即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

カードローンの審査に落ちる人は住宅ローンの審査にも落ちるのか


スポンサーリンク

原因を究明しないと同じ結果になることはありえます

カードローン審査は、申込者の返済能力や人間的な信用度を見るものです。
 
簡単に言うと、「この人ならお金を貸してもきちんと返済してくれる」と金融機関が判断すれば、審査に通ります。あなたがなぜカードローン審査に落ちたのかはわかりませんが、信頼するに足りる理由がなかった以上、そのままでは住宅ローン審査にも落ちるという可能性は十分にあります。
 
住宅ローンは、数あるローンの中でも大口ローンに位置づけられるもので、高額な資金をおよそ30年もの長い期間借入するものですから、当然審査は厳しくなります。とはいっても、カードローン審査と住宅ローンでは見るポイントが微妙に異なっていますので、一概には言えません。
 
住宅ローンでは、カードローン審査では見ないポイント、例えば、住宅の担保評価額や健康状態、税金の滞納などのポイントも重要となります。
 
大切なことは、カードローン審査に落ちたら、なぜ自分が審査に落ちたのかという原因をつきとめて、そこを改善することです。カードローン審査に落ちたときとなにも変わっていない状態で住宅ローンに申し込みをすれば、同じ原因で落ちるかもしれませんし、仮に通ったとしても、金利や借り入れできる限度額に影響する可能性もあります。
 
 

カードローン審査に落ちた心当たりはありませんか?

カードローン審査では、健康状態や税金の滞納、担保の評価額などは見られませんが、それ以外のポイントでは住宅ローン審査と共通する部分も多いです。年収、勤務形態、勤続年数、何社からいくらの借金があるか、個人信用情報などのポイントは共通して重視されます。
 
これらのポイントで心当たりはないでしょうか。例えば、転職したばかりで勤続年数が足りなかったことが理由で落ちたのであれば、それから年月が経過していて、現在は十分な勤続年数があるのなら心配はいらないでしょう。
 
現在ではキャリアアップのための転職はあたりまえになっているので、転職して収入がアップしたとか職業に連続性があるのなら前職の勤続年数も考慮される場合があります。
 
他社からの借入がたくさんあったのなら、それらの借金を完済することを優先させたほうがいいかもしれません。他に自動車ローンなどの借金があっても、毎月の借金の返済額に対して十分な収入があるのなら問題ない場合もありますが、やはり借金は少なければ少ないほど有利になります。
 
関連記事:
おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?
 
特に消費者金融からの借金などは銀行からのイメージも悪いこともありますので、優先的に完済させて、解約してしまうことがお勧めです。
 
 

住宅ローン審査に落ちる理由として多いのは?

カードローン審査に落ちた理由として、最も注意すべきなのが個人信用情報でしょう。
 
個人信用情報についた傷は、一定の期間が経過するまではどうあっても消えませんので、一度傷がついてしまったら努力ではどうにもなりません。過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがないという人も、念のためにCIC、JICCなどの個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるといいでしょう。
 
携帯電話の延滞など、意外な理由で信用情報に傷がついている可能性もあります。
 
携帯電話の延滞は、基本的には信用情報に傷はつきませんが、電話料金の中に携帯本体の分割払いローンが含まれている場合には延滞すると信用情報に延滞記録が残ってしまいます。信用情報に傷がついている場合には、延滞の場合には完済してからおよそ5年経つまでは消えません。
 
例外的に、毎月の支払い状況は24か月分しか保存されていないので、クレジットカードの支払いなどで一度延滞をしてしまっても、その後24ヶ月間健全な支払いを続ければ延滞の記録は押し出して消すことができます。
 
ただしこの方法は24ヵ月払いのローンなどでは使えません。携帯本体の分割払いローンは24ヵ月払いであることが多いので、1回でも延滞したら最大7年は不利な情報が残ります

 

基本 住宅ローン 基本 審査

意外と簡単に在籍確認なしでキャッシングをする方法とは


スポンサーリンク

カードローンの審査とは

いろいろな事情によって、お金が必要になることもあるでしょう。金欠の状態になって、知りあいや身内などに借りるという方法もあるのですが、利害関係があると難しい面もあります。それなら外部の金融会社に借りるようにしたほうがいいでしょう。
 
