即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

お金は賢く借りるもの~キャッシングは利息が発生するので借りたお金は1日でも早く返済する


スポンサーリンク

お金を借りるならここに注意

お金とは、天下の回りものです。手元に十分に有ることもあれば、必要なのに足りないこともあります。困るのは、こうした足りない時です。そんな時、もしも頼りになる親が近くにいて貸してくれるなら、困るようなことにはならないでしょう。しかし、そうでなければ金融機関から借金するしかありません。
 
ただし一口に借金と言っても、よりお得な賢い借り方と、少し損な借り方とがあるのです。その二つの違いを正しく知るか知らないかでは、長い人生の間に、大きな違いが出てきてしまうものなのです。
 
賢い借り方で大切な第一点は、金利です。たとえばお馴染みのキャッシングには必ず金利があります。その金利によって利息の支払い負担が決まりますので、借り入れの際には、できるだけ低金利のところから借りるのがお得なのです。たとえば金利が年18%のものと17%のものがあれば、17%のほうが利息は小さいのでお得です。
 
 

借り入れ日数を甘く見てはいけない

続いて第二点は、実にシンプルなことです。それは、「可能な限り借りたらすぐ返す」ことです。極端なことを言うと通常のキャッシングなどでは、借りても翌日に返せば利息はわずか一日分です、それなら大した負担にはなりません。
 
逆に、たとえどんなに低金利で有利な借り入れでも、すぐ返さずにモタモタしていると、利息は一日ごとにドンドン増えてゆくのです。ですから単純に考えても、一日でも早く返すほうがお得なのです。
 
ちなみに、金利や利息には基本的な計算式があります。それを見れば低金利の重要性だけではなくて、借り入れ日数を甘く見てはいけないということが分かるはずです。それが、「利息=借り入れ金額×金利÷365日×借り入れ日数」です。
 
是非、この式を頭に入れておきましょう。賢い借り入れのためには、覚えておいて損はありません。
 
 

審査に通らなければ話にならない

最後に第三点は、キャッシング会社をはじめとした金融機関からの借り入れは、申し込み手続きをしても審査に通らなければ使えないということです。つまり審査に通らないということは、お金に困って借金を申し込んでも断られてしまうということです。それでは話になりません。
 
関連記事:
>>仮審査こそが最大の難関~仮審査に可決しなければキャッシングでお金を借りるのは無理
>>お金を借りる審査の流れ~即日融資が可能な背景は審査の自動化(スコアリング)のおかげ
 
ですから、いざという時には借り入れをして急場を凌ぐことを考えると、日頃から、少しでも審査に通りやすくするために気を付けておくことが賢明だと言えます。どんな点に気を付けるのかというと、属性です。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
属性とは、その人の個人情報のうちで経済力や信用力に関係した情報のことです。たとえば、年収、勤続年数、勤務先の企業規模、他社からの借り入れ状況、公共料金は滞納していないか、その他です。審査においては、そうした属性がチェックされるのです。
 
ですから、バイト暮らしよりも正社員勤務、職を転々とするよりも一カ所で長く働く、他社からの借金は早く返す、各種料金の滞納はしないなど、できることからコツコツ努力すべきです。

 

基本 金利

仮審査こそが最大の難関~仮審査に可決しなければキャッシングでお金を借りるのは無理


スポンサーリンク

仮審査に通れば融資の可能性は高い

多くの場合、申し込みをしたら仮審査の結果が届き、それに通過した場合本審査に移ります。この仮審査を通過すると多くの場合、融資を受けることができます。仮と付くだけあって第一関門のように思えますが、実は最大の関門でもあるのです。
 
行っていることは貸金業者独自のコンピューター(スコアリング)によって、申し込み者の属性を判断し、チェックします。
 
ここでその業者の評価として融資ができると判断された場合、仮審査に通り、本審査を迎えることになります。よって仮審査を通過すると、お金を借りることができる可能性がかなり高まるといっても過言ではありません。本審査を通過して無事キャッシングができます。
 
 

ただし例外もあって落ちることもある

本審査を通過しなければ当然キャッシングをすることはできません。この本審査は人間の目でチェックします。コンピューターがミスをすることは少ないですが、やはり人の目でチェックを行って通過させます。その時に行うのが、個人信用情報機関です。
 
