即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

国民年金保険料を滞納すると厄介なので、キャッシングでお金を借りて支払うことも考えた方がいい


なぜ国民年金への加入は義務になっているのか

日本には公的な年金制度として国民年金の制度があります。日本に国籍を持っている人は等しく、この国民年金への加入が義務付けられていますが、その理由は国民年金法第88条によって年金保険料の納付が義務付けられているためです。
 
国民はこの年金保険料を納付する代わりとして老後に年金を受け取ることができ、万が一、病気や事故などで身体に障害を持った場合には障害基礎年金、家族が死亡してしまったときには遺族年金を受け取ることができます。
 
年金保険料の納付を行っていないという人は近年、増加傾向にありますが、そのような人の場合、年金の支給を受けたり行政サービスを受けたいというときに適切なサービスの提供を受けられなくなってしまいます。
 
 

年金保険料を納付しないとどうなるのか

前述したように年金保険料の納付は国民の義務となっているため、長い期間、保険料の納付が行われない状態が継続した場合、年金機構によって委託された債権会社から納付を求める電話や督促状が送られてくることになります。
 
年金保険料の納付に関しては未納期間が2年を経過してしまうと、それ以降はさかのぼって未納分を納付することができなくなるので将来受け取れる年金の金額が減らされてしまうことになります。
 
また、度重なる督促を受けてもなお、年金保険料の未納の状況が続いた場合、預金口座の凍結といった重い措置が取られてしまうこともあります。
 
 

国民年金保険料が納付できないというときには

経済的事情から年金保険料を納付することが困難だという場合には、納付の猶予や納付の免除などの措置を受けることが可能になっています。ただし、これらの措置を受けるためには自分で所定の手続きを行う必要があり、手続きを行わなかったときには猶予や免除などの措置を受けることはできません。
 
また、納付の猶予や免除の手続きを行わないまま、年金保険料の納付が依然として行われない場合、最終的な警告として特別督促が送付されます。この段階まで事態が進んでしまうと預金口座の凍結といった措置が下されてしまう可能性が高いので、年金保険料を納付するための一時的な手段としてカードローンやキャッシングなどでお金を借りることも検討した方がいいでしょう。

 

コラム

資格があれば女性(主婦)でも人並み以上のお金を稼げる~介護士や保育士等


主婦でもとることのできる資格

主婦として働いている人が何らかの資格を取りたいというニーズは増えています。学校に通ったり、あるいは独学で勉強を始めたりする人が多くいるのです。
 
子育てをしている間はそれだけでいっぱいいっぱいになってしまいますが、子育てが一段落すると稼ぎに行きたいという人も多いのではないでしょうか。
 
何らかの資格があればすぐにでも働いてお金を稼ぐことはできますが、そうではない人の場合にはパートやアルバイトしかなく、不利な条件でしか働けないこともあります。
 
何らかの資格を取っておこうと考えるのは自然なことだと考えられます。パートやアルバイトとして働きながら取得できる資格もあります。また、子育てをしながら勉強できる資格もありますから、これらをうまく活用していくと良いでしょう。
 
 

介護関連の資格について

最近では介護に関する仕事が増えています。求人広告を見ると、介護関連の求人がたくさんあることに気づくと思います。そのために介護の資格を取ろうと考える人は多くいます。
 
かつてはヘルパーという資格だったのですが、平成25年4月から介護職初任者研修となっています。例えば通信制の学校に通う場合に、毎週土曜日だけ受講すれば良いというのもあります。学校に通うとお金がかかりますが、これくらいの通学頻度なら高額にはなりませんから、借金をして何とかしなければならないと言うほどでもないでしょう。
 
お金を借りる:
>>三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックでお金を借りる
>>楽天銀行スーパーローンでお金を借りる
 
例えば10万円未満で学ぶことも難しくはありません。子供が学校にいる時間帯だけ働くなど、自由がききやすいという特徴がありますから、ある程度まで成長すれば続けられる可能性は高くなります。
 
 

保育士の資格について

保育士の資格を取得したいという主婦はたくさんいるようです。子供が好きだという人にとっては魅力的なものだと言えるでしょう。ただ、実際に運営していくときにはお金がかかることもあります。
 