外部の金融会社に借りるということになると、どこに申し込みをしても審査をすることになります。
>>カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人
 
カードローンの扱いのある金融会社としては、銀行やクレジット会社、消費者金融などがありますが、難易度なども異なるので、よく検討するようにしましょう。
 
カードローンの申し込みの段階での審査というのは、氏名や年齢、住所などのほかにも、職業や年収、住宅の形態、他からの借入れなどの申告内容に金融会社同士が持っている信用情報を併せて照合して判断していくことになります。ですから、虚偽の申告があったりするとばれてしまいますし、それによって審査に時間がかかってしまうこともあるので、避けることをオススメします。
 
審査というのは、その人が返済可能である人物であるのかということが問題になるのであって、その能力を金融会社ごとの基準で確認していくものなのです。ですから、その人の情報による部分が大きいのです。
 
 

気になる在籍確認とは

カードローンの審査で、職業や年収というのは、大事なポイントになります。貸す側の金融会社というのは、それを確認して、返済できる人物であるのかを判断していくので、当然申告内容に虚偽がないのかをいろいろな形で調べていきます。
 
特に、仕事に関しては、ほとんどの場合で在籍確認をしていきます。これは、職場に電話をかけたりして、その人が申告している職場が存在するのか、そして申込者が在籍しているのかということを確認するのです。
 
借りる側である申込者からすると、自分の職場に金融会社から電話があったりすると、お金を借りようとしていることがわかってしまうのではないかと心配になることでしょう。
 
しかし、大手の金融会社などではその会社名を伏せて電話をしてくることが多いので、ある意味安心です。たいていは、本人の配慮をして個人名でかけるようにしているようです。
 
とはいえ、在籍確認をされるのはあまり良い気はしないでしょうし、できれば避けたいと思う人もいることでしょう。在籍確認なしという形は難しいのですが、それに代わる方法やわかりにくい方法もあるので、そういったことを知った上で対応していくことをオススメします。
 
 

在籍確認なしにするには

カードローンの申込では審査を受ける必要があるのですが、その過程で在籍確認をされることが多いものです。それを在籍確認なしにする方法はあるのでしょうか。
 
これはなかなか難しい問題であり、貸す側としては申込者が実態のある職場にいて収入を得ているのかということを確認したうえで、融資をしたいのです。在籍確認なしに代わるような方法を知っておくことをオススメします。
 
それは、金融会社によっては在籍確認なしということを謳っているところもありますが、それは限りなくやばい会社である可能性が高いと思っていたほうがいいでしょう。あとで大変な思いをしないようにするためにも、ある程度の信頼度の金融会社にしたほうがいいのです。
 
大手などの会社のキャッシングでは、在籍確認の時に配慮をしてもらいたいと申し出れば、家族名などで確認をする方法をとってくれることもあります。また、中には収入証明書などの証明書類の提出を在籍確認に代えてくれることもあるので、問い合わせをしてみることをオススメします。
 
このように、カードローンを利用する際には、申し込み時に審査があり、その際に在籍確認などもあるのです。ですから、カードローンに関する知識を持って対応するようにしましょう。

 

タグ :

基本 審査

無職にお金を貸してくれるのは闇金~例外は専業主婦と学生だけ


スポンサーリンク

審査では何がチェックされる?

金融会社に対して融資を申し込んだというような場合にはまず審査が行われることになります。
 
これが行われるからこそ金融会社は安全な人のみを選んで融資ができるのであり、これが無いということになってしまうと本来は返済の可能力が無いというような人に対しても融資をしなくてはならなくなってきます。
 
そうした人に融資をすると融資の全額がその金融会社の損失となるわけですから、それによって本来であれば融資をするべきだった相手に対して融資が出来なくなるということもあります。
 
ではその場ではどういったことがチェックされるのかと言うと、基本としてはその人の信用についてがチェック対象になると考えて良いでしょう。
 
その人に対して融資をしても本当に返済をしてもらえるのか、返済が滞ったり、債務整理をしたというような事実は無いかどうかというようなことが主にチェックされるのです。
 
またその他にチェックする項目としては提出された個人情報の正確性や、求められた融資限度額のバランスなどもありますが、基本的には全ての項目において問題ないとして判断してもらうことができなければ、融資をしてもらうことはできないとして考えて良いでしょう。
 
