即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

仮審査こそが最大の難関~仮審査に可決しなければキャッシングでお金を借りるのは無理


スポンサーリンク

仮審査に通れば融資の可能性は高い

多くの場合、申し込みをしたら仮審査の結果が届き、それに通過した場合本審査に移ります。この仮審査を通過すると多くの場合、融資を受けることができます。仮と付くだけあって第一関門のように思えますが、実は最大の関門でもあるのです。
 
行っていることは貸金業者独自のコンピューター(スコアリング)によって、申し込み者の属性を判断し、チェックします。
 
ここでその業者の評価として融資ができると判断された場合、仮審査に通り、本審査を迎えることになります。よって仮審査を通過すると、お金を借りることができる可能性がかなり高まるといっても過言ではありません。本審査を通過して無事キャッシングができます。
 
 

ただし例外もあって落ちることもある

本審査を通過しなければ当然キャッシングをすることはできません。この本審査は人間の目でチェックします。コンピューターがミスをすることは少ないですが、やはり人の目でチェックを行って通過させます。その時に行うのが、個人信用情報機関です。
 
この個人情報機関というのは、多くの貸金業者が申し込み者の属性を調べるために照会する機関です。様々な金融に関する情報がここに収められており、業者のここから情報を入手します。
 
他社からの借入れ、延滞した履歴、そして債務整理を行ったことも記録されていますので、業者にとっては最後の砦のような場所です。
 
 

信用情報機関について

この個人信用情報機関こそが業者にとっても、そして申し込み者にとっても重要な関門になります。先程も述べたように、金融の情報がここに収められています。
 
よく他社からの借入れに対して、正直に記入するようにと言われますが、虚偽の記入をしても結局はこの個人情報機関に照会すれば簡単にわかります。
>>キャッシングでお金を借りる時の審査~絶対に他社借入件数や借入総額等の嘘はダメ
 
虚偽の申し込みをすれば、それだけで信用は崩壊するでしょう。もちろん業者もそのようなことを評価します。だからこそ虚偽の申請をしてはいけません。
 
もし心当たりがなく落ちてばっかりという時は、この個人情報機関に情報を取り寄せることも可能です。自身の信用状況を知ることができます。

 

基本 審査

未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?


スポンサーリンク

結婚しているとなぜキャッシングの審査で有利になるのか?

既婚者は未婚者と比べて、自由になるお金が少ないものです。収入は家族のために使う必要があるので、自分の消費だけには使えません。それゆえ、審査では不利になりそうに思えるでしょうが、実際はまったくの逆なのです。
 
貸金業者は未婚者よりも、既婚者を高く評価しています。家族を養えるだけの安定収入があることも大きな理由でしょう。
 
キャッシングの利用者の年齢層を見ても30代~40代が多くなっており、生活費の不足を補うために借りていることがうかがえます。専業主婦がお金を借りられる理由も、配偶者が安定収入を得ているからです。結婚をしている方は、お金を借りる上で有利なのです。
 
 

未婚だとキャッシングの利用は難しい?

既婚者と比べると、未婚者のほうが審査で不利になるのは確かです。
 
しかし、キャッシングの多くは20歳以上で安定収入があることが借りるための原則です。この条件を満たしていれば、借りる条件はクリアしています。実際に学生ローンも存在し、未婚の学生に融資しているでしょう。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
大切なのはスコアリングの総合点数であり、他の条件が好ましければ融資を受けることができます。安定性のある職業に就いており、年収が高くて勤続年数が長ければ高評価されます。
 
収入が少なくても希望額を抑えれば借りられる可能性は高いですし、過去にローン利用経験があって延滞していない方も高評価されます。
 
 

審査基準が緩いとされる業者を狙う

お金を借りることは、本来簡単なことではありません。
 
金融機関としては無担保で融資するわけですから、少なからず回収不能になるリスクはあります。貸付する金額に対して、最後まで返済できる能力を有する方を選ぶのです。数回返済をしてその後は入金がない状態では、金融機関は倒産してしまうでしょう。
 
金融機関の中で審査に通過しやすいとされるのは消費者金融です。
>>中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?
 
