即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシング審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ

お金を借りるときの審査とは

スポンサーリンク


お金を借りる場合、カードローンやキャッシングの契約をしなくてはなりません。ローンは誰でも契約できるものではなく、安定した収入があり、信用があることが絶対条件となっています。

無担保での借り入れをする場合、信用がもっとも重要な項目となっており、他社で返済トラブルを起していたような場合、別のカード会社でも新規で契約することが難しくなってしまいます。

また信用は金利も直接影響を及ぼします。会社にとって貸出リスクの高い人は高金利での契約となってしまい、安心して貸し出せる人には低金利での契約となります。審査には2つの工程が存在します。

スポンサーリンク

仮審査で判断される内容

仮審査では主にスコアリングが行われます。スコアリングとは申込内容や信用情報でのデータを元に、申込者に点数をつける仕組みです。
>>仮審査こそが最大の難関?

例えば20代で年収が300万円の人でも、将来これから多くの収入を得ることが計算されれば、60代で年収が800万ある人よりもスコアが高くなるようなことがあります。スコアリングでは年収はもちろん大切ですが、年齢も重要視されます。結婚していて共働きのような場合もプラスに作用します。
>>未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?

スコアリングで審査を通過できるかどうかは会社の基準によって異なりますので、申し込む会社次第で通ったり落ちてしまったりします。

本審査で判断される内容

仮審査ではあくまでも機械的に判断されます。この機械化された工程のお陰で時間が短縮され、即日融資が可能になっています。
>>バンクイックは1時間もあればお金を借りれる?

しかし機会では判断できない部分もあるため、第二工程として本審査が存在しています。第二工程では在籍確認や借り入れの目的などを調査します。

また、システム的に判断が難しいような人も存在します。そのような場合判断を人に任せることによって、会社が無意味にリスクを取り過ぎたり、顧客獲得のチャンスを失わないような仕組みになっているのです。

スコアリングに不安がある人は対面で申込ができるような会社を選んでみると良いかもしれません。

スポンサーリンク


カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人




スポンサーリンク

審査落ちたら他社もダメということは無い

カードローンを利用するにあたって審査は避けては通れないものですが、審査は残念ながら全ての人が通過できるわけではありません。
 
そもそもどのような場合でも通過するという保証があるのであれば審査を行う必要はないでしょう。審査に通過した人がいるという背景には必ず審査落ちたという人がいるのです。ここで必ず覚えておきたいのが、審査の基準は業者によってかなり差があるということです。
 
そのため特定のカードローンの審査落ちたというような人であっても、他社で申込をすれば通過できる可能性は十分にあります。
 
とはいえ同時に覚えておきたいのが、カードローンに一度落ちたことがあるというのであれば、その人は常に審査に落ちる可能性がある人だということです。
 
審査基準は業者によってかなりの差があるとは言え、どこかで落ちたことがある以上、他社を受けても落ちる可能性があります。そのため「他社なら通るだろう」として楽観視するのではなく、一度落ちついて自分がなぜ審査落ちたのか、そして次の審査を通過するにはどういったところを改善していけばよいのかということを分析しなくてはなりません。
 
審査の評価ポイントの中には簡単に改善できる部分もありますから、そうしたところを見つけて改善していきましょう。
 
 

審査落ちたという時のチェックポイント

実際に審査に落ちる原因になる情報にはどういったものがあるのかと言うと、まず確認するべきは個人信用情報です。
 
個人信用情報にはそれぞれの消費者がこれまでどのようにお金を借りてきたのかということが記載されていますし、その情報は信用情報機関に加盟している金融機関であれば確認することができます。
 
そして信用情報機関に加盟せずに融資をしているというような金融機関はほぼあり得ないと言って良いため、基本的には間違いなく個人信用情報が確認されるのです。
 
そしてその中に金融事故の履歴、例えば返済の滞納債務整理などの情報が記載されてしまっているのであれば、その人は残念ながらどこを受けてもダメと言われてしまう可能性があります。そうしたことに心当たりがあるのであれば、まずは個人信用情報の開示請求をかけ、該当する情報がいつになれば消えるのかを問い合わせると良いでしょう。
 
また別の確認ポイントとして、現在他社から借り入れているお金にはどういったものがあるかもチェックが必要です。現在借り入れている金額が大きいのであればやはり、どの金融機関でも融資はダメと言われてしまう可能性があります。そのため債務を一本化したり、返済できそうなものは返済するというようにするべきです。
 
 

融資をしてもらいやすいカードローン

こういった点をチェックしていき改善できそうな部分が見つかって改善した、チェックした結果何も問題が無かったというようであれば、次に考えるべきは融資してもらいやすいカードローンについてです。
 