例えば、広いスペースの一室を借りることで開園するというのは良い方法の一つですが、採算が合うのかどうかと難しいところです。資格そのものは学校に通わなければ取得することはできませんが、通信制の学校なら大部分を自宅で学ぶことができます。
 
期間としても3年くらいあれば取得できるケースが多いようす。保育関係の仕事で稼ぎたいと思っているのなら、保育士の資格は取得しておくに越したことはありませんが、ほかの方法もあります。正社員として働くのではないのであれば、子育て支援員となるのも良い方法です。

 

コラム 基本 主婦、専業主婦

お金を借りて生活を立て直す~キャッシングではなく生活福祉資金貸付制度でお金を借りる


生活福祉資金貸付制度とは

収入が激減したり、あるいは途絶えてしまったりすると生活が立ちゆかなくなります。
 
そのようなときには生活保護を受ける人もいますが、そこまでではなくて一時的に借金をできればしのげるというような状況もありえるでしょう。このような時のためにあるのが生活福祉資金貸付制度です。
 
(参考)生活福祉資金貸付制度-厚生労働省
 
一時的にお金を借りることができれば、その後はなんとか生活をしていくことができるという人のためにある制度です。あくまでも借金の一種ですから、その後は返済をしていかなければなりませんが、この制度は経済的に困窮した人を救済するための制度ですから、返済しやすいような工夫がなされています。
 
この点が一般的なキャッシングやカードローンなどのサービスとは大きく異なっているポイントだといえるでしょう。
 
 

民間のローンとの違いについて

お金を借りることができればしのげるという状態の時には、消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用するのも良い方法です。
>>生活費がバイトで厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
しかし、これらのサービスとは大きく異なる点があります。その一つが金利です。民間の業者は、利息収入を得るために融資を行っています。経済的に困窮している人なら返済できなくなる可能性もありますから、高い金利が設定されることが多いです。
 
また、返済できなくなる可能性が高ければ融資してくれないのが普通です。生活福祉資金貸付制度では、経済的に困窮している人に対しても融資をしてくれるという点で大きく違っていますし、また低金利で融資をしてくれるという点でも大きく違っています。
 
本当に困ったときには民間の業者は貸してくれないのですが、この制度なら借りられるのです。
 
 

貸してくれるだけではない

生活福祉資金貸付制度では、お金を貸してくれるだけではありません。経済的に自立できるようなサポートがあるという点も特筆すべきことです。
 
ただ貸してくれるだけではなくて、相談に乗ってくれます。どのような状況なのかを説明すれば、それを解決する方法も提示してくれるでしょう。
 
例えば仕事がなくなって生活に困っている人の場合には、一時的にしのぐためのお金を貸してくれるだけではなくて、ハローワークと連携して仕事を探してくれます。社会福祉協議会やハローワークなどが継続的に支援を行ってくれますから、生活を立てなおして経済的に自立できるように色々なサポートを行ってくれるのです。
 
本当に生活に困っていて生活を立て直したいという人にとっては、非常に優れた制度だといえるでしょう。

 

タグ :

基本 お金を借りる コラム

お金を違法業者(闇金)から借りてしまったら、弁護士や司法書士、警察に相談する


ヤミ金は違法の金融業者です

ヤミ金という金融業者をご存知の方は多いでしょう。違法の金融業者であるため、法律で認められていない高金利でお金を貸し、返済できない時は家に来たり、1日中電話をかけたりと容赦ない取り立てを行います。
 
金利は10日間で30パーセント、ひと月だとほぼ元金と同額になってしまうケースもあります。ですから、このような業者からお金を借りるのは避けるようにしましょう。
 
そうは言っても、この手の業者と普通の金融業者の違いは、どのような点が違うのか、どのようにして見分けたらいいのかわからないこともあります。ではここで、その特徴について書いていくことにしましょう。
 
 