ただし、あくまでその傾向があるという話であり、消費者金融で落とされて銀行で借りられるという話は普通にあります。借りやすい業者に申し込むよりも、借りる金額を抑える対策のほうが効果的です。

 

基本 審査

年収200万円と低収入であってもキャッシングでの借入は可能?少額融資ならOK


スポンサーリンク

カードローンは年収200万円以下でも借りられる

年収が少ないと審査で不利になると思うでしょうが、実は年収はそれほど関係ないのです。大切なのは希望額に対する収入であり、借りたお金を返済できるかです。
 
年収200万円以下でも問題はなく、ほとんどのカードローンが対応しています。
 
ハイスペックローンだと年収500万円以上などと条件指定がありますが、ほとんどのカードローンはパートやアルバイトの方に対応しているので、年収150万円未満でも借りられるのです。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
総量規制の対象となるローンは、年収の3分の1の範囲内で借りることができますが、希望額を大きくするほど審査が厳格になることは覚えておきましょう。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制である
 
 

低収入と無職ではまったく違う

カードローンは年収が少なくても借りられますが、無職では融資対象にはなりません。低収入と無職ではまったく意味が違うのです。前者は返済能力を有していますが、後者はゼロなのです。
>>無職にお金を貸してくれるのは闇金(例外は専業主婦と学生だけ)
 
年収に関しては少し多めに申告しても、うまくいけばバレません。収入証明が不要な限度額ならば、バレる確率は低いでしょう。
 
しかし、無職で無収入の場合に関してはごまかすことができません。会社に在籍確認の連絡が行くので、働いていなければバレてしまいます。
>>意外と簡単に在籍確認なしでキャッシングをする方法とは?
 
年収200万円以下でお金を借りることは十分に可能ですが、年収0円で融資してくれる業者は通常ありません。
 
 

希望額を減らして対策をしよう

年収200万円の方が借りられる上限は60万円くらいです。70万円になると年収の3分の1を超えてしまうので、法的に借入できないのです。では60万円なら確実に借りられるかというと、そうでもありません。
 
最終的に返済能力を見極めるのは業者なので、業者がダメだと判断すれば30万円でも借りられないのです。初回契約の段階では、業者側は利用者の返済傾向を確認したいと考えています。
 
きちんと返済してくれる方なのか見極めるためにも、融資額は低く抑えてくる傾向があります。おすすめの希望額は1万円~10万円であり、この範囲ならほとんどの方が借入できるでしょう。

 

基本 審査

キャッシングでお金を借りる時の審査~絶対に他社借入件数や借入総額等の嘘はダメ


スポンサーリンク

借金をする時にはどんな項目が見られる?

消費者金融の審査では、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況などが重要ポイントとなります。この中で最も重要になるポイントはどこでしょうか?
 
ここで、前提条件として嘘をついていないということが重要になります。特に多いのが、他社からの借入金額や借入件数を嘘をついて少なめに申告する人です。実は、他社との契約内容については個人信用情報にすべて記載されているので、何社からいくらの借入があって、限度額がいくらなのかなどといった情報は金融機関にはすべて筒抜けとなっています。
 
嘘の申告をする人は信用のできない人物であるとされて、年収などに問題がなくても融資を断られる可能性があります。
 
また、年収については収入証明書を提出しなければ金融機関は把握できませんが、増額審査に申し込む時や、追加融資を受ける時などに、後から収入証明書を提出してくださいと言われる場合があり、そこでバレる可能性もあります。
>>収入証明不要、勤続年数不問でキャッシングできる西日本シティ銀行のカードローン
 
申し込み書類に嘘の情報を記載してお金を借りることはなにかとトラブルにつながりやすいので、必ず正しい情報を記載するようにしましょう。悪質な場合では、詐欺罪などの刑事罰に問われる可能性もあります。
 
 

最も重要になる項目はどれ?

それでは個別に見ていきます。まず、年収ですが、これは返済能力と関係しています。収入がない人にお金を貸しても返ってきませんから、働いていて一定の収入があることは最低条件になります。
 
消費者金融では総量規制がかかり、年収の3分の1を超える貸付は法律的に禁止されているという理由もあります。しかし、高い限度額を借りようと思えば年収は最も重要になるかもしれませんが、ただ審査に通るだけなら年収はそれほど重要ではありません。年収100万円程度でも限度額10万円なら借りられることもあります。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる
 
次に、勤務形態ですが、正社員が最も有利で、アルバイトや自営業が不利であることは有名です。しかしこれについても、高い限度額を借りるのでなければ、アルバイトや自営業でも借りられるので、最も重要であるとは言えません。
>>二十歳のOLやアルバイト、学生がお金を借りるにはどこがいい?
 
勤続年数については、あまりに短い人は頻繁に転職をしており、1つの仕事を長く続けられない人なのかもしれないと思われてしまい、不利になります。
 
しかし、最近ではキャリアアップのための転職があたりまえになっていることもあり、最低でも2か月分の給与明細が用意できるだけ働いていれば少額の融資を受けられることもあります。
 
 

消費者金融が一番厳しい目で見るのは?

