即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシング審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ

お金を借りるときの審査とは

スポンサーリンク


お金を借りる場合、カードローンやキャッシングの契約をしなくてはなりません。ローンは誰でも契約できるものではなく、安定した収入があり、信用があることが絶対条件となっています。

無担保での借り入れをする場合、信用がもっとも重要な項目となっており、他社で返済トラブルを起していたような場合、別のカード会社でも新規で契約することが難しくなってしまいます。

また信用は金利も直接影響を及ぼします。会社にとって貸出リスクの高い人は高金利での契約となってしまい、安心して貸し出せる人には低金利での契約となります。審査には2つの工程が存在します。

スポンサーリンク

仮審査で判断される内容

仮審査では主にスコアリングが行われます。スコアリングとは申込内容や信用情報でのデータを元に、申込者に点数をつける仕組みです。
>>仮審査こそが最大の難関?

例えば20代で年収が300万円の人でも、将来これから多くの収入を得ることが計算されれば、60代で年収が800万ある人よりもスコアが高くなるようなことがあります。スコアリングでは年収はもちろん大切ですが、年齢も重要視されます。結婚していて共働きのような場合もプラスに作用します。
>>未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?

スコアリングで審査を通過できるかどうかは会社の基準によって異なりますので、申し込む会社次第で通ったり落ちてしまったりします。

本審査で判断される内容

仮審査ではあくまでも機械的に判断されます。この機械化された工程のお陰で時間が短縮され、即日融資が可能になっています。
>>バンクイックは1時間もあればお金を借りれる?

しかし機会では判断できない部分もあるため、第二工程として本審査が存在しています。第二工程では在籍確認や借り入れの目的などを調査します。

また、システム的に判断が難しいような人も存在します。そのような場合判断を人に任せることによって、会社が無意味にリスクを取り過ぎたり、顧客獲得のチャンスを失わないような仕組みになっているのです。

スコアリングに不安がある人は対面で申込ができるような会社を選んでみると良いかもしれません。

スポンサーリンク


意外と簡単に在籍確認なしでキャッシングをする方法とは




スポンサーリンク

カードローンの審査とは

いろいろな事情によって、お金が必要になることもあるでしょう。金欠の状態になって、知りあいや身内などに借りるという方法もあるのですが、利害関係があると難しい面もあります。それなら外部の金融会社に借りるようにしたほうがいいでしょう。
 
外部の金融会社に借りるということになると、どこに申し込みをしても審査をすることになります。
>>カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人
 
カードローンの扱いのある金融会社としては、銀行やクレジット会社、消費者金融などがありますが、難易度なども異なるので、よく検討するようにしましょう。
 
カードローンの申し込みの段階での審査というのは、氏名や年齢、住所などのほかにも、職業や年収、住宅の形態、他からの借入れなどの申告内容に金融会社同士が持っている信用情報を併せて照合して判断していくことになります。ですから、虚偽の申告があったりするとばれてしまいますし、それによって審査に時間がかかってしまうこともあるので、避けることをオススメします。
 
審査というのは、その人が返済可能である人物であるのかということが問題になるのであって、その能力を金融会社ごとの基準で確認していくものなのです。ですから、その人の情報による部分が大きいのです。
 
 

気になる在籍確認とは

カードローンの審査で、職業や年収というのは、大事なポイントになります。貸す側の金融会社というのは、それを確認して、返済できる人物であるのかを判断していくので、当然申告内容に虚偽がないのかをいろいろな形で調べていきます。
 
特に、仕事に関しては、ほとんどの場合で在籍確認をしていきます。これは、職場に電話をかけたりして、その人が申告している職場が存在するのか、そして申込者が在籍しているのかということを確認するのです。
 
借りる側である申込者からすると、自分の職場に金融会社から電話があったりすると、お金を借りようとしていることがわかってしまうのではないかと心配になることでしょう。
 
しかし、大手の金融会社などではその会社名を伏せて電話をしてくることが多いので、ある意味安心です。たいていは、本人の配慮をして個人名でかけるようにしているようです。
 
とはいえ、在籍確認をされるのはあまり良い気はしないでしょうし、できれば避けたいと思う人もいることでしょう。在籍確認なしという形は難しいのですが、それに代わる方法やわかりにくい方法もあるので、そういったことを知った上で対応していくことをオススメします。
 
 

在籍確認なしにするには

カードローンの申込では審査を受ける必要があるのですが、その過程で在籍確認をされることが多いものです。それを在籍確認なしにする方法はあるのでしょうか。
 
これはなかなか難しい問題であり、貸す側としては申込者が実態のある職場にいて収入を得ているのかということを確認したうえで、融資をしたいのです。在籍確認なしに代わるような方法を知っておくことをオススメします。
 
