即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

資格があれば女性(主婦)でも人並み以上のお金を稼げる~介護士や保育士等


スポンサーリンク

主婦でもとることのできる資格

主婦として働いている人が何らかの資格を取りたいというニーズは増えています。学校に通ったり、あるいは独学で勉強を始めたりする人が多くいるのです。
 
子育てをしている間はそれだけでいっぱいいっぱいになってしまいますが、子育てが一段落すると稼ぎに行きたいという人も多いのではないでしょうか。
 
何らかの資格があればすぐにでも働いてお金を稼ぐことはできますが、そうではない人の場合にはパートやアルバイトしかなく、不利な条件でしか働けないこともあります。
 
何らかの資格を取っておこうと考えるのは自然なことだと考えられます。パートやアルバイトとして働きながら取得できる資格もあります。また、子育てをしながら勉強できる資格もありますから、これらをうまく活用していくと良いでしょう。
 
 

介護関連の資格について

最近では介護に関する仕事が増えています。求人広告を見ると、介護関連の求人がたくさんあることに気づくと思います。そのために介護の資格を取ろうと考える人は多くいます。
 
かつてはヘルパーという資格だったのですが、平成25年4月から介護職初任者研修となっています。例えば通信制の学校に通う場合に、毎週土曜日だけ受講すれば良いというのもあります。学校に通うとお金がかかりますが、これくらいの通学頻度なら高額にはなりませんから、借金をして何とかしなければならないと言うほどでもないでしょう。
 
お金を借りる:
>>三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでお金を借りる
>>楽天銀行スーパーローンでお金を借りる
 
例えば10万円未満で学ぶことも難しくはありません。子供が学校にいる時間帯だけ働くなど、自由がききやすいという特徴がありますから、ある程度まで成長すれば続けられる可能性は高くなります。
 
 

保育士の資格について

保育士の資格を取得したいという主婦はたくさんいるようです。子供が好きだという人にとっては魅力的なものだと言えるでしょう。ただ、実際に運営していくときにはお金がかかることもあります。
 
例えば、広いスペースの一室を借りることで開園するというのは良い方法の一つですが、採算が合うのかどうかと難しいところです。資格そのものは学校に通わなければ取得することはできませんが、通信制の学校なら大部分を自宅で学ぶことができます。
 
期間としても3年くらいあれば取得できるケースが多いようす。保育関係の仕事で稼ぎたいと思っているのなら、保育士の資格は取得しておくに越したことはありませんが、ほかの方法もあります。正社員として働くのではないのであれば、子育て支援員となるのも良い方法です。

 

コラム 基本 主婦、専業主婦

旦那に内緒で専業主婦はキャッシングできる?パート主婦は内緒で借金簡単です


スポンサーリンク

主婦がお金を借りたい場合はどうすればいいか

家計を預かる主婦にとって、やりくりが難しい時、何かと物入りな場合には、キャッシングで何とか用立てしたいこともあります。
 
でも夫に相談しても反対されそうなので、黙ってこっそり借りたいという人は多いのではないでしょうか。しかし、夫に内緒でお金を借りるということは可能なのでしょうか。
 
これはもちろん可能です。まず、あなたが正社員であれパートであれ仕事を持っている場合、あるいは何らかの形で収入がある場合は、内緒で借りることができます。なぜかといえば、本人名義で借りることになるからです。
>>無職にお金を貸してくれるのは闇金~例外は専業主婦と学生だけ
 
この場合はあなた本人の信用情報によって審査が行われ、収入に見合った分のキャッシングができます。もし万が一、続けて3回滞納したり、返済ができなくて債務整理などというようなことになったりした場合でも、あなた本人の信用情報に事故情報、いわゆるブラック情報が登録されるだけですので、家族には何の迷惑もかかりません。
>>ブラックで年収200万円の人がお金を借りるには零細の街金を頼るしかありません
 
もちろん銀行、消費者金融どちらも申し込むことができます。ただ、もしあなたが専業主婦で収入がない場合、内緒でキャッシングをする、特に消費者金融でキャッシングをするのは多少難しくなっています。それはなぜなのでしょうか。
 
 

消費者金融では総量規制が設けられています

それは、消費者金融の場合は総量規制があるというのが大きな理由です。
 
この総量規制というのは、2010年に施行された改正貸金業法で、新しく設けられたものです。それまで消費者金融は審査基準が緩いため、ついお金を借り過ぎてしまう人、あるいは複数の会社から借りて、借金を借金で返済する、いわゆる多重債務状態の人が増加していました。
 
このような事態を打破するために、消費者金融に適用される貸金業法の見直しが行われ、消費者金融でのキャッシングに限度額が設けられるようになったのです。この限度額は、借りる人の年収の3分の1に相当する金額となっています。
 
ですから、年収600万円の人の場合は、200万円までであればキャッシングができるわけです。しかし、消費者金融を何社も利用していて、その借り入れ総額が200万円を超えた場合は、新規にキャッシングをすることは不可能になります。
 