貸す側の立場になって考えると、一番厳しい目で見られるのがなにかは見えてきます。貸す側が最も警戒しているのは、お金を踏み倒されることです。
 
具体的には、自己破産や夜逃げがあります。夜逃げに関しては、デメリットがあまりに大きいので、する人はほとんどいませんが、自己破産についてはピーク時には年間20万件を超えていました。自己破産をされると合法的に借金を踏み倒されてしまうので、お金を貸す側は最も警戒しています。他社からの借入金額が多い人、借入件数が4件を超えている多重債務者は特に警戒されます
 
また、破産をするまでには至らなくても、借金をきちんと返済しない人は、請求や取立てで余計なコストがかかってしまうので、そういう人にはお金を貸したくないでしょう。
 
過去に延滞をしている人は、延滞グセがある人である可能性が高く、今後も延滞をするものと見て融資には慎重になります。
 
銀行ではたった一回延滞の記録があるだけでも審査に落とされることがあるくらいです。消費者金融では一回や二回なら大目に見てもらえるようですが、何度も繰り返していたり、ブラックリストに載っている人は審査で落とされる可能性が高いです。
>>消費者金融セントラルでお金を借りる~中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?

 

基本 審査

キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる


スポンサーリンク

キャッシング審査の基本

消費者金融や銀行などの審査に落ちてしまったことがある方は、日本中に数多くいるはずです。自分がどうして審査を通過することが出来なかったのかを知る術はありません。しかし、自分の過去や現在の状況を探ることで原因がある程度分かる可能性があります。
 
まず確認しておきたいのが、「総量規制」です。総量規制とは、「年収の3分の1までしか借り入れをすることが出来ない」という法律によって定められている物です。
 
そのため、1つの金融機関からの借り入れだけではなく、全ての金融機関からの金額が3分の1以上になってしまうと、それ以上の借り入れが出来なくなってしまいます。しかし、銀行だと総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1以上の借り入れが出来ます。だからといって、他からの借り入れが多いと融資を受けられる可能性は低くなります。
 
総量規制が問題で審査を通過できないという方もいるので、一度自分の借金状況を確認してみることも大切です。
 
もう一つは、過去の返済履歴に「事故情報」がないかどうかです。
 
過去に借金をしていた方で、返済の遅延などの金融事故を起こした方もお金を借りることが厳しくなってしまいます。心当たりがあり現在も借入を行っている方は、返済日を守り、しっかりと返済しているという事実を積み上げていく必要があります。
 
このように、総量規制と事故情報はある程度自分で把握することが出来るので、改善をすることで審査を通過できる可能性を高めることが出来ます。

 

タグ :

コラム 基本 審査

カードローンの審査に落ちる人は住宅ローンの審査にも落ちるのか


スポンサーリンク

原因を究明しないと同じ結果になることはありえます

カードローン審査は、申込者の返済能力や人間的な信用度を見るものです。
 
簡単に言うと、「この人ならお金を貸してもきちんと返済してくれる」と金融機関が判断すれば、審査に通ります。あなたがなぜカードローン審査に落ちたのかはわかりませんが、信頼するに足りる理由がなかった以上、そのままでは住宅ローン審査にも落ちるという可能性は十分にあります。
 
住宅ローンは、数あるローンの中でも大口ローンに位置づけられるもので、高額な資金をおよそ30年もの長い期間借入するものですから、当然審査は厳しくなります。とはいっても、カードローン審査と住宅ローンでは見るポイントが微妙に異なっていますので、一概には言えません。
 
住宅ローンでは、カードローン審査では見ないポイント、例えば、住宅の担保評価額や健康状態、税金の滞納などのポイントも重要となります。
 
大切なことは、カードローン審査に落ちたら、なぜ自分が審査に落ちたのかという原因をつきとめて、そこを改善することです。カードローン審査に落ちたときとなにも変わっていない状態で住宅ローンに申し込みをすれば、同じ原因で落ちるかもしれませんし、仮に通ったとしても、金利や借り入れできる限度額に影響する可能性もあります。
 
 

カードローン審査に落ちた心当たりはありませんか?