それは、金融会社によっては在籍確認なしということを謳っているところもありますが、それは限りなくやばい会社である可能性が高いと思っていたほうがいいでしょう。あとで大変な思いをしないようにするためにも、ある程度の信頼度の金融会社にしたほうがいいのです。
 
大手などの会社のキャッシングでは、在籍確認の時に配慮をしてもらいたいと申し出れば、家族名などで確認をする方法をとってくれることもあります。また、中には収入証明書などの証明書類の提出を在籍確認に代えてくれることもあるので、問い合わせをしてみることをオススメします。
 
このように、カードローンを利用する際には、申し込み時に審査があり、その際に在籍確認などもあるのです。ですから、カードローンに関する知識を持って対応するようにしましょう。

 

タグ :

基本 審査

無職にお金を貸してくれるのは闇金~例外は専業主婦と学生だけ




スポンサーリンク

審査では何がチェックされる?

金融会社に対して融資を申し込んだというような場合にはまず審査が行われることになります。
 
これが行われるからこそ金融会社は安全な人のみを選んで融資ができるのであり、これが無いということになってしまうと本来は返済の可能力が無いというような人に対しても融資をしなくてはならなくなってきます。
 
そうした人に融資をすると融資の全額がその金融会社の損失となるわけですから、それによって本来であれば融資をするべきだった相手に対して融資が出来なくなるということもあります。
 
ではその場ではどういったことがチェックされるのかと言うと、基本としてはその人の信用についてがチェック対象になると考えて良いでしょう。
 
その人に対して融資をしても本当に返済をしてもらえるのか、返済が滞ったり、債務整理をしたというような事実は無いかどうかというようなことが主にチェックされるのです。
 
またその他にチェックする項目としては提出された個人情報の正確性や、求められた融資限度額のバランスなどもありますが、基本的には全ての項目において問題ないとして判断してもらうことができなければ、融資をしてもらうことはできないとして考えて良いでしょう。
 
 

無職で審査を通るのは難しい

さて、そうした事情があるため基本的に仕事が無い、無職だと言う人に関しては審査を通るのが難しいということになってしまいます。
 
仕事をしていない無職であるということは収入が無い、あったとしてもそれの安定性が低いということが推察されるからです。現代では仕事などをして得た収入を源として借金の返済をしていくわけですから、そこで返済に不安を感じさせるような要素があると融資は難しいとして返答せざるを得ないのが実情です。
 
そのため無職の人が金融会社からお金を借りたいというような際には勤め先を偽ったりすることがあるのですが、ここで偽ったとしても基本的には無意味です。
 
金融会社としても無職の人に融資をするということは最悪のリスクだというように判断しますから、本当に申告した勤め先に勤めているのかどうかということは念入りに確認(在籍確認)をするからです。
 
具体的な方法としては申告された勤め先に対して電話をして、そこで本人に取り次いでもらうというような方法になります。万が一申告した勤め先に同姓同名の人がいたとしても「融資の申込をもらった」というようなことや生年月日を確認すると言ったような手続きが取られますから、騙しとおせる可能性はほとんどありません。
 
 

無職でも審査が通る金融会社はある?

とはいっても「無職だからこそお金が必要だ」というようなケースも多いものです。
 
では本当にそうした立場にあると金融会社からお金を借りることはできないのかというと、絶対に無理だというわけではありません。これには大きく分けて二つの例外があります。
 
まず一つ目が専業主婦の場合です。本人は専業主婦で仕事をしていませんが、しかしながら結婚している以上は配偶者である夫に収入があるとして期待できるでしょう。その夫の収入が十分で、かつ信用においても問題が無いというようであれば、その配偶者の同意を得ることで融資をしてもらえる可能性はあるのです。
 
またもう一つのケースとなるのが「学生などで保護者に収入がある」という場合です。これも収入を担う保護者の同意が必要になりますが、金融会社からすると将来的に収入を持つようになる学生を顧客に取り込めるというのであれば歓迎したい話です。そのため学生ローンなどを利用するという形で、仕事をしていない学生でも得ることができるのです。
 
ただしかし純粋に仕事をしていないというような人で当てにできる収入も無いということになると、そうした制度を利用するのは非常に困難です。もしそうした制度が利用できないのであれば、基本としては諦めるしか無いでしょう。

 

基本 主婦、専業主婦 基本 学生キャッシング