 

無職で審査を通るのは難しい

さて、そうした事情があるため基本的に仕事が無い、無職だと言う人に関しては審査を通るのが難しいということになってしまいます。
 
仕事をしていない無職であるということは収入が無い、あったとしてもそれの安定性が低いということが推察されるからです。現代では仕事などをして得た収入を源として借金の返済をしていくわけですから、そこで返済に不安を感じさせるような要素があると融資は難しいとして返答せざるを得ないのが実情です。
 
そのため無職の人が金融会社からお金を借りたいというような際には勤め先を偽ったりすることがあるのですが、ここで偽ったとしても基本的には無意味です。
 
金融会社としても無職の人に融資をするということは最悪のリスクだというように判断しますから、本当に申告した勤め先に勤めているのかどうかということは念入りに確認(在籍確認)をするからです。
 
具体的な方法としては申告された勤め先に対して電話をして、そこで本人に取り次いでもらうというような方法になります。万が一申告した勤め先に同姓同名の人がいたとしても「融資の申込をもらった」というようなことや生年月日を確認すると言ったような手続きが取られますから、騙しとおせる可能性はほとんどありません。
 
 

無職でも審査が通る金融会社はある?

とはいっても「無職だからこそお金が必要だ」というようなケースも多いものです。
 
では本当にそうした立場にあると金融会社からお金を借りることはできないのかというと、絶対に無理だというわけではありません。これには大きく分けて二つの例外があります。
 
まず一つ目が専業主婦の場合です。本人は専業主婦で仕事をしていませんが、しかしながら結婚している以上は配偶者である夫に収入があるとして期待できるでしょう。その夫の収入が十分で、かつ信用においても問題が無いというようであれば、その配偶者の同意を得ることで融資をしてもらえる可能性はあるのです。
 
またもう一つのケースとなるのが「学生などで保護者に収入がある」という場合です。これも収入を担う保護者の同意が必要になりますが、金融会社からすると将来的に収入を持つようになる学生を顧客に取り込めるというのであれば歓迎したい話です。そのため学生ローンなどを利用するという形で、仕事をしていない学生でも得ることができるのです。
 
ただしかし純粋に仕事をしていないというような人で当てにできる収入も無いということになると、そうした制度を利用するのは非常に困難です。もしそうした制度が利用できないのであれば、基本としては諦めるしか無いでしょう。

 

基本 主婦、専業主婦 基本 学生キャッシング

学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる


スポンサーリンク

ローンの申込条件に注目すること

学生がローンを組むことが出来ないというのは完全に嘘の話であり、利用できるローンはたくさんあります。
 
どんな種類があるのか、簡単に種類を説明するとキャッシングとクレジットカードがあります。他にも探せばいくつかの種類を見つけることが出来ると言えますが、基本的に身近な金融商品でいうとこの2種類を覚えておけばしっかりと自分が利用したいローンを見つけることが出来ます。
 
まず、学生というのは収入の問題で社会人よりもローンを組み難いことがあります。学生でもOKなのかどうか、これは各種ローンにおいて申込条件を確認すれば簡単に分かります。申込条件には色々と申込のための条件が書かれていますが、その中でも見ておくべき項目は年齢と職業だと言えます。

人気ある学生ローン

・キャンパス
・友林堂
・フレンド田(デン)
・ベル
・マルイ
・カレッヂ
・イー・キャンパス
・アミーゴ
・アイシーローン(未成年でも借入可能)
 
この2点をクリアすることが出来るなら、学生でも申し込める内容になっていることが多いのでしっかりと申込条件は確認するようにしましょう。これはどのようなローンを利用するにしても必ず申込条件を見るということは基本になってきます。
 
インターネットを使えばどのような金融商品でも、申込条件をしっかりと確認することが出来るので、これをチェックしながら申し込むローンを決めていくと良いです。
 
 