この個人情報機関というのは、多くの貸金業者が申し込み者の属性を調べるために照会する機関です。様々な金融に関する情報がここに収められており、業者のここから情報を入手します。
 
他社からの借入れ、延滞した履歴、そして債務整理を行ったことも記録されていますので、業者にとっては最後の砦のような場所です。
 
 

信用情報機関について

この個人信用情報機関こそが業者にとっても、そして申し込み者にとっても重要な関門になります。先程も述べたように、金融の情報がここに収められています。
 
よく他社からの借入れに対して、正直に記入するようにと言われますが、虚偽の記入をしても結局はこの個人情報機関に照会すれば簡単にわかります。
>>キャッシングでお金を借りる時の審査~絶対に他社借入件数や借入総額等の嘘はダメ
 
虚偽の申し込みをすれば、それだけで信用は崩壊するでしょう。もちろん業者もそのようなことを評価します。だからこそ虚偽の申請をしてはいけません。
 
もし心当たりがなく落ちてばっかりという時は、この個人情報機関に情報を取り寄せることも可能です。自身の信用状況を知ることができます。

 

基本 審査

未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?


スポンサーリンク

結婚しているとなぜキャッシングの審査で有利になるのか?

既婚者は未婚者と比べて、自由になるお金が少ないものです。収入は家族のために使う必要があるので、自分の消費だけには使えません。それゆえ、審査では不利になりそうに思えるでしょうが、実際はまったくの逆なのです。
 
貸金業者は未婚者よりも、既婚者を高く評価しています。家族を養えるだけの安定収入があることも大きな理由でしょう。
 
キャッシングの利用者の年齢層を見ても30代~40代が多くなっており、生活費の不足を補うために借りていることがうかがえます。専業主婦がお金を借りられる理由も、配偶者が安定収入を得ているからです。結婚をしている方は、お金を借りる上で有利なのです。
 
 

未婚だとキャッシングの利用は難しい?

既婚者と比べると、未婚者のほうが審査で不利になるのは確かです。
 
しかし、キャッシングの多くは20歳以上で安定収入があることが借りるための原則です。この条件を満たしていれば、借りる条件はクリアしています。実際に学生ローンも存在し、未婚の学生に融資しているでしょう。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
大切なのはスコアリングの総合点数であり、他の条件が好ましければ融資を受けることができます。安定性のある職業に就いており、年収が高くて勤続年数が長ければ高評価されます。
 
収入が少なくても希望額を抑えれば借りられる可能性は高いですし、過去にローン利用経験があって延滞していない方も高評価されます。
 
 

審査基準が緩いとされる業者を狙う

お金を借りることは、本来簡単なことではありません。
 
金融機関としては無担保で融資するわけですから、少なからず回収不能になるリスクはあります。貸付する金額に対して、最後まで返済できる能力を有する方を選ぶのです。数回返済をしてその後は入金がない状態では、金融機関は倒産してしまうでしょう。
 
金融機関の中で審査に通過しやすいとされるのは消費者金融です。
>>中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?
 
ただし、あくまでその傾向があるという話であり、消費者金融で落とされて銀行で借りられるという話は普通にあります。借りやすい業者に申し込むよりも、借りる金額を抑える対策のほうが効果的です。

 

基本 審査

自営業や個人事業主のキャッシング審査は通らない?収入が安定していれば簡単に審査に可決する?


スポンサーリンク

自営業はなぜ不利になるのか

キャッシングでは、担保や保証人をつけないのが普通ですから、万が一債権を回収できなくなった時のことも考えます。
 
利用者が返済不能になった場合には、所有財産や給与口座を差し押さえることになりますが、返済不能な人が財産を所持していることは期待できません。そのため、給与口座を差し押さえることになりますが、自営業の人は毎月決まったお金が振り込まれるわけではありませんから、債権が回収できないリスクが高くなります。
 
そのため、自営業の人は給与所得者に比べるとキャッシング審査では不利になり、借りることができるのは限度額10万円~30万円程度の少額になってしまいます。もちろん、高い収入がある場合には職業の不利を挽回できるケースもあります。
 
 

最近では審査は柔軟になってきている

キャッシング業界もサービス競争時代に突入しており、対象を自営業にまで広げている金融機関も多く存在します。

人気あるビジネスローン

・ビジネクスト(アイフル)
・ビジネスサポートカードローン(アコム)
・プロミス自営者カードローン
・シンキ「オーナーズセレクトカード」
・オリックスクレジット「ORIX CLUB CARD」
・セゾンファンデックス「事業コース」
・アイフル「事業サポートプラン」
・オリコ「CREST for Biz」
・セゾンファンデックス「事業コース」
 