利用してしまったらまずは弁護士へ

ヤミ金の場合は、連絡先が携帯しかないこと、違法であるため、事務所に貸金業者の登録番号がないことなどが大きな特徴です。
 
また、申し込みの際に、本人確認や収入証明以外の書類、たとえば委任状などを持って来させる業者はかなり疑わしいので、利用しないようにしましょう。
 
もし利用してしまった、あるいは利用しないけど申し込んでしまった場合は、専門の弁護士や司法書士に相談して、介入通知を出してもらうようにしましょう。これによってしつこい取り立てが収まります。
 
しかしそれでも取り立てをする業者もいますので、弁護士や司法書士にそのことをきちんと伝えるようにしましょう。
 
(参考)ヤミ金被害について-弁護士法人アディーレ法律事務所
http://www.adire.jp/yamikin/
 
 

経営者は暴力団だけではありません

ところでこのヤミ金は、そのイメージからか、暴力団が関わっていると考えられることもあるようです。しかし実際には、一般人の経営も多いです。
 
暴力団は警察への対策ができているため、そう無茶な取り立てを行うことは実は少なく、家や職場にまで取り立てに来るのは、意外と一般人の経営者であることが多いのです。ですから、一般人の経営だから大丈夫ということはありません。
 
(参考)暴力団対策法で禁止されている行為の一覧-警視庁
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no2/wide/kinsi_koui.htm
 
いずれにしてもヤミ金は、存在そのものが違法ですから、もし家に来た場合は、警察に通報すると逮捕してもらえます。
 
特に債務整理後などでお金がない時はつい利用したくなりますが、利用すると面倒なことになりますので、絶対利用してはいけません。
>>無職にお金を貸してくれるのは闇金~例外は専業主婦と学生だけ

 

コラム

借金は上手に借入をすればデメリットは皆無。所詮は住宅も車も借金で買ってる


簡単に借金をする人はどういった考え方をしているのか

世間にはお金を借りることをあまりよく思っていない人が少なくありません。
 
たとえば、クレジットカードは持たない主義である、あるいは買い物は必ず現金一括払いで行うという人たちです。こういう人たちは、借金はよくないという倫理観を持っている、あるいは、借金をすることは利息の支払いを含めるとトータルで損なのでしないという考え方を持っているという場合が多いです。
 
そういう人たちから見ると、家や車など、現金一括払いで購入することは難しいものをローンで買うということは理解できても、キャッシングをして旅行に行ったり、ギャンブルをする人たちは理解できないでしょう。
 
関連記事:
>>お年玉や旅行費用…年末年始にお金に困った時に千葉銀行カードローンでお金を借りた
>>滞納した住宅ローンを消費者金融フクホーでお金を借りて返済をした
 
 

いち早く体験することに価値を見いだしている

では、簡単にお金を借りる人たちは、どういった考え方をしているのでしょうか。
 
まず、優先順位として、ほしい物をいち早く入手する、あるいは体験したいサービスを受けることが一位で、それが実現するのであれば、利息を後で払っても構わないという考え方があります。つまり、早く体験することに付加価値を見いだしているので、借金のデメリットは仕方がないと考えているわけです。
 
また、クレジットカードをよく利用する人の場合、購入の利便性を最優先しているという考え方をしています。現金を銀行口座に預けて、そこから手数料込みで振り込むということをするぐらいであれば、カードで買った方が早いということです。
 
 

キャッシングを繰り返す人の考え方

ただ、カードをうまく使いこなしている人だけではなく、カードキャッシングなどを繰り返して、多重債務になっているにもかかわらず、まだお金を借りているという人もいます。
>>借金を借金で返済する自転車操業での返済は危険。まずは返済を一本化する
 
こういう人の特徴ですが、とにかく今の楽しみを最優先するということが挙げられます。つまり、今後、お金が入るかどうかはわからないが、今、カードを持っていてお金を借りられる、あるいはショッピングが出来るので、とにかく使って楽しもうという考え方なのです。
 
こういう人には、親や配偶者など、借金の尻ぬぐいをする人がいるケースも多く、その場合は考え方は変わりません。

 

コラム

住民税の滞納で銀行預金や不動産の差し押さえる?キャッシングしてまで延滞したお金を払うのは得策?


