即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシング審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ

お金を借りるときの審査とは

スポンサーリンク


お金を借りる場合、カードローンやキャッシングの契約をしなくてはなりません。ローンは誰でも契約できるものではなく、安定した収入があり、信用があることが絶対条件となっています。

無担保での借り入れをする場合、信用がもっとも重要な項目となっており、他社で返済トラブルを起していたような場合、別のカード会社でも新規で契約することが難しくなってしまいます。

また信用は金利も直接影響を及ぼします。会社にとって貸出リスクの高い人は高金利での契約となってしまい、安心して貸し出せる人には低金利での契約となります。審査には2つの工程が存在します。

スポンサーリンク

仮審査で判断される内容

仮審査では主にスコアリングが行われます。スコアリングとは申込内容や信用情報でのデータを元に、申込者に点数をつける仕組みです。
>>仮審査こそが最大の難関?

例えば20代で年収が300万円の人でも、将来これから多くの収入を得ることが計算されれば、60代で年収が800万ある人よりもスコアが高くなるようなことがあります。スコアリングでは年収はもちろん大切ですが、年齢も重要視されます。結婚していて共働きのような場合もプラスに作用します。
>>未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?

スコアリングで審査を通過できるかどうかは会社の基準によって異なりますので、申し込む会社次第で通ったり落ちてしまったりします。

本審査で判断される内容

仮審査ではあくまでも機械的に判断されます。この機械化された工程のお陰で時間が短縮され、即日融資が可能になっています。
>>バンクイックは1時間もあればお金を借りれる?

しかし機会では判断できない部分もあるため、第二工程として本審査が存在しています。第二工程では在籍確認や借り入れの目的などを調査します。

また、システム的に判断が難しいような人も存在します。そのような場合判断を人に任せることによって、会社が無意味にリスクを取り過ぎたり、顧客獲得のチャンスを失わないような仕組みになっているのです。

スコアリングに不安がある人は対面で申込ができるような会社を選んでみると良いかもしれません。

スポンサーリンク


違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行




スポンサーリンク

カードローンにはないクレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴の一つに、カード会社の加盟店でカードを提示することによって、現金を支払わなくても商品を購入できるというものがあります。
 
これは、加盟店にあるカードを読み取る装置とカード会社の端末がつながっていて、店員にカードを出して機械に読み取らせると、いくらの買い物を何回払いで購入したというデータがカード会社の端末に届き、問題ないのであればカード会社が承認して、現金を立て替えるというシステムがあるので可能なのです。
 
クレジットカードと同じく、審査を受けて発行してもらうカードローン用のカードでは、上記のような使い方は出来ません。
 
たとえば、カードが使えるタクシーに乗って、カードローン用のカードを提示しても、このカードは使えませんと言われてしまいます。なので、結局、カードローンでキャッシングをして、現金で支払うしかありません。
 
最終的に支払えるのであれば、クレジットカードもカードローンも同じように見えるかもしれませんが、クレジットカードの場合、一回、または二回払い、そしてボーナス一括払いであれば無利息という特徴があり、ショッピング目的で利用するのであればキャッシングよりも利便性が高いです。
 
 

カードで商品を購入し、売却したお金で借金返済するのは無謀

しかし、ギャンブルなど、現金しか使えない遊びを楽しむ人で、クレジットカードしか持っていない場合、お金を借りてでも楽しみたいというときは、カードのショッピング機能は使わず、キャッシング機能ばかり使うことになります。
 
こういう人が、キャッシングで使ったお金を返済出来なくなったとき、ショッピング機能で商品を購入して、それを売却して現金化し、手にしたお金を借金返済に充てることがあります。というのは、キャッシングの利用限度額に達してしまうと、使えるのはショッピング機能だけになってしまうからです。
 
しかし、現金化による借金返済は非常に危険なのでやめるようにしましょう。なぜかというと、現金化して借金返済したとしても、すぐにショッピング枠の利用限度額に達してしまい、その時点で返済方法がなくなってしまう上に、カードの債務が膨れあがってしまうからです。
 
それをどうにかしてようと、今度はカードローンに申し込むということを行うと、多重債務になってしまい、借金返済は更に難しくなっていきます。というのは、現金化やカードローンで作ったお金を返済に充てると、表面的には返済出来た上に見えますが、実際は債務は増えているからです。
 
 

現金化で借金返済するのが絶対に無理な理由とは

ショッピング枠で買った商品を売ればお金ができて、それで返せすことが可能になると考えた時点で、通常の収入ではまったく返せないほど、毎月の支払い額が増えているわけで、更にショッピングも利用してしまったら、次回の支払い額は更に増えて、どうにもならなくなってしまいます。
 