特に消費者金融はノウハウが豊富なので、リスクの高い人とそうでない人を見分けることができ、職業に関わらず、安定した収入さえあればお金を借りられることができるようになっています。
 
銀行カードローンでも消費者金融が保証会社になっているケースが多く、その場合には柔軟な審査がされることになります。
 
ただし、数百万円という高額なお金を借りる場合には、土地や建物を担保にする有担保ローンでないと審査に通ることは厳しくなります。担保があれば、債権回収のリスクは軽減されるので、審査に通りやすくなります。
 
 

仕事を掛け持ちしている場合

アルバイトや派遣、正社員で働きながら、副業として収入を得ていて、将来独立を考えている人もいます。
 
もしも正社員や派遣で働いているなら、断然そちらの勤務先を申告したほうが有利になります。アルバイトの場合でも、店舗を持たない個人事業主よりは決まった勤務先を書けるアルバイトで申告したほうが有利になる場合があります。収入や信用度を比較して、有利なほうで申し込みをすると良いでしょう。
 
自営業の人は、年収に上限がないことがメリットであり、高い収入を得ている人も多いので、不利なローンを組むくらいなら、車や住宅などは貯金を貯めて一括で購入するようにしたほうが高い利息を支払わずにすむのでお勧めになります。

 

基本 ビジネスローン

返済の遅れ~遅延はまだ許されますが、延滞が長く続くと信用情報機関に登録されてブラック扱いとなる


スポンサーリンク

お金を借りる方法について

お金を貸してくれるサービスを行っているのは消費者金融のキャシングや銀行のカードローンがあります。
 
いずれの場合も事前の審査を受けて、十分な収入と信用力があれば契約を結び、その時に設定された融資枠内であれば自由に借り入れを行うことができるというものです。
 
借り入れる方法としては銀行や大手消費者金融であれば自社ATMや提携ATMを通じて行うことができ、またそれ以外にも銀行口座への振込みという形で融資(振込融資)が実行されます。
 
返済は定められた期日までに所定の金額を入金する必要があり、期日までに払えなかった場合には延滞また遅延とみなされます。
 
 

お金を借りた時に支払うべき手数料

お金を借りる時に注意すべきポイントが、借りたお金以外に掛かる手数料(金利・利息)です。借りた以上は、消費者金融のキャシングや銀行のカードローンまたは個人の貸し借りでも金利を設定する必要があります。
 
金利は信用力が低ければ高く設定される傾向にあり、消費者金融は高めで、おおむね初回の借り入れであれば上限利率である年利18%が設定されます。銀行の場合には上限利率は15%前後となっているので、銀行の方が支払う手数料は少なくて済みますが、一定の信用力が必要になります。
 
なお、提携ATMを利用した場合には別途手数料が必要なケースもありますし、銀行口座振込みによる返済であれば、振込み手数料が必要になります。
 
 

返済が遅れた場合のペナルティ

借り入れたお金の返済が遅れた場合にはペナルティを受けることになります。
 
よくある話ではありますが、遅延損害金と言って、TSUTAYAやゲオなどでCDやDVDを借りた時、返済日に遅れることは、誰しも一回は経験はあると思います。その時、びっくりするような延滞金を払ったはず。それが銀行カードローンや消費者金融でもあります。
 
(参考)アコムの遅延損害金は20%

 
遅れている状態を延滞または遅延といいますが、どちらも期日までに所定の金額が返済されなかったことを意味します。言葉の意味としては遅延の場合には、少し遅れている程度というものですが、延滞になると大幅に遅れていることを意味します。
 
遅延そのものはよくあることであり、大きなペナルティは受けませんが、延滞となると信用情報機関に事故情報として登録される場合があります。特に延滞の目安としては61日以上または3ヶ月以上の支払いが遅れているということを示すもので、信用情報機関に登録されると他社からの借り入れや新規の加入が困難になります。

 