住民税を滞納してしまうケース

住民税は国ではなく都道府県や市町村に支払う税金です。そこに住んでいれば支払わなければなりませんが、実際には支払えなくなる人もいます。
 
例えば、働いている会社が倒産して収入がなくなると、支払えなくなります。住民税は前年の収入で金額が決まりますから、今年は全く収入がなくても、去年にたくさん稼いでいれば税額も大きいままです。去年と同じくらいの住民税を支払わなければならないとなると非常に大変なことでしょう。
 
倒産して収入がなくなってしまうほどひどい状態ではなかったとしても、収入が減少してしまうこともあります。その場合でも住民税は昨年の収入で決まりますから、税額は変わらないのです。
 
入ってくるお金は少なくなっても出て行くお金は少なくならないという状況になると、誰でも滞納してしまう可能性があります。未来のことは誰にも想像できないことなのですから、このようなリスクは誰もが抱えています。
 
ただ、このような理由で滞納する人もいますが、そうではない人もいます。最初から支払う気のない人もいるわけです。このような人に対しては厳しい対応が取られますが、どうしても支払えない人ならなんとかしてくれることもあります。
 
 

もしも滞納を続けたらどうなるのか

住民税を滞納すると、法律に基づいた手続きがなされます。住民税は地方税法という法律によって定められている税金ですから、法律に基づいて手続きが行われることになります。
 
納付期限を過ぎると、まず督促状が届きます。督促状が届いてから10日以内に支払わなかった場合には、法的には差し押さえができる状態になります。督促状は、未納の状態になってから20日で送付されてくることが多いです。ですから、未納の状態になってから、最短で1ヶ月くらいで差し押さえになる可能性があるわけです。
 
ただ、多くの場合にはすぐに差し押さえられるのではなくて、督促が何度か行われます。いつ差し押さえられるのかは、これは分かりません。というのも、法的には差し押さえをしてよいという状態になるだけで、実際に差し押さえをするのかどうかは、自治体の判断に委ねられているからです。
 
差し押さえの対称となるのは不動産などの資産などもありますが、実際に差し押さえやすい銀行預金などから差し押さえられることが多いようです。そうなると大変ですから、なんとかして納税するべきなのですが、そのために借金をするほどのことまでは言えません。というのも解決方法があるからです。
 
 

差し押さえられないようにするためには

お金を借りることまでして税金を納めるべきかどうかというと、そうではありません。
 
まず大事なことは、役所に行くことです。役所に行って、税金を納める意思があるということを伝えられれば、差し押さえられることはないでしょう。税金を納めたいけれども、どうしても収められないから待って欲しいというように相談をすれば、相手も鬼ではありませんからなんとか応じてくれることがあります。
>>滞納して延滞税のかかった税金をキャッシングで借りて払うのは得か
 
具体的には分割払いで少額ずつ納めることを勧められることが多いです。毎月少しずつ支払っていくようにできれば生活への負担も小さいでしょう。このように相談には応じてくれますが、手続きはやや面倒ですし、時間もかかります。
 
ですから、ただ単に一時的にお金がないだけで、来月には収入が発生するという状態であれば、その間だけ借りるのは良い方法です。例えば、カードローンやキャッシングなどを利用すれば、数万円くらいの金額ならすぐに借りることができます。
 
もちろん、ブラックリストにのっている人などの場合は無理ですが、まじめに働いてきた人ならカードローンやキャッシングの審査には通るでしょう。返す当てがあるのなら、借金をするという選択肢もあります。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる

 

コラム

NHK受信料の断わり方~場合によっては受信料の支払を免除されることもある


お金を借りる前に無駄な出費を抑える

生活費が少し足りなくて困ったときに、借金をすることで解決しようと考えるのは自然なことです。どうしても困ったときに、キャッシングやカードローンなどに手を出してしまう人もいます。それが悪いわけではありませんし、便利なサービスですから、利用しなければならない状態なら利用するべきでしょう。
>>生活費がバイトでは厳しい…三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックで急場をしのぐ
 
しかしながら、利用すればもちろん利息という無駄な費用を支払わなければならないのですから、利用しなくて良いのなら利用しない方が良いに決まっています。
 
どうしても生活費が足りないという状況になってお金を借りてしまうその前に、生活費を見直すことは必要なことの一つだといえるでしょう。そのために何をするのかというと、無駄な支出を減らすことが大事です。
 