キャッシングが最強である

学生のためのキャッシング(学生ローン)は申込条件がかなり緩くなっています。そのため、学生がローンを組むのであれば借りやすさという意味ではキャッシングが最強です。
 
これはアルバイトをしている人ならほぼ合格出来ますし、アルバイトをしていなくても合格できるキャッシングもあります(※親の同意は必要となる)。
 
普通、キャッシングは収入証明を提出するなどして、返済能力を問われる商品です。そのため、しっかりと安定した収入がなければなかなか合格できないことがありますが、その点は申込条件を見ても分かるように、どこかの学校へ通っているということを証明することができ、年齢制限などをクリアすることが出来るなら、返済能力についてはかなり緩い審査となっているので、本当にこれほど簡単に借りることが出来る商品は他にないと言えます。
 
お金に困った時は借りやすい学生ローンを探して申し込みをすれば、借入で困ることはほぼありません。
 
しかし、肝心なのは返済です。どうやって借りたお金を返していくのかを考えておくことが大事です。ここを曖昧にしてお金を借り過ぎてしまうと、後々非常に大変な返済生活がやってくることになるので、アルバイトをするなどして返済額を用意できるようにしておきましょう。
 
 

簡単に借りれることはメリットでもありデメリットでもある

結論として学生はイメージとは違って比較的簡単に金融会社からお金を借りることが出来ます。これはお金を借りたい状況から考えると大きなメリットになりますが、このメリットというのは使い方によっては大きなデメリットでもあることを理解しておきましょう。
 
金融会社からお金を借りることが出来ると、それは借金を作ることが出来ると言いかえることが出来ますが、借金というのは返さなければなりません。人は不思議とお金を借りる時は返済は何とかなるだろうと思ってしまう瞬間があります。
 
個人間だと、お金を借りて返済する時に返済額をすぐに用意できなければ少しは待ってくれることがありますが、金融会社は絶対に待ってくれません。収入があろうがなかろうがルール通りにしっかりと返済を催促してきます。
 
返済が遅れると遅延損害金のペナルティまで設定されていますし、本当に返済をすることは真剣に計画を立てておかなければ、簡単にお金を借りれるメリット以上に大きなデメリットを被る事になります。そうした状況にならないためにも計画性を持つこと、その上で本当にお金に困った時だけ借入をして、無理なく返済出来るようにしなければなりません。

 

基本 学生キャッシング

カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人


スポンサーリンク

審査落ちたら他社もダメということは無い

カードローンを利用するにあたって審査は避けては通れないものですが、審査は残念ながら全ての人が通過できるわけではありません。
 
そもそもどのような場合でも通過するという保証があるのであれば審査を行う必要はないでしょう。審査に通過した人がいるという背景には必ず審査落ちたという人がいるのです。ここで必ず覚えておきたいのが、審査の基準は業者によってかなり差があるということです。
 
そのため特定のカードローンの審査落ちたというような人であっても、他社で申込をすれば通過できる可能性は十分にあります。
 
とはいえ同時に覚えておきたいのが、カードローンに一度落ちたことがあるというのであれば、その人は常に審査に落ちる可能性がある人だということです。
 
審査基準は業者によってかなりの差があるとは言え、どこかで落ちたことがある以上、他社を受けても落ちる可能性があります。そのため「他社なら通るだろう」として楽観視するのではなく、一度落ちついて自分がなぜ審査落ちたのか、そして次の審査を通過するにはどういったところを改善していけばよいのかということを分析しなくてはなりません。
 
審査の評価ポイントの中には簡単に改善できる部分もありますから、そうしたところを見つけて改善していきましょう。
 
 

審査落ちたという時のチェックポイント

実際に審査に落ちる原因になる情報にはどういったものがあるのかと言うと、まず確認するべきは個人信用情報です。
 
個人信用情報にはそれぞれの消費者がこれまでどのようにお金を借りてきたのかということが記載されていますし、その情報は信用情報機関に加盟している金融機関であれば確認することができます。
 
そして信用情報機関に加盟せずに融資をしているというような金融機関はほぼあり得ないと言って良いため、基本的には間違いなく個人信用情報が確認されるのです。
 
そしてその中に金融事故の履歴、例えば返済の滞納債務整理などの情報が記載されてしまっているのであれば、その人は残念ながらどこを受けてもダメと言われてしまう可能性があります。そうしたことに心当たりがあるのであれば、まずは個人信用情報の開示請求をかけ、該当する情報がいつになれば消えるのかを問い合わせると良いでしょう。
 
