即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ


スポンサーリンク

バイトでお金が足りない

私はいわゆる就職氷河期のときに大学を卒業した口で、正社員の仕事を見つけることができませんでした。しかし自分の食べていくためのお金が必要で、やむなくバイトとして生計を立てることになりました。
 
バイトで仕事をしても、時給は1000円いくかどうか、平日5日フルタイムで仕事をしても、思ったようにお金を稼ぐことはできませんでした。それでも無駄な出費をせずに節約して生活していれば、何とか家計のやりくりはできます。しかし問題なのは、何か予期せぬ出費の発生したときです。
 
先日愛用していたバイクをガードレールにぶつけてしまって、修理に出すことになりました。修理代として3万円かかってしまいました。バイトの私にとって、3万円の出費を突如として強いられるのは、なかなかの負担です。
 
案の定、給料日前になると口座のお金も底を尽きかけて、生活費をねん出できない状態になりました。
>>二十歳のOLやアルバイト、学生がお金を借りるにはどこがいい?
 
 

バイトでも審査クリアできたバンクイック

私は普段三菱東京UFJ銀行の口座を利用していて、バンクイックと呼ばれるカードローンのあることは何となく理解していました。
 
しかしいざ自分が生活費で困るようになって、がぜん注目するようになりました。銀行カードローンというと、審査に時間のかかるイメージがありました。しかしバンクイックは、最短即日融資にも対応しているということで、ダメもとでチャレンジしてみました。
>>消費者金融スカイオフィスでバイク購入にかかる費用を借りました
 
バイトだから難しいだろうと覚悟を決めていたのですが、審査の結果融資可能ということでした。借入限度額は少なめなものの、当座の生活費をフォローするには十分な金額でした。
 
バンクイックですが、実際に利用してかなり利便性の高いカードローンであることがわかりました。三菱東京UFJ銀行以外にも、提携コンビニのATMを利用できます。この提携コンビニを利用した場合でもATMの利用手数料が無料になるので、手続きをする際に余計なコストの出費を心配する必要がないです。

 

タグ :

カードローン業者 三菱東京UFJ銀行 基本 自動車ローン

マイカーが必要!中古車購入のため即日審査の大正銀行カードローンでお金を借りた


スポンサーリンク

営業の足として必要な自動車

私は営業担当していて、自動車を使ってお得意様周りをするのがルーチンになっています。このため、自動車が使えなくなると非常に痛いわけです。
 
しばらく同じ自動車を使って仕事をしていたのですが、ある日エンジンのかからない事態が発生しました。すぐに知り合いのメカニックに来てもらって調べてもらったのですが、修理はできるけれども代金のことを考えると新しい自動車に買い替えた方が良いといわれてしまいました。
 
とにかく仕事で必要なので、できるだけ安い自動車を購入することにしました。
>>新車購入と残価設定型クレジットは、どっちがお得?残クレとは何?
 
もちろん新車を購入するとなると負担も大きくなるため、中古車にターゲットを絞りました。しかし中古車でできるだけ長く使える車種となると、どうしてもそれなりに中古でも高い値がついてしまいます。自分のその当時の手持ち資金だけでは、購入できないことがわかりました。そこで私が頼ったのは、大正銀行カードローンでした。
 
 

即日審査回答してくれる大正ポケットカードローン

私は早速大正銀行に、カードローンの申し込みをしました。
 
正直審査にかなり時間がかかると思っていたからです。しかし大正ポケットカードローンは、申し込んだその日のうちに審査結果を回答してくれました。ちょっとびっくりしてしまって、にわかにはそれが本当の審査結果なのか信じられなかったくらいです。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる
 
おかげさまで融資可能ということで、中古車を購入するのに十分なお金を確保できました。
 
 

話のきっかけに使えた

自動車を変えて得意先回りをしていると、相手から「自動車替えたんですか?」とよく聞かれます。私は営業の仕事をしながらお恥ずかしい話なのですが、口下手なところがありました。
 
特に話の取っ掛かりをつかむのが下手で、それがコンプレックスになっていました。
 
しかし自動車を買い替えたことで、それをきっかけにして話ができるようになって、今まで以上にスムーズにお得意様とコミュニケーションをとることができ、怪我の功名だったのかなと思っています。

