即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

未成年がキャッシングでお金を借りるコツはある?~クレジットカードのキャッシング枠は便利


金融業者が定めている年齢制限

カードローンやキャシングを利用してお金を借りるためには、申し込み条件を満たしていなければなりません。
 
その条件の一つとして年齢制限があります。未成年が借金をすることに対して法律による規制はありませんから、違法にはなりませんが、多くの金融業者は20歳以上に制限しているようです。未成年は収入がなかったり、あるいはあったとしても少額であったりしますから、この面での不安があるために、融資を行わないのだと考えられます。
 
また、収入があったとしても、アルバイトとして働いている人が多いために、やはり金融業者は融資に消極的だと言えるでしょう。このように、いろいろな理由があって20歳以上にしていると考えられるのですが、商品設計が20歳以上となっている以上は、申し込みをしても審査に通ることはまずありません。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
がんばって熱意を伝えれば良いと言われることもあるようですが、金融業者は個人の間でお金の貸し借りではありませんから、まず無理でしょう。大手の消費者金融や銀行では、マニュアルによって手続きが行われますから、年齢制限が20歳以上となっていれば、未成年が借りることは絶対に出来ないと思っておいた方が良いです。
 
 

責任能力がないことも理由の一つ

少し前までは、未成年でも借り入れが出来ましたし、学生ローンなど、未成年でも利用できるローンもたくさんあったのです。しかし、未成年が勝手に借り入れをして、そしてその両親が裁判を起こしたことがあります。
>>学生ローンで人気のカレッヂの評判はどう?親に内緒でお金を借りれるの?
 
判決は、20歳未満では法的な責任能力がないと言うことで、契約は無効だという判決が出たのです。法的な責任能力については民法に定められていますから、未成年が契約を結んでも、それは無効となります。約束をしたのに、それをひっくり返しても良いと言うことなのです。
 
そんなことが許されるのなら、借りられるだけ借りて踏み倒すことが容易になってしまいます。親権者が同意すればその限りではないと定められていますから、もしも未成年が借りようと思った場合には、親が同意書を書いて提出すれば、法的には問題ないと言えるでしょう。
 
しかし、多くの金融業者は法的に曖昧な部分を嫌い、そのために未成年には融資を行わないというスタンスをとっていることが多いのです。法律によってこのようになっていますから、それは仕方のないことだと言えるでしょう。ただ、それがすべてではありません。金融業者の中には融資を行ってくれるものもあります。
 
 

クレジットカードなら利用しやすい

消費者金融や銀行のウェブサイトを見て確認してもらえれば良いのですが、年齢制限が20歳以上になっているところがほとんどです。ウェブサイトを持っているくらいの規模の金融業者なら、だいたいそうなっています。
 
規模の小さいところなら借りられるかも知れないと思うかも知れませんが、規模があまりにも小さい業者と闇金とを見極めるのは難しいですから、あまりおすすめできません。
 
おすすめできるとすれば、クレジットカードの利用でしょう。クレジットカードは未成年でも持つことが出来ます。また、クレジットカードにはキャシングの機能(キャッシング枠)がついていることが多いです。この機能を使えば借り入れが出来ます。
>>違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行
 
ただ、未成年が作ることの出来るクレジットカードは、成人が持つ場合に比べると限度額が小さい傾向があります。例えばキャシング枠は5万円というような低額に設定されていることが多いのです。
 
わずかでも良いから借りられた方が良いと考えるのなら、クレジットカードを持つのは良い方法だと考えられます。例えば、未成年でも作ることの出来るクレジットカードの一つが三井住友VISAカードです。日本での最大手ですから、安心して使えるでしょう。

 

基本 クレジットカード

クレジットカードはカードローンに比べると未成年でも70歳以上でも使える?


お金の借り入れには年齢制限設定がある

現在では様々な形でお金を借り入れすることができるようになっていますが、もっとも身近なものとしてはカードローンやクレジットカードといったような存在が挙げられます。
 
カードローンは基本的に使途が自由な消費目的融資である、クレジットカードは商品やサービスを購入するのに必要な費用を一時的に立て替えてもらう使途が限定された融資であるというような違いはありますが、どちらも利用したことがないというような人はそこまで多くないでしょう。
 
こうしたものはそれがどのような形であれ借金であるわけですから、利用に際してはさまざまな条件が設定されることになります。
 
その条件の中でも特に重要なものが年齢制限設定です。例えば未成年者は法的に有効な契約を結べないという制限が民法によって課せられていますから、どちらも親権者の同意などなしに利用することは困難です。
 
また上限も定められていますから、65歳以上など一定の年齢になったという人に関しては新たに契約をすることが難しいというようなこともあるのです。
 
どちらの方法でお金を借りるにしろ、そうした制限は知らなくてはならないわけですから必ず事前に確認するようにしましょう。
 
 

カードローンの年齢制限設定

しかしここで注意をしたいのが、どちらも借金であるということは同一であるものの使途など細かなところでは違いがあるということです。
 
違いがある以上は同一の条件で利用を認めるということにはなりませんから、その違いは心得ておかなくてはなりません。特に注意をしたいのがカードローンの場合です。
 
カードローンは消費者に対する使途が自由な消費目的融資であるわけですから、かなり柔軟に利用することが出来てしまいます。柔軟な利用ができるというのはカードローンの強みですが、それによって借りすぎになってしまう可能性が高くなるのです。
 
