二工程として本審査が存在しています。第二工程では在籍確認や借り入れの目的などを調査します。

また、システム的に判断が難しいような人も存在します。そのような場合判断を人に任せることによって、会社が無意味にリスクを取り過ぎたり、顧客獲得のチャンスを失わないような仕組みになっているのです。

スコアリングに不安がある人は対面で申込ができるような会社を選んでみると良いかもしれません。

お金は賢く借りるもの~キャッシングは利息が発生するので借りたお金は1日でも早く返済する


スポンサーリンク

お金を借りるならここに注意

お金とは、天下の回りものです。手元に十分に有ることもあれば、必要なのに足りないこともあります。困るのは、こうした足りない時です。そんな時、もしも頼りになる親が近くにいて貸してくれるなら、困るようなことにはならないでしょう。しかし、そうでなければ金融機関から借金するしかありません。
 
ただし一口に借金と言っても、よりお得な賢い借り方と、少し損な借り方とがあるのです。その二つの違いを正しく知るか知らないかでは、長い人生の間に、大きな違いが出てきてしまうものなのです。
 
賢い借り方で大切な第一点は、金利です。たとえばお馴染みのキャッシングには必ず金利があります。その金利によって利息の支払い負担が決まりますので、借り入れの際には、できるだけ低金利のところから借りるのがお得なのです。たとえば金利が年18%のものと17%のものがあれば、17%のほうが利息は小さいのでお得です。
 
 

借り入れ日数を甘く見てはいけない

続いて第二点は、実にシンプルなことです。それは、「可能な限り借りたらすぐ返す」ことです。極端なことを言うと通常のキャッシングなどでは、借りても翌日に返せば利息はわずか一日分です、それなら大した負担にはなりません。
 
逆に、たとえどんなに低金利で有利な借り入れでも、すぐ返さずにモタモタしていると、利息は一日ごとにドンドン増えてゆくのです。ですから単純に考えても、一日でも早く返すほうがお得なのです。
 
ちなみに、金利や利息には基本的な計算式があります。それを見れば低金利の重要性だけではなくて、借り入れ日数を甘く見てはいけないということが分かるはずです。それが、「利息=借り入れ金額×金利÷365日×借り入れ日数」です。
 
是非、この式を頭に入れておきましょう。賢い借り入れのためには、覚えておいて損はありません。
 
 

審査に通らなければ話にならない

最後に第三点は、キャッシング会社をはじめとした金融機関からの借り入れは、申し込み手続きをしても審査に通らなければ使えないということです。つまり審査に通らないということは、お金に困って借金を申し込んでも断られてしまうということです。それでは話になりません。
 
関連記事:
>>仮審査こそが最大の難関~仮審査に可決しなければキャッシングでお金を借りるのは無理
>>お金を借りる審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ
 
ですから、いざという時には借り入れをして急場を凌ぐことを考えると、日頃から、少しでも審査に通りやすくするために気を付けておくことが賢明だと言えます。どんな点に気を付けるのかというと、属性です。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
属性とは、その人の個人情報のうちで経済力や信用力に関係した情報のことです。たとえば、年収、勤続年数、勤務先の企業規模、他社からの借り入れ状況、公共料金は滞納していないか、その他です。審査においては、そうした属性がチェックされるのです。
 
ですから、バイト暮らしよりも正社員勤務、職を転々とするよりも一カ所で長く働く、他社からの借金は早く返す、各種料金の滞納はしないなど、できることからコツコツ努力すべきです。

 

基本 金利

足立成和信用金庫のカードローンでキャッシングする~限度額は50万円で固定金利なので分かり易い


スポンサーリンク

地域密着型の信用金庫

消費者金融や銀行の他に、信用金庫でもカードローンを提供しています。
 
日本中に信用金庫はたくさんありますが、信用金庫の特徴としては地域に密着しているという点が挙げられます。そのため、営業区域内の人しか申込をすることができません。
 
足立成和信用金庫もそのような金融機関の一つです。足立区とその周辺の区に住んでいる人が申込をすることができます。もし該当区域でない場合、地元にある信用金庫を探してみてみると良いでしょう。
 
(参考)全国の信用金庫ご紹介メニュー
http://www.shinkin.co.jp/tikubetu/
 
信用金庫はたくさんあるので、済んでいる地域で営業をしているところのローンを調べてみると良いです。信用金庫のローンは、銀行と同じく総量規制の対象外となっています。そのため年収の3分の1以上の借り入れも可能です。審査は銀行と同じような基準になります。
 
 

金利の面でメリットがある

通常カードローンやキャッシングは、限度額が高ければ高いほど金利が下がる傾向にあります。100万円以上の限度額になれば法律で上限が15%以下となりますが、それ以下の借り入れは18%近い金利になっているところも少なくありません。
 
消費者金融などは4%程度~18%程度で契約することができますが、4%の金利で借り入れができる人はほとんどいません。最初の契約はだいたい18%から始まり、長年使っていくにつれて金利が下がります。
 
足立成和信用金庫のしんきんカードローンは限度額に関わらず、13.5%と固定されています。限度額が小さい契約をする場合は大きなメリットとなります。
 
カードローンプレミアムという商品もあり、そちらは限度額によって金利が下がる仕組みになっています。300万円の借り入れの場合は6.475%まで下がり、銀行並みの低金利となっています。
 
 

お金をすぐに借りる場合

残念ながら信用金庫では即日融資は難しいでしょう。消費者金融や一部の銀行では即日融資もしてくれます。
>>お金を借りる審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ
 
すでに借金がある場合は審査も慎重になるため、時間がかかってしまうことや、カードを発行する場合は郵送になるため、その時点で当日にカードを受け取ることが難しくなります。
 
すぐにお金が必要な場合は、信用金庫ではなく、消費者金融を検討したほうが良いです。ただしいろいろなところに申込をすると、信用情報にデータが残ります。その件数によっては申込ブラックという状態になって、カードを作ることが困難になりますので、気をつけなくてはなりません。
 
申込をするときは、いつまでにいくら必要なのかを明確にし、それに間に合うような審査をしてくれる金融機関を選んだほうが良いでしょう。
>>自動契約機を利用すれば土曜日や日曜日、祝日の即日キャッシングも可能

 

地銀、信金、その他金融業者