また別の確認ポイントとして、現在他社から借り入れているお金にはどういったものがあるかもチェックが必要です。現在借り入れている金額が大きいのであればやはり、どの金融機関でも融資はダメと言われてしまう可能性があります。そのため債務を一本化したり、返済できそうなものは返済するというようにするべきです。
 
 

融資をしてもらいやすいカードローン

こういった点をチェックしていき改善できそうな部分が見つかって改善した、チェックした結果何も問題が無かったというようであれば、次に考えるべきは融資してもらいやすいカードローンについてです。
 
実際のところ審査の基準は非公開となっているものですから「ここなら大丈夫」というようなことは言えないのですが、傾向としてみると経営母体が銀行の銀行系カードローンは審査基準が厳しめに設定されていることが多いものです。
 
過去にこうした銀行系カードローンに申込をして断られたことがあるのであれば、次は消費者金融系の業者を検討してみることが有効です。
 
また過去に消費者金融系業者に申込をしてダメだったというような場合には、融資限度額を引き下げて申込をしてみるなどで対策ができることもあります。融資限度額はそれぞれの人が借入できるお金の上限であり、それが低いということは返済可能性を高めることに繋がります。
 
本当に信用情報に問題が無ければ借り入れを希望する金額を低くして信用を訴えることができるのです。
 
ただ絶対に避けたいのが、申告する内容を偽ることです。勤め先を良いものにしたり収入を多く見せかけるということになると最悪詐欺罪となってしまいますから、そうしたことはしないようにしましょう。

 

基本 審査

65歳以上でもお金を借りれるキャッシングはある?


スポンサーリンク

簡単便利、おススメのカードローンとは

お金を借りたいと思ったら、金融機関のカードローンを検討するといいでしょう。
 
今は銀行やクレジット会社、消費者金融など、いろいろな金融機関でお金の借入れができるようになっています。それぞれ特徴があるので、それを心得て申し込みをしていくといいでしょう。
 
手つづきが簡単で借りやすいカードローンを探しているのであれば、ネット申し込みができるところがいいでしょう。申し込みから審査、借り入れまでの一連の流れをパソコンやスマホでできてしまうので、とても便利です。簡単な操作でできるので心配はありません。
 
どこがおススメなのかを考えて見ると、普段自分がメインバンクとして使っている銀行や信用金庫がいいでしょう。そういったところでは、大体カードローンを扱っているので、給与の振り込みや支払いなどで各種の取り扱いにその銀行を使っているのなら、借入審査にも通りやすく、借りやすいといえましょう。
 
それは日頃の使用状況などもよくわかっていますし、信用もあるからなのです。まずは、情報を収集してみるといいでしょう。普段使っている口座のある銀行であれば、返済時などにもスムーズに手続きをしていくこともできるので、とても便利なのです。
 
 

年齢制限がある理由

カードローンの申し込みをする際には、利用条件があります。
 
各金融機関でその条件は異なるのですが、年齢や職業などに縛りがあるのです。年齢に関しては、20歳以上65歳未満という条件のところが多いのですが、中には70歳までというところもあります。
 
消費者金融では、65歳以上であっても70歳くらいまではOKであるところも見かけるので、年金生活者であっても申し込みが可能であることもあります。今は65歳以上であっても、元気に暮らしている人もたくさんいますし、返済をしてもらうことを考えても65歳以上、70歳くらいまでは返済可能であると捉えられるのです。
 
また、年金も安定した収入といった見なし方をするので、そのあたりの年齢までは可能であるのです。しかし、高齢者になるといつ病気になって死亡してしまうのかもわかりません。仮に返済の途中でそういった事態になってしまうと、返済してもらえなくなってしまうかもしれないのです。ですから、年齢に制限のある金融機関が多いのです。
 
逆に若い人では、20歳以上になっているのですが、これは、未成年ではお金の管理や計画、収入などの面でも未熟であると捉えられるので、成人してからであれば、借りやすいという状況になるものなのです。
 
 

