即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

中国銀行カードローンでお金を借りる~少額融資の借入も可能で個人事業主も借りれる


スポンサーリンク

中国銀行にはカードローンのサービスがあります

資金不足の状況になっているときには、お金を借りる方法を考える必要があります。一般的には消費者金融が運営をしているキャッシングを使って、融資を受けようと考える人が多いと言えますが、利息の設定が高いという問題があります。
 
消費者金融以外から借金をする方法としては、地方銀行が行っているカードローンを利用する方法があります。
 
中国地方に住んでいる人におすすめの地方銀行のサービスとして、中国銀行カードローンのコ・レ・カをおすすめできます。地方銀行というものは地域に密着して営業しているものですので、それぞれの地域に合わせたサービスを行っていることから、利用条件についてしっかりと確認しておくことが大切になります。
 
中国銀行で設定されている金利は、実質年率で6%~14.5%ですので、かなりの低金利で借り入れができる点がメリットとなります。
 
 

中国銀行のサービスでは即日融資は行っていません

中国銀行から融資を受けることは、一般の消費者金融から借金をすることよりも、かなり安い金利で借り入れができます。さらに、住宅ローンの利用を行っている人の場合であれば、優遇金利が適用されて実質年率が5.5%~8%まで金利が引き下げられます。
 
中国銀行のコ・レ・カは融資が実行されるまでに、時間がかかってしまう問題があります。申込みの手続きを行ってから審査が完了するまでには、事前に仮審査が行われることも含めて1か月ほどの時間がかかります。
 
そのために即日融資に対応してもらうことはできないサービスと言えますので、すぐに資金が必要な人には向いていないと考えられます。
>>生活費がバイトで厳しい…即日融資は三菱東京UFJ銀行カードローン
 
審査を通過してから、中国銀行の店舗に本人確認書類を提出してカードローンを利用するための手続きを進めることになります。
 
 

中国銀行の融資サービスは充実しています

中国銀行に融資の依頼をしたときには、多くの消費者金融が採用している自動審査というシステムは採用されていませんので、コンピューターによる審査は行われていないと言えます。
 
融資を希望できる限度額については、10万円から500万円までとなっていますので、十分な資金を得ることが可能です。借り入れ金額は10万円ごとに区切ることが可能で、210万円を超える融資を希望するときには本人確認書類に加えて、収入証明書の提出も必要になります。
 
手続きをスムーズに進めるためにも、これらの書類についてコピーを取っておくことがおすすめです。
 
借り入れたお金について返済ができないときには、遅延損害金が発生します。
>>延滞が長く続くと信用情報機関に登録されてブラック扱い?
 
中国銀行は積極的にカードローンのサービスを行っている地方銀行として知られており、コ・レ・カの他にもi-コレカミニAマインといったような商品も提供しています。

 

地銀、信金、その他金融業者

国民年金保険料を滞納すると厄介なので、キャッシングでお金を借りて支払うことも考えた方がいい


スポンサーリンク

なぜ国民年金への加入は義務になっているのか

日本には公的な年金制度として国民年金の制度があります。日本に国籍を持っている人は等しく、この国民年金への加入が義務付けられていますが、その理由は国民年金法第88条によって年金保険料の納付が義務付けられているためです。
 
国民はこの年金保険料を納付する代わりとして老後に年金を受け取ることができ、万が一、病気や事故などで身体に障害を持った場合には障害基礎年金、家族が死亡してしまったときには遺族年金を受け取ることができます。
 
年金保険料の納付を行っていないという人は近年、増加傾向にありますが、そのような人の場合、年金の支給を受けたり行政サービスを受けたいというときに適切なサービスの提供を受けられなくなってしまいます。
 
 

年金保険料を納付しないとどうなるのか

前述したように年金保険料の納付は国民の義務となっているため、長い期間、保険料の納付が行われない状態が継続した場合、年金機構によって委託された債権会社から納付を求める電話や督促状が送られてくることになります。
 
年金保険料の納付に関しては未納期間が2年を経過してしまうと、それ以降はさかのぼって未納分を納付することができなくなるので将来受け取れる年金の金額が減らされてしまうことになります。
 
また、度重なる督促を受けてもなお、年金保険料の未納の状況が続いた場合、預金口座の凍結といった重い措置が取られてしまうこともあります。
 
 

国民年金保険料が納付できないというときには

経済的事情から年金保険料を納付することが困難だという場合には、納付の猶予や納付の免除などの措置を受けることが可能になっています。ただし、これらの措置を受けるためには自分で所定の手続きを行う必要があり、手続きを行わなかったときには猶予や免除などの措置を受けることはできません。
 
また、納付の猶予や免除の手続きを行わないまま、年金保険料の納付が依然として行われない場合、最終的な警告として特別督促が送付されます。この段階まで事態が進んでしまうと預金口座の凍結といった措置が下されてしまう可能性が高いので、年金保険料を納付するための一時的な手段としてカードローンやキャッシングなどでお金を借りることも検討した方がいいでしょう。

 

コラム