即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

新車購入と残価設定型クレジットは、どっちがお得?残クレとは何?


残価設定型の自動車ローンは近年登場した新しいローンのプラン

近年、自動車のテレビCMや新聞広告などで「残クレ」と呼ばれる言葉をしばしば目にします。この残クレとは「残価設定型クレジット」の略で、自動車ローン会社が近年特に力を入れて展開しているローンのプランです。
 
残価設定型の自動車ローンは、一定の回数で分割して代金を支払う仕組みとなっている点は通常の自動車ローンと一緒です。
 
しかし、通常のローンは車の購入価格全額を契約時に設定した回数で分割して支払うのに対し、残価設定型では購入価格から契約時に設定した残価を差し引いた金額を設定した回数で分割払いします。ここでいう残価とは、ローンの支払いが始まってから3~5年程度経過した時点における購入車の想定下取り価格を指しています。
 

 
残価設定型の自動車ローンを組んだ場合は、支払期間が満了する際に残価の清算方法を決めなければなりません。
 
選択できる清算方法は3つあります。
 
1つ目は新車への買い換えで、車の下取り価格がそのまま残価の支払いにあてられます。2つ目は車の返却で、売却価格で残価が全てなくなります。3つ目は車の買い取りで、残価分を一括で支払うか、新たにローン契約を結んで残価を分割払いするかのどちらかを選択することができます。
 
 

残価設定型自動車ローンを利用する場合の主なメリット

残価を設定するタイプの自動車ローンの仕組みにどのようなメリットがあるのかというと、まず挙げられるのは、毎回の支払金額を安く抑えることができることです。
 
残価を設定すると、その分だけローンの支払総額が抑えられるため、同じ分割回数であれば、通常のローンより1回あたりに支払う金額が少なくなります。
 
契約した時点で将来の車の買取額が保証されるのも大きなメリットです。車の購入から3~5年が経過した時点における車の下取り価格が、残価を設定した時点で想定した下取り価格より安くなっていたとしても、車を買い換える場合は残価相当額で買い取られ、再クレジットを組む場合は残価がそのまま元金になります。
 
このタイプのローンは、販売店で購入手続きを行う際に申し込む仕組みがとられています。そのため、他のローンと比較すると面倒な点が少ないです。もし、申し込み手続きで分からない点が出ても、販売店の担当者が説明してくれるので、安心して手続きをすすめることができます。
 
また、カーローン会社によっては、ローンの支払い期間中の定期点検費用や車検費用、パーツの修理費用などのサービスが追加されているプランを選択できるようになっていることがあるので、ローンを組む際にはサービス内容は必ず確認しておきましょう。
 
 

残価設定型自動車ローンにはどんなデメリットがあるのか

自動車ユーザーにとってはメリットが大きい残価設定可能なタイプの自動車ローンですが、その一方でデメリットもあります。
 
まず、このタイプの自動車ローンは、金融機関のカーローンなどと比較すると、最終的に支払うことになる金額が高くなる可能性があります。ローン終了後に車の買い取りを選択した場合は、残価だけでなくその利息分も支払わなければなりません。また、再クレジットを組んだ場合は、その支払い時に新たに適用された金利に基づいて利息を支払う必要があります。
 
車の使用に制約が多い点もデメリットといえます。車の買取保証がついているプランでは、設定された条件を守って使用しなければ買い取られない仕組みになっています。
 
例えば、事故に遭遇して修理してもらった場合や、レースで使用した場合、違法改造をした場合、走行距離が契約時に設定した距離を上回っていた場合は、保証の適用から外れてしまうので注意が必要です。
 
カスタマイズについても一定の範囲内では可能ですが、車を返す場合は必ず純正品が装着された状態に戻しておかなければなりません。ローンを組んで購入した車は、購入者に使用権はあるものの、所有権はローン会社側にあるので、車の使用はローン会社側の要望通りに行う必要があります。



スポンサーリンク

 

基本 自動車ローン

この記事に関連する記事一覧