65歳以上でも借り入れOKのカードローンとは

お金を借りるカードローンというのは、銀行やクレジット会社、消費者金融などがありますが、一般的に年を重ねてくると、お金を借りるローンを組みにくくなるのは確かです。これは返済能力を考えた時に仕事や安定した収入の有無などが関係してくるからです。
 
銀行やクレジットカード会社などでは65歳くらいを一つの目安として利用条件としているところも多いものです。
 
しかし、昨今の高齢者は年金を受給しながらも元気に生活をしており、消費者金融などでは金利手数料の負担はあるものの、返済能力があると判断された65歳以上の高齢者でも審査に通ることもあるので、わりと借りやすいものです。
 
もちろん、多額の融資は返済の事を考えると無理なのですが、少額の融資であれば、可能であるところもあります。ですから、事前に調べてみるようにするといいでしょう。しかしながら、甘い言葉で誘ってくるような業者には気をつけるようにしましょう。
 
審査に通るためには、日頃からお金を借りたりした時にしっかり返済をしたり、たくさん借りないようにするなど、信用力を高めることが大切です。高齢者になっても、充実した毎日を送ることができるようにしたいものです。

 

タグ :

基本 お金を借りる

違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行


スポンサーリンク

カードローンにはないクレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴の一つに、カード会社の加盟店でカードを提示することによって、現金を支払わなくても商品を購入できるというものがあります。
 
これは、加盟店にあるカードを読み取る装置とカード会社の端末がつながっていて、店員にカードを出して機械に読み取らせると、いくらの買い物を何回払いで購入したというデータがカード会社の端末に届き、問題ないのであればカード会社が承認して、現金を立て替えるというシステムがあるので可能なのです。
 
クレジットカードと同じく、審査を受けて発行してもらうカードローン用のカードでは、上記のような使い方は出来ません。
 
たとえば、カードが使えるタクシーに乗って、カードローン用のカードを提示しても、このカードは使えませんと言われてしまいます。なので、結局、カードローンでキャッシングをして、現金で支払うしかありません。
 
最終的に支払えるのであれば、クレジットカードもカードローンも同じように見えるかもしれませんが、クレジットカードの場合、一回、または二回払い、そしてボーナス一括払いであれば無利息という特徴があり、ショッピング目的で利用するのであればキャッシングよりも利便性が高いです。
 
 

カードで商品を購入し、売却したお金で借金返済するのは無謀

しかし、ギャンブルなど、現金しか使えない遊びを楽しむ人で、クレジットカードしか持っていない場合、お金を借りてでも楽しみたいというときは、カードのショッピング機能は使わず、キャッシング機能ばかり使うことになります。
 
こういう人が、キャッシングで使ったお金を返済出来なくなったとき、ショッピング機能で商品を購入して、それを売却して現金化し、手にしたお金を借金返済に充てることがあります。というのは、キャッシングの利用限度額に達してしまうと、使えるのはショッピング機能だけになってしまうからです。
 
しかし、現金化による借金返済は非常に危険なのでやめるようにしましょう。なぜかというと、現金化して借金返済したとしても、すぐにショッピング枠の利用限度額に達してしまい、その時点で返済方法がなくなってしまう上に、カードの債務が膨れあがってしまうからです。
 
それをどうにかしてようと、今度はカードローンに申し込むということを行うと、多重債務になってしまい、借金返済は更に難しくなっていきます。というのは、現金化やカードローンで作ったお金を返済に充てると、表面的には返済出来た上に見えますが、実際は債務は増えているからです。
 
 

現金化で借金返済するのが絶対に無理な理由とは

ショッピング枠で買った商品を売ればお金ができて、それで返せすことが可能になると考えた時点で、通常の収入ではまったく返せないほど、毎月の支払い額が増えているわけで、更にショッピングも利用してしまったら、次回の支払い額は更に増えて、どうにもならなくなってしまいます。
 
また、表面的なショッピング利用の利率にごまかされますが、実際の利率はもっと高く、利息で債務が膨れあがってくというのも危険だという理由の一つです。
 
たとえば、ショッピングのリボ払いの利率が年利15パーセントだとします。これは、クレジットカードのキャッシングの利率よりも低いので、現金化で借金返済をしていけば、利率の差だけ確実に返していけると錯覚しがちです。
 
しかし、実際は購入した商品を売却するとき、買った値段よりも高く買い取ってもらえるということはまずありません。例外として、プレミアが確実な限定品などがありますが、商品券であったり、貴金属であっても、必ず買った値段よりも低い値段で引き取られることになります。
 
その差額を、リボ払いの利率に加えれば、実際の利率は年利数十パーセント~100%以上と、どんなカードローンの利率よりも高くなってしまうのです。

 

基本 クレジットカード コラム

おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?


