即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

クレジットカードはカードローンに比べると未成年でも70歳以上でも使える?


スポンサーリンク

お金の借り入れには年齢制限設定がある

現在では様々な形でお金を借り入れすることができるようになっていますが、もっとも身近なものとしてはカードローンやクレジットカードといったような存在が挙げられます。
 
カードローンは基本的に使途が自由な消費目的融資である、クレジットカードは商品やサービスを購入するのに必要な費用を一時的に立て替えてもらう使途が限定された融資であるというような違いはありますが、どちらも利用したことがないというような人はそこまで多くないでしょう。
 
こうしたものはそれがどのような形であれ借金であるわけですから、利用に際してはさまざまな条件が設定されることになります。
 
その条件の中でも特に重要なものが年齢制限設定です。例えば未成年者は法的に有効な契約を結べないという制限が民法によって課せられていますから、どちらも親権者の同意などなしに利用することは困難です。
 
また上限も定められていますから、65歳以上など一定の年齢になったという人に関しては新たに契約をすることが難しいというようなこともあるのです。
 
どちらの方法でお金を借りるにしろ、そうした制限は知らなくてはならないわけですから必ず事前に確認するようにしましょう。
 
 

カードローンの年齢制限設定

しかしここで注意をしたいのが、どちらも借金であるということは同一であるものの使途など細かなところでは違いがあるということです。
 
違いがある以上は同一の条件で利用を認めるということにはなりませんから、その違いは心得ておかなくてはなりません。特に注意をしたいのがカードローンの場合です。
 
カードローンは消費者に対する使途が自由な消費目的融資であるわけですから、かなり柔軟に利用することが出来てしまいます。柔軟な利用ができるというのはカードローンの強みですが、それによって借りすぎになってしまう可能性が高くなるのです。
 
つまりカードローン融資はリスキーなものということになりますから、年齢制限設定、特に上の年齢制限が厳格に定められています。
 
銀行系業者の場合は65歳が上限とされるケースが多くなっていますし、貸金業者でも69歳が上限となるケースがほとんどです。定年退職後などに利用しようと思っても、カードローンに関してはすでにそうした年齢になってしまっているのでは契約できないというケースが多くなってくるわけですから、カードローンは早めに利用しておくことがベターだということになります。
 
いつでも誰でも利用できるものではないとして理解をしておきましょう。
 
 

クレジットカードの年齢制限設定

ではこれに対してクレジットカードの場合はどうなのかと言うと、カードローンに比べると年齢制限は緩やかに設定される傾向があります。
 
上限年齢が無いというわけではないのですが、業者によっては70歳を超えた人であっても収入がしっかり存在しているなどの条件がそろっていれば利用を許可するという業者が多いのです。
 
これは何故かというと、クレジットカードの使途が限定されているということが根拠になっています。例えば海外旅行など日本円が使えない環境で必要になるのはお金を借りる方法よりも「決済をする手段」ということになります。
 
この点では店頭で提示をするだけで決済の代行をしてもらえるクレジットカードが非常に有利ということになりますから、年齢が高くとも利用をする価値があります。この「決済」というキーワードはここまでに述べた二つの方法の中でも特に大きな違いです。
 
お金を借りる必要はないが決済を代行してくれる存在は必要だというケースは案外多く、お金を借りるよりもそうした手段を求めているというのであれば借りすぎに至るケースは少ないと言えます。
 
換金性、それを利用していることでお金を手に入れるという方法も限られていますから、高齢者になってからでもクレジットカードは契約できる可能性があります。

 

基本 クレジットカード コラム

失業保険の受給中、アルバイトやパートでお金を稼ぐことはできる?


スポンサーリンク

失業保険受給の流れとアルバイトが出来る期間

失業保険を受給するには、まず離職票や雇用保険被保険者証などの書類を提出し、求職の申し込みを行わなければなりません。その後審査があり、資格があると判定されれば基本手当が受給できます。
 
失業保険給付中に受け取ることが出来る給付金の額は働いていたときの給料の額によって決まり、さらに受給を受けることが出来る期間は年齢と雇用保険に加入していた期間、そして退職した理由が自己都合であるか、会社都合であるかによって変わります。
 
失業保険給付中は、アルバイトが出来る期間と出来ない期間があります
 
まず退職してから求職の申し込みを行う前は働くことが出来ます。まだ失業保険の給付を受けていないためです。そして、失業保険の受給が決まった日から7日間は働くことが出来ません。この期間は待期期間で、失業している状態であることが必要だからです。
 
続いて自己都合退職の場合は3ヶ月間の給付制限期間がありますが、この期間は働くことが可能です。実際に給付が始まり、失業保険給付中も働くことが出来ます。
 
つまり、退職してから求職の申し込みをして失業保険の給付が始まってからのアルバイトが出来ない時期は、受給資格が認定された日から始まる7日間の待期期間中だけということになります。
 
 

失業保険給付中にアルバイトをする際の注意点

失業保険受給中のアルバイトが出来る期間に働くに当たって、いくつか注意点があります。
 
まず、労働時間に制限があることです。1日4時間を越える労働や週に20時間を越える労働をした場合は失業している状態と見なされないため、失業保険の受給権が停止され給付を受けることが出来なくなります。
 
また、1日4時間未満もしくは週に20時間未満の労働でもアルバイトで得た収入の額によって失業保険の基本手当が減額されることがあります。減額されるかどうかは、収入額から規定されている控除額を差し引いた金額と基本手当日額を足した額が、働いていたときの1日当たりの賃金の80パーセントにあたる金額を超えているかどうかで決まります。
 