例えば、NHKの受信料をカットできれば、いくらかは家計が助かるのではないでしょうか。
 
NHKを見る人なら支払うべきですが、見ないのに支払わなければならないというのは、どうも理不尽に感じてしまうものです。実際には支払わなくて良い人もいますし、支払っていない人もいます。放送法という法律で支払の義務について定められていますから、これについて理解しておくべきでしょう。
 
 

受信料を支払わなくて良い世帯とは

受信料は世帯ごとにかかってきます。一つの世帯に何人住んでいたとしても、あるいは何台テレビがあったとしても1台分として支払うのが現在の状態です。
 
しかし、支払わなくて良い世帯というものもあります。まず、受信料の支払いは国民の義務ではないという点に注意が必要です。全員が支払わなくてはならないものではないのです。
 
では、どのような人が支払わなければならないのかというと、これは放送法に定められていて、「NHKの放送を受信することのできる受信機を設置した者は、NHKと契約を結ばなければならない」となっています。契約を結ぶということは、つまりお金を払うということです。
 
受信機というのは、その代表的なものがテレビです。ですから、テレビでNHKが映れば支払わなければなりません。
 
では、ただテレビを持っているだけで、映らない状態ならどうなのかというと、これは支払う必要はないのです。例えば、アンテナを引いていなくて映らない状態であったり、テレビが壊れていてNHKが映らない状態であったりすれば支払う必要はありません。
 
また、テレビだけではなくて、他の機器でテレビの機能があるのなら、支払わなければなりません。
 
 

受信料の免除規定について

テレビがあれば原則として受信料というお金を支払わなければならないのですが、免除規定というものもあります。受信料の全額、あるいは半額が免除される条件というものも定められているのです。
 
全額免除になる条件が、生活保護世帯や身体障害者、知的障害者、精神障害者でかつ市町村民税非課税の世帯、社会福祉施設入居者などです。これらの世帯は、一切支払う必要はありません。また、視覚障害者や身体障害者の1級、2級など、幾つかの条件をみたす場合には、半額が免除されます。
 
つまり、生活が苦しいということや、あるいは所得が低いということだけでは、免除要件にはならないという点に注意が必要です。
 
市区町村の税金がかからないくらい低所得であるような状態であって、かつ他の条件をみたすような場合にのみ免除されるということです。免除規定の詳細についてはNHKのホームページに記載されていますから参考にしてもらうと良いでしょう。
 
(参考)放送受信料の免除について
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/taikei-henkou.html
 
普通に生活している人が免除されることは非常に難しいというのが現状です。現実的に考えて、免除規定が適用されるように工夫するのは難しいです。ですから、テレビを捨ててしまうくらいのことを考えたほうが現実的です。

 

コラム

携帯ショップの店員の給料はいいの?また、スマホ端末を分割払いを延滞するとリスクある


携帯ショップのアルバイトの給料は?

携帯ショップのアルバイトは、給料が高いことで有名です。
 
大型電気店の販売員なども同じく給料が高いですが、きつくて勉強が必要だという点で共通するものがあります。日払いや週払いに対応している店もあるので、今すぐにお金が必要だという人にも人気があります。
 
タウンワーク、マイナビなどの求人雑誌や求人サイトでは、常に募集がかけられていますが、ここでちょっと注意が必要です。
 
タウンワーク
http://townwork.net/
 
マイナビ
http://baito.mynavi.jp/
 
高時給で人気がある仕事なのに常に募集がかけられているということは、それだけ辞めていく人も多く、人の入れ替わりが激しい仕事だということです。
 
携帯やスマホに詳しい人か、もしくは勉強熱心な人で、接客が好きだという人でなければ続けていくことは難しいでしょう。携帯ショップのアルバイトの時給は、1200円~2000円程度が相場です。当然最初は低めの時給に設定されていて、能力がある人ほど昇給も早くなります。
 
仕事が身につく前に辞めていく人が多いので、最初の時給が低めに設定されていることは当然と言えます。それでもコンビニバイトなどに比べると高い時給が設定されています。ノルマはあるお店とないお店がありますが、ノルマがあるお店のほうが時給は高くなります。
 