また、表面的なショッピング利用の利率にごまかされますが、実際の利率はもっと高く、利息で債務が膨れあがってくというのも危険だという理由の一つです。
 
たとえば、ショッピングのリボ払いの利率が年利15パーセントだとします。これは、クレジットカードのキャッシングの利率よりも低いので、現金化で借金返済をしていけば、利率の差だけ確実に返していけると錯覚しがちです。
 
しかし、実際は購入した商品を売却するとき、買った値段よりも高く買い取ってもらえるということはまずありません。例外として、プレミアが確実な限定品などがありますが、商品券であったり、貴金属であっても、必ず買った値段よりも低い値段で引き取られることになります。
 
その差額を、リボ払いの利率に加えれば、実際の利率は年利数十パーセント~100%以上と、どんなカードローンの利率よりも高くなってしまうのです。

 

基本 クレジットカード コラム

おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?




スポンサーリンク

おまとめローンにもデメリットがある?

低金利のおまとめローンで複数ローンを一本化すると返済が楽になります。
 
キャッシングと比較して低金利なのがメリットですが、デメリットがないわけではありません。用途がおまとめに限定されるので、給料日まで1万円借りたいという状況で困るわけです。おまとめローンの用途は一本化だけなので、他の目的には利用できません。自動車ローンで生活費を借りられないのと同じことです。
 
また、返済方法が変わった場合は、逆に利息が増えることもあります。一部のおまとめローンは、リボ返済しか用意していないところがあります。金利自体は低くなるのですが、リボ返済により月々の返済額が少なくなるため、結果的に完済まで長期化して利息が増える可能性があります。
 
金利が下がれば利息も下がると考えるのが一般的でしょうが、返済方法により利息は変わります。返済は口座引き落とし一本しか用意していない場合は多く、追加返済をしたいときに困ります。
 
ローンを一本化する以上は、総支払い額を減らさないと意味がありません。審査の申し込みをする前に返済シミュレーションをして、具体的にどの程度利息が減るのか調べておきましょう。金利が下がっても、利息が増えるようではデメリットしかありません。
 
 

借入のための審査は意外と厳しい

おまとめローン借入のための審査は簡単だと思われている方が多いですが、実際はキャッシングよりも厳しいです。
 
キャッシングよりも低金利で融資するため、金融機関の利益は当然減ります。融資をしても回収できないと損をしてしまうため、属性が高くて返済能力のある方にしか融資しません
 
ローンをまとめたいと考える方は、高額の借入を希望しているものです。10年以上ローンを利用してきた方なら、200万円以上の借入残高があるケースも多いです。200万円を一括で融資するというのは、業者としても勇気のいることです。キャッシングで10万円を借りるのとは訳が違います。
 
現在の年収、勤続年数、他社の利用状況などをチェックし、返済能力があると判断した方にだけ融資が行われます。おまとめローンは総量規制の対象外である商品が多いですが、年収と関連性がないわけではありません。年収が多い方ほど高額融資を受けやすいのは確かです。
 
消費者金融、銀行、信用金庫などの金融機関を選ぶ場合も、低金利で融資してくれる金融機関ほど審査は厳しいと考えていいでしょう。年率15.0%の消費者金融よりも、年率12.0%の銀行のほうがハードルは高いわけです。
 
 

おまとめローンは追加融資が困難

おまとめローンのデメリットの一つが追加融資が困難なことです。
 
キャッシング時代はローン専用カードが発行され、利用枠内で何度でも借入・返済ができたでしょう。給料日まで1万円欲しいなんて状況で重宝したはずです。しかし、おまとめローンの場合は追加融資は原則として受けられません
 
初回融資の段階で、一本化貸金を1回で借りるのです。借入れたお金はそのまま各社に返済し、それぞれのローン契約を終わらせます。おまとめローンを利用した時点で、返済一本になるというデメリットが生じます。
 
好きなときに借りて、余裕があれば返済するという使い方はできないので、ローンを一本化する以上は新たに融資を受けることはせず、ひたすら返済に専念する覚悟を持たなくてはいけません。キャッシングで失敗する方には決まって同じ性質があります。
 
借りる金額よりも、返済する金額のほうが少ないので、少しずつ借金が増えていくのです。1ヶ月に5万円借りて、返済するのが3万円ならば、ローンは雪だるま式に増えていくでしょう。
 
ローンを一本化する方は、完済するまでは現金主義を通すことです。完済するまでの間に浪費グセを直し、収入の範囲内での生活を心がけましょう。

 

タグ :

基本 おまとめローン・借換

1 33 34 35