基本 返済

資格があれば女性(主婦)でも人並み以上のお金を稼げる~介護士や保育士等


スポンサーリンク

主婦でもとることのできる資格

主婦として働いている人が何らかの資格を取りたいというニーズは増えています。学校に通ったり、あるいは独学で勉強を始めたりする人が多くいるのです。
 
子育てをしている間はそれだけでいっぱいいっぱいになってしまいますが、子育てが一段落すると稼ぎに行きたいという人も多いのではないでしょうか。
 
何らかの資格があればすぐにでも働いてお金を稼ぐことはできますが、そうではない人の場合にはパートやアルバイトしかなく、不利な条件でしか働けないこともあります。
 
何らかの資格を取っておこうと考えるのは自然なことだと考えられます。パートやアルバイトとして働きながら取得できる資格もあります。また、子育てをしながら勉強できる資格もありますから、これらをうまく活用していくと良いでしょう。
 
 

介護関連の資格について

最近では介護に関する仕事が増えています。求人広告を見ると、介護関連の求人がたくさんあることに気づくと思います。そのために介護の資格を取ろうと考える人は多くいます。
 
かつてはヘルパーという資格だったのですが、平成25年4月から介護職初任者研修となっています。例えば通信制の学校に通う場合に、毎週土曜日だけ受講すれば良いというのもあります。学校に通うとお金がかかりますが、これくらいの通学頻度なら高額にはなりませんから、借金をして何とかしなければならないと言うほどでもないでしょう。
 
お金を借りる:
>>三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでお金を借りる
>>楽天銀行スーパーローンでお金を借りる
 
例えば10万円未満で学ぶことも難しくはありません。子供が学校にいる時間帯だけ働くなど、自由がききやすいという特徴がありますから、ある程度まで成長すれば続けられる可能性は高くなります。
 
 

保育士の資格について

保育士の資格を取得したいという主婦はたくさんいるようです。子供が好きだという人にとっては魅力的なものだと言えるでしょう。ただ、実際に運営していくときにはお金がかかることもあります。
 
例えば、広いスペースの一室を借りることで開園するというのは良い方法の一つですが、採算が合うのかどうかと難しいところです。資格そのものは学校に通わなければ取得することはできませんが、通信制の学校なら大部分を自宅で学ぶことができます。
 
期間としても3年くらいあれば取得できるケースが多いようす。保育関係の仕事で稼ぎたいと思っているのなら、保育士の資格は取得しておくに越したことはありませんが、ほかの方法もあります。正社員として働くのではないのであれば、子育て支援員となるのも良い方法です。

 

コラム 基本 主婦、専業主婦

お金を借りて生活を立て直す~キャッシングではなく生活福祉資金貸付制度でお金を借りる


スポンサーリンク

生活福祉資金貸付制度とは

収入が激減したり、あるいは途絶えてしまったりすると生活が立ちゆかなくなります。
 
そのようなときには生活保護を受ける人もいますが、そこまでではなくて一時的に借金をできればしのげるというような状況もありえるでしょう。このような時のためにあるのが生活福祉資金貸付制度です。
 
(参考)生活福祉資金貸付制度-厚生労働省
 
一時的にお金を借りることができれば、その後はなんとか生活をしていくことができるという人のためにある制度です。あくまでも借金の一種ですから、その後は返済をしていかなければなりませんが、この制度は経済的に困窮した人を救済するための制度ですから、返済しやすいような工夫がなされています。
 
この点が一般的なキャッシングやカードローンなどのサービスとは大きく異なっているポイントだといえるでしょう。
 
 

民間のローンとの違いについて

お金を借りることができればしのげるという状態の時には、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用するのも良い方法です。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
しかし、これらのサービスとは大きく異なる点があります。その一つが金利です。民間の業者は、利息収入を得るために融資を行っています。経済的に困窮している人なら返済できなくなる可能性もありますから、高い金利が設定されることが多いです。
 
また、返済できなくなる可能性が高ければ融資してくれないのが普通です。生活福祉資金貸付制度では、経済的に困窮している人に対しても融資をしてくれるという点で大きく違っていますし、また低金利で融資をしてくれるという点でも大きく違っています。
 
本当に困ったときには民間の業者は貸してくれないのですが、この制度なら借りられるのです。
 
 