 

体験談 基本 自動車ローン

マイカー購入でニコスカードのキャッシング枠で80万円を借りました


スポンサーリンク

中古車が故障した

私はそれまで、親戚の使っていた自動車を譲り受けて運転していました。
 
乗り潰すつもりで運転していたのですが、ある日突然自動車から異音がするようになって買い替えを迫られました。普段何気なく利用していたのですが、自動車が使えなくなると近所のスーパーで買い物するのも大変だし、生活に不便さを感じていました。
 
中古車屋で商品を見たのですが、いずれもかなりの高額で自分の現在の貯金では購入できなさそうでした。このまましばらく不便な状況が続くのかと思うと、ちょっと憂鬱な気分となりました。
 
そんな時スーパーで買い物しているときに何気なく財布を開けてみると、財布の中にニコスカードがありました。普段あまり高い買い物もしないですし、現金払いが基本だったのでカードの存在をすっかり忘れていました。
>>新車購入と残価設定型クレジットは、どっちがお得?残クレとは何?
 
私のニコスカードはキャッシング枠の利用ができたはずでした。調べてみると、80万円までなら借り入れが可能ということがわかり、このキャッシングを活用すれば自動車を購入できるかもしれないと思いました。
>>クレジットカードはカードローンに比べると未成年でも70歳以上でも使える?
 
 

マイカー購入することができた

ニコスのキャッシングと私の貯蓄を合わせれば、100万円を超える予算に対応できました。そのことが分かった私は、その足で中古車販売店に向かい、中古車を購入しました。
 
前の自動車は正直かなり古く、今にして思えばいつトラブルが起きてもおかしくないようなクルマでした。しかし今回購入した自動車は、比較的新しい中古車でした。
 
おかげさまで、自動車をまた日常生活の中で使いこなせるようになりました。自分の感覚から言うと、昔の自動車よりもステアリングの取り回しが軽く運転し易くなった印象があります。快適にドライブできて、充実した日々を送っています。
 
ニコスカードのキャッシングも現在返済の最中ですが、今のところ無理なく返済できています。まだ完済するには時間がかかりますが、無理のない範囲でコツコツ返済していこうと考えています。
 
(体験談)

 

体験談 基本 自動車ローン

消費者金融スカイオフィスでバイク購入にかかる費用を借りました


スポンサーリンク

乗っていたバイクが大破

自動車よりもバイクが大好きで、通勤にもバイクを使っています。そのバイクを数週間前に事故で大破してしまい、修理をするなら別のバイク購入を検討したほうが良いとアドバイスされてしまいました。
 
バイク購入するには頭金などが必要ですが、お恥ずかしい話ですが貯金がほとんどなく、頭金の40万円をどう工面すれば良いのかかなり悩みました。
 
通勤にも使っておりましたので、バイク購入まではレンタカーでしのいでいましたが、早く決断しなければレンタカー代もバカになりません。友人や親に頼るのは自分のポリシーに反していたので、金融機関から借りようと思いました。
 
 

審査が早いスカイオフィス

借入の審査に何日も待つのが嫌だったので、できるだけ早く借りられる所を探したのですが、どこも似たような感じで正直、とても悩みました。
 
ちょうど友人が数週間前に金融機関から借入れをしたという話をしていたことを思い出し、どこの業者を使ったかを聞いたところ、スカイオフィスと教えてもらいました。
 
ネットで見てみると、WEB申し込みができるし、銀行口座に借入額を降りこんでくれるので、とても便利そうだと思いましたね。すぐに申し込みをしたところ、30分ぐらいで電話がかかって来て、審査に通過したと良い返事を頂けました。40万円の借り入れで金利は18.5%でした。
 
数日後に契約書が郵送で届きましたが、必要な書類などは全てWEBで提出していましたし、銀行振り込みの口座から自動引き落としで返済することにしたので、契約書には署名捺印をして返送するだけで済みました。
 