カードローン審査では、健康状態や税金の滞納、担保の評価額などは見られませんが、それ以外のポイントでは住宅ローン審査と共通する部分も多いです。年収、勤務形態、勤続年数、何社からいくらの借金があるか、個人信用情報などのポイントは共通して重視されます。
 
これらのポイントで心当たりはないでしょうか。例えば、転職したばかりで勤続年数が足りなかったことが理由で落ちたのであれば、それから年月が経過していて、現在は十分な勤続年数があるのなら心配はいらないでしょう。
 
現在ではキャリアアップのための転職はあたりまえになっているので、転職して収入がアップしたとか職業に連続性があるのなら前職の勤続年数も考慮される場合があります。
 
他社からの借入がたくさんあったのなら、それらの借金を完済することを優先させたほうがいいかもしれません。他に自動車ローンなどの借金があっても、毎月の借金の返済額に対して十分な収入があるのなら問題ない場合もありますが、やはり借金は少なければ少ないほど有利になります。
 
関連記事:
おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?
 
特に消費者金融からの借金などは銀行からのイメージも悪いこともありますので、優先的に完済させて、解約してしまうことがお勧めです。
 
 

住宅ローン審査に落ちる理由として多いのは?

カードローン審査に落ちた理由として、最も注意すべきなのが個人信用情報でしょう。
 
個人信用情報についた傷は、一定の期間が経過するまではどうあっても消えませんので、一度傷がついてしまったら努力ではどうにもなりません。過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがないという人も、念のためにCIC、JICCなどの個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるといいでしょう。
 
携帯電話の延滞など、意外な理由で信用情報に傷がついている可能性もあります。
 
携帯電話の延滞は、基本的には信用情報に傷はつきませんが、電話料金の中に携帯本体の分割払いローンが含まれている場合には延滞すると信用情報に延滞記録が残ってしまいます。信用情報に傷がついている場合には、延滞の場合には完済してからおよそ5年経つまでは消えません。
 
例外的に、毎月の支払い状況は24か月分しか保存されていないので、クレジットカードの支払いなどで一度延滞をしてしまっても、その後24ヶ月間健全な支払いを続ければ延滞の記録は押し出して消すことができます。
 
ただしこの方法は24ヵ月払いのローンなどでは使えません。携帯本体の分割払いローンは24ヵ月払いであることが多いので、1回でも延滞したら最大7年は不利な情報が残ります

 

基本 住宅ローン 基本 審査

意外と簡単に在籍確認なしでキャッシングをする方法とは


スポンサーリンク

カードローンの審査とは

いろいろな事情によって、お金が必要になることもあるでしょう。金欠の状態になって、知りあいや身内などに借りるという方法もあるのですが、利害関係があると難しい面もあります。それなら外部の金融会社に借りるようにしたほうがいいでしょう。
 
外部の金融会社に借りるということになると、どこに申し込みをしても審査をすることになります。
>>カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人
 
カードローンの扱いのある金融会社としては、銀行やクレジット会社、消費者金融などがありますが、難易度なども異なるので、よく検討するようにしましょう。
 
カードローンの申し込みの段階での審査というのは、氏名や年齢、住所などのほかにも、職業や年収、住宅の形態、他からの借入れなどの申告内容に金融会社同士が持っている信用情報を併せて照合して判断していくことになります。ですから、虚偽の申告があったりするとばれてしまいますし、それによって審査に時間がかかってしまうこともあるので、避けることをオススメします。
 
審査というのは、その人が返済可能である人物であるのかということが問題になるのであって、その能力を金融会社ごとの基準で確認していくものなのです。ですから、その人の情報による部分が大きいのです。
 
 

気になる在籍確認とは

カードローンの審査で、職業や年収というのは、大事なポイントになります。貸す側の金融会社というのは、それを確認して、返済できる人物であるのかを判断していくので、当然申告内容に虚偽がないのかをいろいろな形で調べていきます。
 
特に、仕事に関しては、ほとんどの場合で在籍確認をしていきます。これは、職場に電話をかけたりして、その人が申告している職場が存在するのか、そして申込者が在籍しているのかということを確認するのです。
 
借りる側である申込者からすると、自分の職場に金融会社から電話があったりすると、お金を借りようとしていることがわかってしまうのではないかと心配になることでしょう。
 
しかし、大手の金融会社などではその会社名を伏せて電話をしてくることが多いので、ある意味安心です。たいていは、本人の配慮をして個人名でかけるようにしているようです。
 
とはいえ、在籍確認をされるのはあまり良い気はしないでしょうし、できれば避けたいと思う人もいることでしょう。在籍確認なしという形は難しいのですが、それに代わる方法やわかりにくい方法もあるので、そういったことを知った上で対応していくことをオススメします。
 
 

在籍確認なしにするには

カードローンの申込では審査を受ける必要があるのですが、その過程で在籍確認をされることが多いものです。それを在籍確認なしにする方法はあるのでしょうか。
 
これはなかなか難しい問題であり、貸す側としては申込者が実態のある職場にいて収入を得ているのかということを確認したうえで、融資をしたいのです。在籍確認なしに代わるような方法を知っておくことをオススメします。
 