 

携帯ショップのアルバイトの仕事内容

仕事内容は、携帯電話の販売と契約がメインですが、機種変更やプランの変更などにも対応します。基本的には店内でお店に来た人に対して営業しますが、店外でマイクを持って営業することもあります。その他掃除や雑用などの仕事もこなさなければなりません。
 
携帯ショップの仕事の大変なところは、とにかく覚えることが多いということです。携帯電話というのは日々新しい機種が登場しており、技術も進歩していますので、常に新しい知識を吸収し続けなければなりません。また、携帯会社のプランやサービス内容も頻繁に変わります。
 
普通にスマホを使っているような人では、一人前になるまで半年くらいはかかるでしょう。ドコモ、au、ソフトバンクすべての機種を扱っているお店の場合は、覚えることがさらに増え、求められるレベルも高くなります。
 
あと、意外とクレームが多いのも特徴です。使い方がわからない、携帯のデータが消えた、電波が悪いなど、クレーム内容は様々であり、お店で対応できないようなものも多いので、柔軟に対応できる能力が必要になります。
 
お客様のミスで起こったことでもお店のせいにしてクレームをつけてくるような客もいますが、どんなときでも笑顔で対応しなければなりません。
 
 

携帯機種代金の滞納でブラックリストに載る?

スマホは高額で、10万円を超える機種もあるので、多くの人は分割払いで購入します。
 
この分割払いはローンなのですが、携帯料金と一緒に請求されてくるため、借金であるということに気がつかない人も多いです。当然、ローンなので延滞すると信用情報に傷がつきます。
 
CICではたった一回の延滞でも記録が残るようになっており、毎月の支払い状況は24か月分記録されています。クレジットカードなどの支払いでは、一回延滞をしてしまっても、その後24ヵ月正常な支払いを続ければ、延滞記録は押し出されて消えることになります。
 
しかし、携帯本体の分割払いは24ヵ月払いであることが多いので、一度でも延滞してしまうとその記録が完済した時点からおよそ5年間残ってしまいます。
 
さらに、延滞が3ヶ月以上続くといわゆるブラックリストに載ってしまいます。JICCでは延滞をしても延滞解消から1年で情報が消えますが、CICでは完済から5年は残ります。ほとんどの金融機関ではJICCだけでなくCICにも加盟しているので、5年は影響すると見ておいたほうがいいでしょう。
 
普段お金を借りることがない人は信用情報を甘く見ていることが多いですが、自動車ローンやマイホームを購入するときの住宅ローンの審査に申し込む時になってから後悔する人もいるので、気をつけておきましょう。
>>カードローンの審査に落ちる人は住宅ローンの審査にも落ちるのか

 

コラム

キャバ嬢は稼げる?キャバクラの給料の仕組みは?


キャバクラの仕事内容は?

キャバクラで働く人のことをキャバ嬢と言いますが、女性の仕事で給料の高い仕事と言われて一番に思い浮かぶのがキャバ嬢かもしれません。
 
20代の若い女性が多く、大学生で学業と両立しながら働いている人もいます。その目的は、夢のためにお金を貯めたい人、借金があるのでそれを返すために時給の良い仕事を選ぶ人、接客が好きな人、お酒が好きな人など、様々です。
 
キャバ嬢も立派な仕事ですが、世間一般的にはあまりイメージの良い仕事とは言えません。以前、アナウンサーが学生時代にキャバクラでバイトをしていたことがバレて内定を取り消された事件がありました。最終的には裁判で勝訴して、無事にテレビ局に入社できましたが、夜の仕事をしていた経歴がプラスに働くことはあまりありません。
 
仕事内容は、お客様と会話をしてお酒を出すことがメインです。その他に、テーブルの片付けや掃除などの雑用をやることもあります。
 
世の中にはいろんな人がいますが、お酒が入るとさらに面倒な人も出てきますので、なかなか大変なお仕事です。コミュニケーション能力、気配りなど様々な能力が身に付きますので、確実に人間力が上がります。毎日仕事をしていると一年で千人以上の人と接することになりますので、これだけの人と相手が気持ちよくなるように接し続けるのは大変です。
 
 

キャバ嬢の給料はどうなっている?