実際のところ審査の基準は非公開となっているものですから「ここなら大丈夫」というようなことは言えないのですが、傾向としてみると経営母体が銀行の銀行系カードローンは審査基準が厳しめに設定されていることが多いものです。
 
過去にこうした銀行系カードローンに申込をして断られたことがあるのであれば、次は消費者金融系の業者を検討してみることが有効です。
 
また過去に消費者金融系業者に申込をしてダメだったというような場合には、融資限度額を引き下げて申込をしてみるなどで対策ができることもあります。融資限度額はそれぞれの人が借入できるお金の上限であり、それが低いということは返済可能性を高めることに繋がります。
 
本当に信用情報に問題が無ければ借り入れを希望する金額を低くして信用を訴えることができるのです。
 
ただ絶対に避けたいのが、申告する内容を偽ることです。勤め先を良いものにしたり収入を多く見せかけるということになると最悪詐欺罪となってしまいますから、そうしたことはしないようにしましょう。

 

基本 審査

65歳以上でもお金を借りれるキャッシングはある?




スポンサーリンク

簡単便利、おススメのカードローンとは

お金を借りたいと思ったら、金融機関のカードローンを検討するといいでしょう。
 
今は銀行やクレジット会社、消費者金融など、いろいろな金融機関でお金の借入れができるようになっています。それぞれ特徴があるので、それを心得て申し込みをしていくといいでしょう。
 
手つづきが簡単で借りやすいカードローンを探しているのであれば、ネット申し込みができるところがいいでしょう。申し込みから審査、借り入れまでの一連の流れをパソコンやスマホでできてしまうので、とても便利です。簡単な操作でできるので心配はありません。
 
どこがおススメなのかを考えて見ると、普段自分がメインバンクとして使っている銀行や信用金庫がいいでしょう。そういったところでは、大体カードローンを扱っているので、給与の振り込みや支払いなどで各種の取り扱いにその銀行を使っているのなら、借入審査にも通りやすく、借りやすいといえましょう。
 
それは日頃の使用状況などもよくわかっていますし、信用もあるからなのです。まずは、情報を収集してみるといいでしょう。普段使っている口座のある銀行であれば、返済時などにもスムーズに手続きをしていくこともできるので、とても便利なのです。
 
 

年齢制限がある理由

カードローンの申し込みをする際には、利用条件があります。
 
各金融機関でその条件は異なるのですが、年齢や職業などに縛りがあるのです。年齢に関しては、20歳以上65歳未満という条件のところが多いのですが、中には70歳までというところもあります。
 
消費者金融では、65歳以上であっても70歳くらいまではOKであるところも見かけるので、年金生活者であっても申し込みが可能であることもあります。今は65歳以上であっても、元気に暮らしている人もたくさんいますし、返済をしてもらうことを考えても65歳以上、70歳くらいまでは返済可能であると捉えられるのです。
 
また、年金も安定した収入といった見なし方をするので、そのあたりの年齢までは可能であるのです。しかし、高齢者になるといつ病気になって死亡してしまうのかもわかりません。仮に返済の途中でそういった事態になってしまうと、返済してもらえなくなってしまうかもしれないのです。ですから、年齢に制限のある金融機関が多いのです。
 
逆に若い人では、20歳以上になっているのですが、これは、未成年ではお金の管理や計画、収入などの面でも未熟であると捉えられるので、成人してからであれば、借りやすいという状況になるものなのです。
 
 

65歳以上でも借り入れOKのカードローンとは

お金を借りるカードローンというのは、銀行やクレジット会社、消費者金融などがありますが、一般的に年を重ねてくると、お金を借りるローンを組みにくくなるのは確かです。これは返済能力を考えた時に仕事や安定した収入の有無などが関係してくるからです。
 
銀行やクレジットカード会社などでは65歳くらいを一つの目安として利用条件としているところも多いものです。
 
しかし、昨今の高齢者は年金を受給しながらも元気に生活をしており、消費者金融などでは金利手数料の負担はあるものの、返済能力があると判断された65歳以上の高齢者でも審査に通ることもあるので、わりと借りやすいものです。
 
もちろん、多額の融資は返済の事を考えると無理なのですが、少額の融資であれば、可能であるところもあります。ですから、事前に調べてみるようにするといいでしょう。しかしながら、甘い言葉で誘ってくるような業者には気をつけるようにしましょう。
 
審査に通るためには、日頃からお金を借りたりした時にしっかり返済をしたり、たくさん借りないようにするなど、信用力を高めることが大切です。高齢者になっても、充実した毎日を送ることができるようにしたいものです。

 

タグ :

基本 お金を借りる