スカイオフィスへの返済は毎月2万円程度の金額で、バイク購入のローン支払いなども合わせると毎月4万円ぐらいの返済を続けています。前回に購入したバイクと比べると、ボーナス時のローン支払いを多くしたおかげで、毎月4万円で新しいバイクを購入することができました。
 
返済は無理なく続けているので、これからも完済目指して頑張ります。
 
(体験談)

 

体験談 基本 自動車ローン

マイカーローンの支払を減額するコツは、ボーナス等で追加返済をして利息を軽減する


スポンサーリンク

自動車ローンは早く返済するほどお得

自動車ローンはキャッシングと同じく、日数単位で利息が発生しています。
 
早く返すほど利息を節約できるので、契約時に極力短期で完済するプランを立てたいものです。完済まで2年と3年では、利息に1.5倍も差が生じてくるのです。借入期間を長くして月の負担を軽減したほうが楽ですが、利息を節約するなら借入期間は短いほどいいです。
 
ただし、借入期間を短く設定することにはリスクも伴います。月の負担額が増えてしまうので、生活を圧迫する可能性があるのです。月に3万円ずつ返すよりも、5万円ずつ返したほうが完済まで早くなりますが、お金の工面が大変になるでしょう。
 
そこで、月の負担額をなるべく少なくした上で、お金に余裕があるときまとめて返して元金を減らす方法を併用しましょう。
 
ボーナス払いに関しては、無理に設定しないほうがいいです。組み込んだほうが借入期間を短くして利息を節約できますが、ボーナスは確実に出るとは限りません。会社の利益に応じて支給されるので、赤字運営だと支給されないケースもあるわけです。
 
ボーナス払いを組み込む場合は、ある程度貯金に余裕を持たせておく必要があります。いずれにしても、貯金残高がない状態でローンを組むのは避けましょう。
 
 

まとめて返して利息を減らすコツとは

自動車ローンをまとめて返済するコツは、繰り上げ返済を利用することです。
 
基本は月に1回ずつ返していきますが、それ以外にも貯金やボーナスを活用して追加で一部・全額を返していくのです。予定よりもローン完済を早めることができ、利息を減らすことが可能となります。ボーナス払いと似ていますが、任意で返せる点に違いがあります。
 
お金に余裕があるとき、無理をしない範囲で返せばいいのです。義務ではないので、金銭的に余裕がなければ月1回ずつ返していけばいいです。自動車ローンの借入額は、キャッシングやカードローンよりも高額になるはずです。
 
新車を購入するとなると、200万円以上の借入は当たり前です。
 
将来的な利息を抑えるためには、借りる金額を抑える工夫も必要です。収入に見合ったクルマを選ぶこと、頭金を多めに用意して借入を圧縮することなどが大切となります。頭金の用意は必須ではありませんが、用意することで審査に通過しやすくなります。
 
ローンは借入額が少ないほど、審査で有利になるからです。頭金の目安は車両価格の2~3割程度であり、200万円のクルマならば40万円~60万円程度となります。60万円の頭金を用意した場合は、借入額は140万円ですむわけです。
 
 

貯金とボーナスで追加返済をしよう

自動車ローンをまとめて返済するには、貯金とボーナスが鍵となります。ボーナスが出たら、臨時収入として一部を返済に充てるといいでしょう。
 
また、自動車ローンを返しながら貯金をコツコツと積み立てていき、ある程度貯まったら一部を返済に充てるのもいいです。貯金が少ない場合は、無理に追加で返す必要はありません。貯金をゼロにして早期完済を目指すべきだという方もいますが、貯金がない状態は好ましくありません。
 
困ったときに安易にローンに頼るという考えは避けましょう。自動車ローンも含めて、ローンは必ずしもお金に余裕がない方が利用するものではありません。ある程度貯金がある方でも、貯金額を維持するためにローンを利用するケースは多いです。
 
貯金は年収の半分程度確保しておくのが好ましいので、リスク管理としてローンを活用するわけです。将来の利息を抑えるには、より低金利の自動車ローンに乗り換える方法もあります。
 
毎月コツコツと返していくと残高が減っていくので、ローンの審査に通過しやすくなります。残額が100万円程度になれば、他社ローンの審査にも通過しやすくなるため、より低金利の銀行ローンに乗り換えるのもおすすめです。
>>おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?