スポンサーリンク

おまとめローンにもデメリットがある?

低金利のおまとめローンで複数ローンを一本化すると返済が楽になります。
 
キャッシングと比較して低金利なのがメリットですが、デメリットがないわけではありません。用途がおまとめに限定されるので、給料日まで1万円借りたいという状況で困るわけです。おまとめローンの用途は一本化だけなので、他の目的には利用できません。自動車ローンで生活費を借りられないのと同じことです。
 
また、返済方法が変わった場合は、逆に利息が増えることもあります。一部のおまとめローンは、リボ返済しか用意していないところがあります。金利自体は低くなるのですが、リボ返済により月々の返済額が少なくなるため、結果的に完済まで長期化して利息が増える可能性があります。
 
金利が下がれば利息も下がると考えるのが一般的でしょうが、返済方法により利息は変わります。返済は口座引き落とし一本しか用意していない場合は多く、追加返済をしたいときに困ります。
 
ローンを一本化する以上は、総支払い額を減らさないと意味がありません。審査の申し込みをする前に返済シミュレーションをして、具体的にどの程度利息が減るのか調べておきましょう。金利が下がっても、利息が増えるようではデメリットしかありません。
 
 

借入のための審査は意外と厳しい

おまとめローン借入のための審査は簡単だと思われている方が多いですが、実際はキャッシングよりも厳しいです。
 
キャッシングよりも低金利で融資するため、金融機関の利益は当然減ります。融資をしても回収できないと損をしてしまうため、属性が高くて返済能力のある方にしか融資しません
 
ローンをまとめたいと考える方は、高額の借入を希望しているものです。10年以上ローンを利用してきた方なら、200万円以上の借入残高があるケースも多いです。200万円を一括で融資するというのは、業者としても勇気のいることです。キャッシングで10万円を借りるのとは訳が違います。
 
現在の年収、勤続年数、他社の利用状況などをチェックし、返済能力があると判断した方にだけ融資が行われます。おまとめローンは総量規制の対象外である商品が多いですが、年収と関連性がないわけではありません。年収が多い方ほど高額融資を受けやすいのは確かです。
 
消費者金融、銀行、信用金庫などの金融機関を選ぶ場合も、低金利で融資してくれる金融機関ほど審査は厳しいと考えていいでしょう。年率15.0%の消費者金融よりも、年率12.0%の銀行のほうがハードルは高いわけです。
 
 

おまとめローンは追加融資が困難

おまとめローンのデメリットの一つが追加融資が困難なことです。
 
キャッシング時代はローン専用カードが発行され、利用枠内で何度でも借入・返済ができたでしょう。給料日まで1万円欲しいなんて状況で重宝したはずです。しかし、おまとめローンの場合は追加融資は原則として受けられません
 
初回融資の段階で、一本化貸金を1回で借りるのです。借入れたお金はそのまま各社に返済し、それぞれのローン契約を終わらせます。おまとめローンを利用した時点で、返済一本になるというデメリットが生じます。
 
好きなときに借りて、余裕があれば返済するという使い方はできないので、ローンを一本化する以上は新たに融資を受けることはせず、ひたすら返済に専念する覚悟を持たなくてはいけません。キャッシングで失敗する方には決まって同じ性質があります。
 
借りる金額よりも、返済する金額のほうが少ないので、少しずつ借金が増えていくのです。1ヶ月に5万円借りて、返済するのが3万円ならば、ローンは雪だるま式に増えていくでしょう。
 
ローンを一本化する方は、完済するまでは現金主義を通すことです。完済するまでの間に浪費グセを直し、収入の範囲内での生活を心がけましょう。

 

タグ :

基本 おまとめローン・借換