もちろん、それでもお金を借りたいという場合もあるものです。そのような時は、総量規制対象外の消費者金融を利用するか、銀行を利用するのがお勧めです。銀行は貸金業法ではなく、銀行法によって運営されていますので、元々総量規制が存在しないからです。
>>違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行
 
 

内緒で借りたい時には総量規制対象外の業者か銀行を

このような理由で、もし専業主婦の妻が、消費者金融で夫の名義でお金を借りる場合は、夫が借り入れ可能な枠を使ってキャッシングをすることになるわけです。
 
そのため、事前に夫の承認が必要になります。ですから、消費者金融を利用してキャッシングをする場合は、夫に内緒で申し込むことはかなり難しいと考えてください。
 
それでもやはり夫に内緒でお金を借りたい、そのような場合は、やはり総量規制対象外の消費者金融か、あるいは銀行を利用するのがいいでしょう。特に銀行の50万円のカードローンなどは、手軽に借りられますので主婦にもお勧めです。
 
ただし、あくまでも夫名義で借り入れる以上、返済はきちんとするようにしましょう。返済ができなくなると、夫の信用情報にブラックがつくため、ローンも組めず、クレジットカードの申し込みもできないといったことになりかねません。
 
また、どう考えても夫に反対されそうだからという場合はともかく、専業主婦がお金を借りる場合は、やはり夫婦できちんと話し合って借り入れた方がいいでしょう。夫にしても、同じ自分の名義を使われるのであっても、きちんと話し合ったうえでの方が、やはり気持ちがいいはずです。

 

基本 主婦、専業主婦

無職にお金を貸してくれるのは闇金~例外は専業主婦と学生だけ


スポンサーリンク

審査では何がチェックされる?

金融会社に対して融資を申し込んだというような場合にはまず審査が行われることになります。
 
これが行われるからこそ金融会社は安全な人のみを選んで融資ができるのであり、これが無いということになってしまうと本来は返済の可能力が無いというような人に対しても融資をしなくてはならなくなってきます。
 
そうした人に融資をすると融資の全額がその金融会社の損失となるわけですから、それによって本来であれば融資をするべきだった相手に対して融資が出来なくなるということもあります。
 
ではその場ではどういったことがチェックされるのかと言うと、基本としてはその人の信用についてがチェック対象になると考えて良いでしょう。
 
その人に対して融資をしても本当に返済をしてもらえるのか、返済が滞ったり、債務整理をしたというような事実は無いかどうかというようなことが主にチェックされるのです。
 
またその他にチェックする項目としては提出された個人情報の正確性や、求められた融資限度額のバランスなどもありますが、基本的には全ての項目において問題ないとして判断してもらうことができなければ、融資をしてもらうことはできないとして考えて良いでしょう。
 
 

無職で審査を通るのは難しい

さて、そうした事情があるため基本的に仕事が無い、無職だと言う人に関しては審査を通るのが難しいということになってしまいます。
 
仕事をしていない無職であるということは収入が無い、あったとしてもそれの安定性が低いということが推察されるからです。現代では仕事などをして得た収入を源として借金の返済をしていくわけですから、そこで返済に不安を感じさせるような要素があると融資は難しいとして返答せざるを得ないのが実情です。
 
そのため無職の人が金融会社からお金を借りたいというような際には勤め先を偽ったりすることがあるのですが、ここで偽ったとしても基本的には無意味です。
 
金融会社としても無職の人に融資をするということは最悪のリスクだというように判断しますから、本当に申告した勤め先に勤めているのかどうかということは念入りに確認(在籍確認)をするからです。
 
具体的な方法としては申告された勤め先に対して電話をして、そこで本人に取り次いでもらうというような方法になります。万が一申告した勤め先に同姓同名の人がいたとしても「融資の申込をもらった」というようなことや生年月日を確認すると言ったような手続きが取られますから、騙しとおせる可能性はほとんどありません。
 
 

無職でも審査が通る金融会社はある?

とはいっても「無職だからこそお金が必要だ」というようなケースも多いものです。
 
では本当にそうした立場にあると金融会社からお金を借りることはできないのかというと、絶対に無理だというわけではありません。これには大きく分けて二つの例外があります。
 
まず一つ目が専業主婦の場合です。本人は専業主婦で仕事をしていませんが、しかしながら結婚している以上は配偶者である夫に収入があるとして期待できるでしょう。その夫の収入が十分で、かつ信用においても問題が無いというようであれば、その配偶者の同意を得ることで融資をしてもらえる可能性はあるのです。
 
またもう一つのケースとなるのが「学生などで保護者に収入がある」という場合です。これも収入を担う保護者の同意が必要になりますが、金融会社からすると将来的に収入を持つようになる学生を顧客に取り込めるというのであれば歓迎したい話です。そのため学生ローンなどを利用するという形で、仕事をしていない学生でも得ることができるのです。
 
ただしかし純粋に仕事をしていないというような人で当てにできる収入も無いということになると、そうした制度を利用するのは非常に困難です。もしそうした制度が利用できないのであれば、基本としては諦めるしか無いでしょう。

 

基本 主婦、専業主婦 基本 学生キャッシング