即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

滞納して延滞税のかかった税金をキャッシングで借りて払うのは得か


スポンサーリンク

税金の延滞は消費者金融の延滞よりも危険

税金というのは基本的に市町村に支払うものなので、多少、支払いが遅れても消費者金融に返済を行わなかった場合と比べれば、そんなにまずいことにはならないというイメージがあります。
 
実際、納付期限に税金を支払わず、しばらくの間、滞納したとしても自宅や勤務先、携帯に督促の電話がかかってくることはありません。
 
しかし、取り立ての点では、実は貸金業者よりも強硬です。というのは、貸金業者の債務と違って、債権者がまず裁判を起こして、債務名義を取った後に差し押さえという段取りがなく、いきなり差し押さえが可能だからです。
 
また、貸金業者は必ずしも差し押さえに対して積極的なわけではないですが、税金の場合、支払うべき人からは必ず回収するというのが原則なので、滞納をずっと続けている人がいたら、ほぼ必ず差し押さえをしてきます。
 
なので、支払えるのであれば、必ず支払った方がいいです。督促があまり来ないといっても、いずれ、自宅訪問してきますし、たとえば、その段階で一括での納付が無理なら分納の相談をするというのも一つの方法です。分納というのは、分割払いによる返済のことで、そう言われて拒否するということはありません。
 
 

期限まで納付しないと延滞税を取られてしまう

では、キャッシングをして、そのお金で税金を納付するというのもありなのでしょうか。
 
損か得かという意味では、以前であれば、延滞税と呼ばれる、滞納した税金にかかる利率が高く、キャッシングして支払った方が得という場合も少なくありませんでした。以前の延滞税の利率ですが納付期限を二ヶ月過ぎてしまうと、14.6パーセントでした。つまり、年利14.6パーセント未満のカードローンからキャッシングして納付した方が、トータルで支払うお金を抑えることが出来たのです。
 
しかし、現在は延滞税の利率が9.2パーセントに下がっています。なぜここまで下がったのかというと、世の中の金利が全体的に低いのに、延滞税の利率がこんなに高いのはおかしいという批判が出たからです。
 
昔からカードローンを利用していて、利用を繰り返しているうちに利率が下がったという場合を除き、利率9.2パーセントで契約できるフリーローンというのはまずないので、現在は、滞納した税金はキャッシングをして支払った方が得だとは必ずしも言えなくなっています。
 
ただ、例外はあります。それは、無利息のカードローンキャッシングを利用して、納付するという方法です。
>>ブラックで年収200万円の人がお金を借りるには零細の街金を頼るしかありません
 
 

無利息のキャッシングを利用して納付すれば得になる

無利息キャッシングであれば、利率は0パーセントということになるので、延滞税を支払うよりも支払いは少なくて済みます。
 
ただ、消費者金融の無利息キャッシングにはいくつかの条件があります。たとえば、契約後の初回借入のみであったり、あるいは毎月の最初の借入だけ、そして、二週間や30日間などの期間限定といったものです。

無利息期間のあるキャッシング

・アコム
・新生銀行カードローン レイク
・プロミス
・ノーローン
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング
 
もし、毎月初回の借入は、借入日から二週間以内であれば無利息というカードローンを利用して納付するのであれば、二週間以内に、そのカードローンに借り入れた分を全額返済しないと利息がかかってしまうので必ず得をすることにはなりません。
 
では、具体的にどうすればいいのかというと、二週間後に収入が入るということが確実といった状況で、借入をします。そして、それをそのまま納付します。この時点で、延滞税はなくなります。
 
そして、収入が入ったらカードローンの借入を全額返済します。そうすれば、利息なしでカードローンも完済できます。この方法であれば、延滞税がかかっている状況でカードローンを利用しても、最小限の延滞税のみの支払いで済みます。
 
既に延滞してからだいぶ時間が経っていて、催告書なども届いているという場合は、いつ納付する予定かということをなるべく早く連絡しておきましょう。

 

基本 税金 基本 返済