つまりカードローン融資はリスキーなものということになりますから、年齢制限設定、特に上の年齢制限が厳格に定められています。
 
銀行系業者の場合は65歳が上限とされるケースが多くなっていますし、貸金業者でも69歳が上限となるケースがほとんどです。定年退職後などに利用しようと思っても、カードローンに関してはすでにそうした年齢になってしまっているのでは契約できないというケースが多くなってくるわけですから、カードローンは早めに利用しておくことがベターだということになります。
 
いつでも誰でも利用できるものではないとして理解をしておきましょう。
 
 

クレジットカードの年齢制限設定

ではこれに対してクレジットカードの場合はどうなのかと言うと、カードローンに比べると年齢制限は緩やかに設定される傾向があります。
 
上限年齢が無いというわけではないのですが、業者によっては70歳を超えた人であっても収入がしっかり存在しているなどの条件がそろっていれば利用を許可するという業者が多いのです。
 
これは何故かというと、クレジットカードの使途が限定されているということが根拠になっています。例えば海外旅行など日本円が使えない環境で必要になるのはお金を借りる方法よりも「決済をする手段」ということになります。
 
この点では店頭で提示をするだけで決済の代行をしてもらえるクレジットカードが非常に有利ということになりますから、年齢が高くとも利用をする価値があります。この「決済」というキーワードはここまでに述べた二つの方法の中でも特に大きな違いです。
 
お金を借りる必要はないが決済を代行してくれる存在は必要だというケースは案外多く、お金を借りるよりもそうした手段を求めているというのであれば借りすぎに至るケースは少ないと言えます。
 
換金性、それを利用していることでお金を手に入れるという方法も限られていますから、高齢者になってからでもクレジットカードは契約できる可能性があります。

 

基本 クレジットカード コラム

違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行


カードローンにはないクレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴の一つに、カード会社の加盟店でカードを提示することによって、現金を支払わなくても商品を購入できるというものがあります。
 
これは、加盟店にあるカードを読み取る装置とカード会社の端末がつながっていて、店員にカードを出して機械に読み取らせると、いくらの買い物を何回払いで購入したというデータがカード会社の端末に届き、問題ないのであればカード会社が承認して、現金を立て替えるというシステムがあるので可能なのです。
 
クレジットカードと同じく、審査を受けて発行してもらうカードローン用のカードでは、上記のような使い方は出来ません。
 
たとえば、カードが使えるタクシーに乗って、カードローン用のカードを提示しても、このカードは使えませんと言われてしまいます。なので、結局、カードローンでキャッシングをして、現金で支払うしかありません。
 
最終的に支払えるのであれば、クレジットカードもカードローンも同じように見えるかもしれませんが、クレジットカードの場合、一回、または二回払い、そしてボーナス一括払いであれば無利息という特徴があり、ショッピング目的で利用するのであればキャッシングよりも利便性が高いです。
 
 

カードで商品を購入し、売却したお金で借金返済するのは無謀

しかし、ギャンブルなど、現金しか使えない遊びを楽しむ人で、クレジットカードしか持っていない場合、お金を借りてでも楽しみたいというときは、カードのショッピング機能は使わず、キャッシング機能ばかり使うことになります。
 
こういう人が、キャッシングで使ったお金を返済出来なくなったとき、ショッピング機能で商品を購入して、それを売却して現金化し、手にしたお金を借金返済に充てることがあります。というのは、キャッシングの利用限度額に達してしまうと、使えるのはショッピング機能だけになってしまうからです。
 
しかし、現金化による借金返済は非常に危険なのでやめるようにしましょう。なぜかというと、現金化して借金返済したとしても、すぐにショッピング枠の利用限度額に達してしまい、その時点で返済方法がなくなってしまう上に、カードの債務が膨れあがってしまうからです。
 
それをどうにかしてようと、今度はカードローンに申し込むということを行うと、多重債務になってしまい、借金返済は更に難しくなっていきます。というのは、現金化やカードローンで作ったお金を返済に充てると、表面的には返済出来た上に見えますが、実際は債務は増えているからです。
 
 

現金化で借金返済するのが絶対に無理な理由とは

ショッピング枠で買った商品を売ればお金ができて、それで返せすことが可能になると考えた時点で、通常の収入ではまったく返せないほど、毎月の支払い額が増えているわけで、更にショッピングも利用してしまったら、次回の支払い額は更に増えて、どうにもならなくなってしまいます。
 
また、表面的なショッピング利用の利率にごまかされますが、実際の利率はもっと高く、利息で債務が膨れあがってくというのも危険だという理由の一つです。
 
たとえば、ショッピングのリボ払いの利率が年利15パーセントだとします。これは、クレジットカードのキャッシングの利率よりも低いので、現金化で借金返済をしていけば、利率の差だけ確実に返していけると錯覚しがちです。
 
しかし、実際は購入した商品を売却するとき、買った値段よりも高く買い取ってもらえるということはまずありません。例外として、プレミアが確実な限定品などがありますが、商品券であったり、貴金属であっても、必ず買った値段よりも低い値段で引き取られることになります。
 
その差額を、リボ払いの利率に加えれば、実際の利率は年利数十パーセント~100%以上と、どんなカードローンの利率よりも高くなってしまうのです。

 

基本 クレジットカード コラム