それは、金融会社によっては在籍確認なしということを謳っているところもありますが、それは限りなくやばい会社である可能性が高いと思っていたほうがいいでしょう。あとで大変な思いをしないようにするためにも、ある程度の信頼度の金融会社にしたほうがいいのです。
 
大手などの会社のキャッシングでは、在籍確認の時に配慮をしてもらいたいと申し出れば、家族名などで確認をする方法をとってくれることもあります。また、中には収入証明書などの証明書類の提出を在籍確認に代えてくれることもあるので、問い合わせをしてみることをオススメします。
 
このように、カードローンを利用する際には、申し込み時に審査があり、その際に在籍確認などもあるのです。ですから、カードローンに関する知識を持って対応するようにしましょう。

 

タグ :

基本 審査

カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人


スポンサーリンク

審査落ちたら他社もダメということは無い

カードローンを利用するにあたって審査は避けては通れないものですが、審査は残念ながら全ての人が通過できるわけではありません。
 
そもそもどのような場合でも通過するという保証があるのであれば審査を行う必要はないでしょう。審査に通過した人がいるという背景には必ず審査落ちたという人がいるのです。ここで必ず覚えておきたいのが、審査の基準は業者によってかなり差があるということです。
 
そのため特定のカードローンの審査落ちたというような人であっても、他社で申込をすれば通過できる可能性は十分にあります。
 
とはいえ同時に覚えておきたいのが、カードローンに一度落ちたことがあるというのであれば、その人は常に審査に落ちる可能性がある人だということです。
 
審査基準は業者によってかなりの差があるとは言え、どこかで落ちたことがある以上、他社を受けても落ちる可能性があります。そのため「他社なら通るだろう」として楽観視するのではなく、一度落ちついて自分がなぜ審査落ちたのか、そして次の審査を通過するにはどういったところを改善していけばよいのかということを分析しなくてはなりません。
 
審査の評価ポイントの中には簡単に改善できる部分もありますから、そうしたところを見つけて改善していきましょう。
 
 

審査落ちたという時のチェックポイント

実際に審査に落ちる原因になる情報にはどういったものがあるのかと言うと、まず確認するべきは個人信用情報です。
 
個人信用情報にはそれぞれの消費者がこれまでどのようにお金を借りてきたのかということが記載されていますし、その情報は信用情報機関に加盟している金融機関であれば確認することができます。
 
そして信用情報機関に加盟せずに融資をしているというような金融機関はほぼあり得ないと言って良いため、基本的には間違いなく個人信用情報が確認されるのです。
 
そしてその中に金融事故の履歴、例えば返済の滞納債務整理などの情報が記載されてしまっているのであれば、その人は残念ながらどこを受けてもダメと言われてしまう可能性があります。そうしたことに心当たりがあるのであれば、まずは個人信用情報の開示請求をかけ、該当する情報がいつになれば消えるのかを問い合わせると良いでしょう。
 
また別の確認ポイントとして、現在他社から借り入れているお金にはどういったものがあるかもチェックが必要です。現在借り入れている金額が大きいのであればやはり、どの金融機関でも融資はダメと言われてしまう可能性があります。そのため債務を一本化したり、返済できそうなものは返済するというようにするべきです。
 
 

融資をしてもらいやすいカードローン

こういった点をチェックしていき改善できそうな部分が見つかって改善した、チェックした結果何も問題が無かったというようであれば、次に考えるべきは融資してもらいやすいカードローンについてです。
 
実際のところ審査の基準は非公開となっているものですから「ここなら大丈夫」というようなことは言えないのですが、傾向としてみると経営母体が銀行の銀行系カードローンは審査基準が厳しめに設定されていることが多いものです。
 
過去にこうした銀行系カードローンに申込をして断られたことがあるのであれば、次は消費者金融系の業者を検討してみることが有効です。
 
また過去に消費者金融系業者に申込をしてダメだったというような場合には、融資限度額を引き下げて申込をしてみるなどで対策ができることもあります。融資限度額はそれぞれの人が借入できるお金の上限であり、それが低いということは返済可能性を高めることに繋がります。
 
本当に信用情報に問題が無ければ借り入れを希望する金額を低くして信用を訴えることができるのです。
 
ただ絶対に避けたいのが、申告する内容を偽ることです。勤め先を良いものにしたり収入を多く見せかけるということになると最悪詐欺罪となってしまいますから、そうしたことはしないようにしましょう。

 

基本 審査