即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

マイカーローンの支払を減額するコツは、ボーナス等で追加返済をして利息を軽減する


スポンサーリンク

自動車ローンは早く返済するほどお得

自動車ローンはキャッシングと同じく、日数単位で利息が発生しています。
 
早く返すほど利息を節約できるので、契約時に極力短期で完済するプランを立てたいものです。完済まで2年と3年では、利息に1.5倍も差が生じてくるのです。借入期間を長くして月の負担を軽減したほうが楽ですが、利息を節約するなら借入期間は短いほどいいです。
 
ただし、借入期間を短く設定することにはリスクも伴います。月の負担額が増えてしまうので、生活を圧迫する可能性があるのです。月に3万円ずつ返すよりも、5万円ずつ返したほうが完済まで早くなりますが、お金の工面が大変になるでしょう。
 
そこで、月の負担額をなるべく少なくした上で、お金に余裕があるときまとめて返して元金を減らす方法を併用しましょう。
 
ボーナス払いに関しては、無理に設定しないほうがいいです。組み込んだほうが借入期間を短くして利息を節約できますが、ボーナスは確実に出るとは限りません。会社の利益に応じて支給されるので、赤字運営だと支給されないケースもあるわけです。
 
ボーナス払いを組み込む場合は、ある程度貯金に余裕を持たせておく必要があります。いずれにしても、貯金残高がない状態でローンを組むのは避けましょう。
 
 

まとめて返して利息を減らすコツとは

自動車ローンをまとめて返済するコツは、繰り上げ返済を利用することです。
 
基本は月に1回ずつ返していきますが、それ以外にも貯金やボーナスを活用して追加で一部・全額を返していくのです。予定よりもローン完済を早めることができ、利息を減らすことが可能となります。ボーナス払いと似ていますが、任意で返せる点に違いがあります。
 
お金に余裕があるとき、無理をしない範囲で返せばいいのです。義務ではないので、金銭的に余裕がなければ月1回ずつ返していけばいいです。自動車ローンの借入額は、キャッシングやカードローンよりも高額になるはずです。
 
新車を購入するとなると、200万円以上の借入は当たり前です。
 
将来的な利息を抑えるためには、借りる金額を抑える工夫も必要です。収入に見合ったクルマを選ぶこと、頭金を多めに用意して借入を圧縮することなどが大切となります。頭金の用意は必須ではありませんが、用意することで審査に通過しやすくなります。
 
ローンは借入額が少ないほど、審査で有利になるからです。頭金の目安は車両価格の2~3割程度であり、200万円のクルマならば40万円~60万円程度となります。60万円の頭金を用意した場合は、借入額は140万円ですむわけです。
 
 

貯金とボーナスで追加返済をしよう

自動車ローンをまとめて返済するには、貯金とボーナスが鍵となります。ボーナスが出たら、臨時収入として一部を返済に充てるといいでしょう。
 
また、自動車ローンを返しながら貯金をコツコツと積み立てていき、ある程度貯まったら一部を返済に充てるのもいいです。貯金が少ない場合は、無理に追加で返す必要はありません。貯金をゼロにして早期完済を目指すべきだという方もいますが、貯金がない状態は好ましくありません。
 
困ったときに安易にローンに頼るという考えは避けましょう。自動車ローンも含めて、ローンは必ずしもお金に余裕がない方が利用するものではありません。ある程度貯金がある方でも、貯金額を維持するためにローンを利用するケースは多いです。
 
貯金は年収の半分程度確保しておくのが好ましいので、リスク管理としてローンを活用するわけです。将来の利息を抑えるには、より低金利の自動車ローンに乗り換える方法もあります。
 
毎月コツコツと返していくと残高が減っていくので、ローンの審査に通過しやすくなります。残額が100万円程度になれば、他社ローンの審査にも通過しやすくなるため、より低金利の銀行ローンに乗り換えるのもおすすめです。
>>おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?



スポンサーリンク

 

基本 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