キャバ嬢の給料にはいくつかのパターンがあります。大きく分けると、時給が完全に固定されているパターンと、指名数に応じて時給が上がっていくパターンがあります。
 
前者の場合は、例えば時給が2500円なら完全にその時給に固定されています。それではどうやって稼ぐのかというと、指名料、同伴料、ボトル・ドリンクなどの売上の一部がバックされるようになっています。
 
後者の場合は、指名の数に応じて時給が変化します。例えば、指名がゼロだと時給2500円、指名が10人を超えると時給3400円と上昇していき、指名が50人を超えると時給5000円となるといった具合です。
 
この場合でもさらに売上の一部がバックされるようになっており、お客をたくさん取れる人ほどたくさん稼げるようになっています。指名の数で自給が決まるシステムの他に、売上の金額に応じて時給がスライドしていくシステムになっているところもあります。
 
都会か田舎かでも時給は大きく変わってきます。田舎のキャバクラだと時給1500円~3000円、都会では時給2000円~5000円程度が相場です。
 
また、セクシーキャバクラといって、おさわりができるキャバクラは、時給がさらに高くなっていますが、通常のキャバクラとは完全に別物と思っておいたほうがいいでしょう。
 
 

キャバ嬢にはリスクもある

以上で見てきたように、キャバ嬢は通常のバイトに比べるとはるかに高い給料を稼ぐことができます。しかし、リスクもあります。
 
キャバクラの勧誘では「ノルマ一切なし」と謳っていることがありますが、実際には高い給料をもらっているわけですから、お客を取れないとお店からプレッシャーをかけられます。お客が取れないと、営業の電話やメールをするように言われたり、説教をされたり、実際には暗黙のノルマがあることを忘れてはいけません。
 
また、キャバクラはそういうお店ではないのですが、ボディタッチをされたり、キスをされたり、セクハラをされることも多いです。お店側も売上が大切なので、見て見ぬフリをするのが現実です。特に大金を落としてくれるお客さんにはなにをされても強く言えません。
 
また、お客さんをいい気持ちにさせるために接していると、お客さんが勘違いをして、ストーカー化してしまうこともあります。
 
キャバ嬢は給料が良い半面、とてもお金のかかる仕事でもあります。外見がとても重要ですので、ドレスやヘアメイク代などでとてもお金がかかります。中には高い給料をもらっているのに業者からお金を借りる人もいます。
 
最後に、不規則な生活リズムやお酒のせいで体調不良になってしまうリスクがあることも忘れてはいけません。メリットだけを見ず、デメリットがあることも覚悟して臨みましょう。

 

コラム

キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる


キャッシング審査の基本

消費者金融や銀行などの審査に落ちてしまったことがある方は、日本中に数多くいるはずです。自分がどうして審査を通過することが出来なかったのかを知る術はありません。しかし、自分の過去や現在の状況を探ることで原因がある程度分かる可能性があります。
 
まず確認しておきたいのが、「総量規制」です。総量規制とは、「年収の3分の1までしか借り入れをすることが出来ない」という法律によって定められている物です。
 
そのため、1つの金融機関からの借り入れだけではなく、全ての金融機関からの金額が3分の1以上になってしまうと、それ以上の借り入れが出来なくなってしまいます。しかし、銀行だと総量規制の対象外になりますので、年収の3分の1以上の借り入れが出来ます。だからといって、他からの借り入れが多いと融資を受けられる可能性は低くなります。
 
総量規制が問題で審査を通過できないという方もいるので、一度自分の借金状況を確認してみることも大切です。
 
もう一つは、過去の返済履歴に「事故情報」がないかどうかです。
 
過去に借金をしていた方で、返済の遅延などの金融事故を起こした方もお金を借りることが厳しくなってしまいます。心当たりがあり現在も借入を行っている方は、返済日を守り、しっかりと返済しているという事実を積み上げていく必要があります。
 
このように、総量規制と事故情報はある程度自分で把握することが出来るので、改善をすることで審査を通過できる可能性を高めることが出来ます。

 

タグ :

コラム 基本 審査