越えていなかった場合は問題ありませんが、越えていた場合は越えた分の額が基本手当日額から減額されてしまうのです。
 
さらに、基本手当日額を含まずに働いて得た収入から控除額を差し引いた額のみで働いていたときの1日当たりの賃金の80パーセントにあたる金額を越えると、失業保険の給付が全く受けられずに不支給となるのです。ただ、この場合は不支給となった期間が受給期間に繰り延べされます。
 
失業保険受給中に働く場合は、労働時間と収入額という注意点に気をつける必要があるのです。
 
 

失業保険給付中の労働は申告が必要

失業保険給付中に労働を行う場合は、必ず申告しなければなりません
 
申告することで労働による収入が知られて減額されることもありますが、申告しなければそれ以上に大きな損害を被る可能性があるのです。申告しなかった場合、不正受給だと判断されます。すると不正受給があった日以降の全ての給付が停止されることに加え、その日までに受給していた基本手当を全て返還するよう命令されます。
 
さらに、返還した基本手当の2倍の額を納めなければならないのです。これらの命令にはただちに従う必要があり、先延ばしするほど延滞金が加算されていきます。
 
また、返還や納付をしない場合には財産を差し押さえられるといった強制処分が科せられるのです。そういったことの無いよう、確実に申告しましょう。
 
申告する方法は簡単です。失業の認定を受けるために毎月提出する失業認定申告書に、就労を行ったかという項目があるので「した」を選択します。そして実際に就労した日付にチェックを入れ、収入のあった日と収入額、そしてその収入額が何日分の就労によるものかを記入して提出するだけです。
 
失業保険給付中のアルバイトは、注意点を守って受給権を失わないようにしながら行うことが重要なのです。

 

コラム

違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行


スポンサーリンク

カードローンにはないクレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴の一つに、カード会社の加盟店でカードを提示することによって、現金を支払わなくても商品を購入できるというものがあります。
 
これは、加盟店にあるカードを読み取る装置とカード会社の端末がつながっていて、店員にカードを出して機械に読み取らせると、いくらの買い物を何回払いで購入したというデータがカード会社の端末に届き、問題ないのであればカード会社が承認して、現金を立て替えるというシステムがあるので可能なのです。
 
クレジットカードと同じく、審査を受けて発行してもらうカードローン用のカードでは、上記のような使い方は出来ません。
 
たとえば、カードが使えるタクシーに乗って、カードローン用のカードを提示しても、このカードは使えませんと言われてしまいます。なので、結局、カードローンでキャッシングをして、現金で支払うしかありません。
 
最終的に支払えるのであれば、クレジットカードもカードローンも同じように見えるかもしれませんが、クレジットカードの場合、一回、または二回払い、そしてボーナス一括払いであれば無利息という特徴があり、ショッピング目的で利用するのであればキャッシングよりも利便性が高いです。
 
 

カードで商品を購入し、売却したお金で借金返済するのは無謀

しかし、ギャンブルなど、現金しか使えない遊びを楽しむ人で、クレジットカードしか持っていない場合、お金を借りてでも楽しみたいというときは、カードのショッピング機能は使わず、キャッシング機能ばかり使うことになります。
 
こういう人が、キャッシングで使ったお金を返済出来なくなったとき、ショッピング機能で商品を購入して、それを売却して現金化し、手にしたお金を借金返済に充てることがあります。というのは、キャッシングの利用限度額に達してしまうと、使えるのはショッピング機能だけになってしまうからです。
 
しかし、現金化による借金返済は非常に危険なのでやめるようにしましょう。なぜかというと、現金化して借金返済したとしても、すぐにショッピング枠の利用限度額に達してしまい、その時点で返済方法がなくなってしまう上に、カードの債務が膨れあがってしまうからです。
 
それをどうにかしてようと、今度はカードローンに申し込むということを行うと、多重債務になってしまい、借金返済は更に難しくなっていきます。というのは、現金化やカードローンで作ったお金を返済に充てると、表面的には返済出来た上に見えますが、実際は債務は増えているからです。
 
 

現金化で借金返済するのが絶対に無理な理由とは

ショッピング枠で買った商品を売ればお金ができて、それで返せすことが可能になると考えた時点で、通常の収入ではまったく返せないほど、毎月の支払い額が増えているわけで、更にショッピングも利用してしまったら、次回の支払い額は更に増えて、どうにもならなくなってしまいます。
 
また、表面的なショッピング利用の利率にごまかされますが、実際の利率はもっと高く、利息で債務が膨れあがってくというのも危険だという理由の一つです。
 
たとえば、ショッピングのリボ払いの利率が年利15パーセントだとします。これは、クレジットカードのキャッシングの利率よりも低いので、現金化で借金返済をしていけば、利率の差だけ確実に返していけると錯覚しがちです。
 
しかし、実際は購入した商品を売却するとき、買った値段よりも高く買い取ってもらえるということはまずありません。例外として、プレミアが確実な限定品などがありますが、商品券であったり、貴金属であっても、必ず買った値段よりも低い値段で引き取られることになります。
 
その差額を、リボ払いの利率に加えれば、実際の利率は年利数十パーセント~100%以上と、どんなカードローンの利率よりも高くなってしまうのです。

 

基本 クレジットカード コラム