 

基本 自動車ローン

新車購入と残価設定型クレジットは、どっちがお得?残クレとは何?


スポンサーリンク

残価設定型の自動車ローンは近年登場した新しいローンのプラン

近年、自動車のテレビCMや新聞広告などで「残クレ」と呼ばれる言葉をしばしば目にします。この残クレとは「残価設定型クレジット」の略で、自動車ローン会社が近年特に力を入れて展開しているローンのプランです。
 
残価設定型の自動車ローンは、一定の回数で分割して代金を支払う仕組みとなっている点は通常の自動車ローンと一緒です。
 
しかし、通常のローンは車の購入価格全額を契約時に設定した回数で分割して支払うのに対し、残価設定型では購入価格から契約時に設定した残価を差し引いた金額を設定した回数で分割払いします。ここでいう残価とは、ローンの支払いが始まってから3~5年程度経過した時点における購入車の想定下取り価格を指しています。
 

 
残価設定型の自動車ローンを組んだ場合は、支払期間が満了する際に残価の清算方法を決めなければなりません。
 
選択できる清算方法は3つあります。
 
1つ目は新車への買い換えで、車の下取り価格がそのまま残価の支払いにあてられます。2つ目は車の返却で、売却価格で残価が全てなくなります。3つ目は車の買い取りで、残価分を一括で支払うか、新たにローン契約を結んで残価を分割払いするかのどちらかを選択することができます。
 
 

残価設定型自動車ローンを利用する場合の主なメリット

残価を設定するタイプの自動車ローンの仕組みにどのようなメリットがあるのかというと、まず挙げられるのは、毎回の支払金額を安く抑えることができることです。
 
残価を設定すると、その分だけローンの支払総額が抑えられるため、同じ分割回数であれば、通常のローンより1回あたりに支払う金額が少なくなります。
 
契約した時点で将来の車の買取額が保証されるのも大きなメリットです。車の購入から3~5年が経過した時点における車の下取り価格が、残価を設定した時点で想定した下取り価格より安くなっていたとしても、車を買い換える場合は残価相当額で買い取られ、再クレジットを組む場合は残価がそのまま元金になります。
 
このタイプのローンは、販売店で購入手続きを行う際に申し込む仕組みがとられています。そのため、他のローンと比較すると面倒な点が少ないです。もし、申し込み手続きで分からない点が出ても、販売店の担当者が説明してくれるので、安心して手続きをすすめることができます。
 
また、カーローン会社によっては、ローンの支払い期間中の定期点検費用や車検費用、パーツの修理費用などのサービスが追加されているプランを選択できるようになっていることがあるので、ローンを組む際にはサービス内容は必ず確認しておきましょう。
 
 

残価設定型自動車ローンにはどんなデメリットがあるのか

自動車ユーザーにとってはメリットが大きい残価設定可能なタイプの自動車ローンですが、その一方でデメリットもあります。
 
まず、このタイプの自動車ローンは、金融機関のカーローンなどと比較すると、最終的に支払うことになる金額が高くなる可能性があります。ローン終了後に車の買い取りを選択した場合は、残価だけでなくその利息分も支払わなければなりません。また、再クレジットを組んだ場合は、その支払い時に新たに適用された金利に基づいて利息を支払う必要があります。
 
車の使用に制約が多い点もデメリットといえます。車の買取保証がついているプランでは、設定された条件を守って使用しなければ買い取られない仕組みになっています。
 
例えば、事故に遭遇して修理してもらった場合や、レースで使用した場合、違法改造をした場合、走行距離が契約時に設定した距離を上回っていた場合は、保証の適用から外れてしまうので注意が必要です。
 
カスタマイズについても一定の範囲内では可能ですが、車を返す場合は必ず純正品が装着された状態に戻しておかなければなりません。ローンを組んで購入した車は、購入者に使用権はあるものの、所有権はローン会社側にあるので、車の使用はローン会社側の要望通りに行う必要があります。

 

基本 自動車ローン