貸してくれるだけではない

生活福祉資金貸付制度では、お金を貸してくれるだけではありません。経済的に自立できるようなサポートがあるという点も特筆すべきことです。
 
ただ貸してくれるだけではなくて、相談に乗ってくれます。どのような状況なのかを説明すれば、それを解決する方法も提示してくれるでしょう。
 
例えば仕事がなくなって生活に困っている人の場合には、一時的にしのぐためのお金を貸してくれるだけではなくて、ハローワークと連携して仕事を探してくれます。社会福祉協議会やハローワークなどが継続的に支援を行ってくれますから、生活を立てなおして経済的に自立できるように色々なサポートを行ってくれるのです。
 
本当に生活に困っていて生活を立て直したいという人にとっては、非常に優れた制度だといえるでしょう。

 

タグ :

基本 お金を借りる コラム

自動契約機を利用すれば土曜日や日曜日、祝日の即日キャッシングも可能


スポンサーリンク

日曜日も契約が可能な方法について

日曜日にお金を使い過ぎてしまって週明けからのお金に困る事が有ります。
 
こんな時にカードローンを利用してキャッシング出来れば便利ですし、消費者金融や銀行などのカードローンは保証人や担保などが無くても借りる事が出来るので、保証人を探す手間やお願いする必要もありません。
 
しかし、お金を借りる時には審査が必要で、土日などでは消費者金融や銀行はお休みになるため、申し込みをしたくても出来ない状況になってしまいます。
 
こんな時便利なのが自動契約機で、平日は勿論の事、土日も利用出来ますし、その場で専用のカードを受け取れるため、近くに在るATMを利用すればお金を借りる事が出来ます。
 
 

事前に申し込みを行っておけばスムーズに

自動契約機は消費者金融だけに在るのではなく、銀行の中にも設置されている所が在りますし、自動契約機を利用して申し込みを行えば、お店がお休みの時でも融資を受ける事が出来ますし、時間帯によってはその日の内に指定口座に現金を振り込んで貰える事も有ります。
 
自動契約機で申し込みをする時は、インターネットを利用したり、電話などで事前に申し込みをしておくのがお勧めです。
 
予め必要な情報を登録しておくことで、短時間で行えると言ったメリットが在りますし、その場でカードを受け取れるので直ぐにお金を利用する事が出来るようになります。
 
また、最近はスマートフォンからでも申し込みが出来るので外出先からでも申し込めます。
 
 

日曜も振込みが出来るカードローン

振込み融資の多くは日曜日など、お店が休みの時は対応されていないケースが多く在ります。しかし、一定の条件を満たしている事で休みの時でも即日融資を行ってくれるカードローンも在ります。
 
銀行などの場合は、楽天銀行のスーパーローン、オリックス銀行のカードローンなどが在りますし、消費者金融などの場合は、大手の消費者金融のアコムやプロミスなど、お店が休みの時でも即日振込み融資を行っているので、休みの時などに必要と言う時など安心です。
 
尚、これらの融資を受ける場合には、指定の銀行口座が必要になることもあるので事前に確認をしておくと安心です。

 

基本 お金を借りる

年収200万円と低収入であってもキャッシングでの借入は可能?少額融資ならOK


スポンサーリンク

カードローンは年収200万円以下でも借りられる

年収が少ないと審査で不利になると思うでしょうが、実は年収はそれほど関係ないのです。大切なのは希望額に対する収入であり、借りたお金を返済できるかです。
 
年収200万円以下でも問題はなく、ほとんどのカードローンが対応しています。
 
ハイスペックローンだと年収500万円以上などと条件指定がありますが、ほとんどのカードローンはパートやアルバイトの方に対応しているので、年収150万円未満でも借りられるのです。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
総量規制の対象となるローンは、年収の3分の1の範囲内で借りることができますが、希望額を大きくするほど審査が厳格になることは覚えておきましょう。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制である
 
 

低収入と無職ではまったく違う

カードローンは年収が少なくても借りられますが、無職では融資対象にはなりません。低収入と無職ではまったく意味が違うのです。前者は返済能力を有していますが、後者はゼロなのです。
>>無職にお金を貸してくれるのは闇金(例外は専業主婦と学生だけ)
 
年収に関しては少し多めに申告しても、うまくいけばバレません。収入証明が不要な限度額ならば、バレる確率は低いでしょう。
 
しかし、無職で無収入の場合に関してはごまかすことができません。会社に在籍確認の連絡が行くので、働いていなければバレてしまいます。
>>意外と簡単に在籍確認なしでキャッシングをする方法とは?
 
年収200万円以下でお金を借りることは十分に可能ですが、年収0円で融資してくれる業者は通常ありません。
 
 

希望額を減らして対策をしよう

年収200万円の方が借りられる上限は60万円くらいです。70万円になると年収の3分の1を超えてしまうので、法的に借入できないのです。では60万円なら確実に借りられるかというと、そうでもありません。
 
最終的に返済能力を見極めるのは業者なので、業者がダメだと判断すれば30万円でも借りられないのです。初回契約の段階では、業者側は利用者の返済傾向を確認したいと考えています。
 
きちんと返済してくれる方なのか見極めるためにも、融資額は低く抑えてくる傾向があります。おすすめの希望額は1万円~10万円であり、この範囲ならほとんどの方が借入できるでしょう。

 

基本 審査

未成年がキャッシングでお金を借りるコツはある?~クレジットカードのキャッシング枠は便利


スポンサーリンク

金融業者が定めている年齢制限

カードローンやキャシングを利用してお金を借りるためには、申し込み条件を満たしていなければなりません。
 
その条件の一つとして年齢制限があります。未成年が借金をすることに対して法律による規制はありませんから、違法にはなりませんが、多くの金融業者は20歳以上に制限しているようです。未成年は収入がなかったり、あるいはあったとしても少額であったりしますから、この面での不安があるために、融資を行わないのだと考えられます。
 
また、収入があったとしても、アルバイトとして働いている人が多いために、やはり金融業者は融資に消極的だと言えるでしょう。このように、いろいろな理由があって20歳以上にしていると考えられるのですが、商品設計が20歳以上となっている以上は、申し込みをしても審査に通ることはまずありません。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
がんばって熱意を伝えれば良いと言われることもあるようですが、金融業者は個人の間でお金の貸し借りではありませんから、まず無理でしょう。大手の消費者金融や銀行では、マニュアルによって手続きが行われますから、年齢制限が20歳以上となっていれば、未成年が借りることは絶対に出来ないと思っておいた方が良いです。
 
 

責任能力がないことも理由の一つ

少し前までは、未成年でも借り入れが出来ましたし、学生ローンなど、未成年でも利用できるローンもたくさんあったのです。しかし、未成年が勝手に借り入れをして、そしてその両親が裁判を起こしたことがあります。
>>学生ローンで人気のカレッヂの評判はどう?親に内緒でお金を借りれるの?
 
判決は、20歳未満では法的な責任能力がないと言うことで、契約は無効だという判決が出たのです。法的な責任能力については民法に定められていますから、未成年が契約を結んでも、それは無効となります。約束をしたのに、それをひっくり返しても良いと言うことなのです。
 
そんなことが許されるのなら、借りられるだけ借りて踏み倒すことが容易になってしまいます。親権者が同意すればその限りではないと定められていますから、もしも未成年が借りようと思った場合には、親が同意書を書いて提出すれば、法的には問題ないと言えるでしょう。
 
しかし、多くの金融業者は法的に曖昧な部分を嫌い、そのために未成年には融資を行わないというスタンスをとっていることが多いのです。法律によってこのようになっていますから、それは仕方のないことだと言えるでしょう。ただ、それがすべてではありません。金融業者の中には融資を行ってくれるものもあります。
 
 

クレジットカードなら利用しやすい

消費者金融や銀行のウェブサイトを見て確認してもらえれば良いのですが、年齢制限が20歳以上になっているところがほとんどです。ウェブサイトを持っているくらいの規模の金融業者なら、だいたいそうなっています。
 
規模の小さいところなら借りられるかも知れないと思うかも知れませんが、規模があまりにも小さい業者と闇金とを見極めるのは難しいですから、あまりおすすめできません。
 
おすすめできるとすれば、クレジットカードの利用でしょう。クレジットカードは未成年でも持つことが出来ます。また、クレジットカードにはキャシングの機能(キャッシング枠)がついていることが多いです。この機能を使えば借り入れが出来ます。
>>違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行
 
ただ、未成年が作ることの出来るクレジットカードは、成人が持つ場合に比べると限度額が小さい傾向があります。例えばキャシング枠は5万円というような低額に設定されていることが多いのです。
 
わずかでも良いから借りられた方が良いと考えるのなら、クレジットカードを持つのは良い方法だと考えられます。例えば、未成年でも作ることの出来るクレジットカードの一つが三井住友VISAカードです。日本での最大手ですから、安心して使えるでしょう。

 

基本 クレジットカード