即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

クレジットカードはカードローンに比べると未成年でも70歳以上でも使える?


スポンサーリンク

お金の借り入れには年齢制限設定がある

現在では様々な形でお金を借り入れすることができるようになっていますが、もっとも身近なものとしてはカードローンやクレジットカードといったような存在が挙げられます。
 
カードローンは基本的に使途が自由な消費目的融資である、クレジットカードは商品やサービスを購入するのに必要な費用を一時的に立て替えてもらう使途が限定された融資であるというような違いはありますが、どちらも利用したことがないというような人はそこまで多くないでしょう。
 
こうしたものはそれがどのような形であれ借金であるわけですから、利用に際してはさまざまな条件が設定されることになります。
 
その条件の中でも特に重要なものが年齢制限設定です。例えば未成年者は法的に有効な契約を結べないという制限が民法によって課せられていますから、どちらも親権者の同意などなしに利用することは困難です。
 
また上限も定められていますから、65歳以上など一定の年齢になったという人に関しては新たに契約をすることが難しいというようなこともあるのです。
 
どちらの方法でお金を借りるにしろ、そうした制限は知らなくてはならないわけですから必ず事前に確認するようにしましょう。
 
 

カードローンの年齢制限設定

しかしここで注意をしたいのが、どちらも借金であるということは同一であるものの使途など細かなところでは違いがあるということです。
 
違いがある以上は同一の条件で利用を認めるということにはなりませんから、その違いは心得ておかなくてはなりません。特に注意をしたいのがカードローンの場合です。
 
カードローンは消費者に対する使途が自由な消費目的融資であるわけですから、かなり柔軟に利用することが出来てしまいます。柔軟な利用ができるというのはカードローンの強みですが、それによって借りすぎになってしまう可能性が高くなるのです。
 
つまりカードローン融資はリスキーなものということになりますから、年齢制限設定、特に上の年齢制限が厳格に定められています。
 
銀行系業者の場合は65歳が上限とされるケースが多くなっていますし、貸金業者でも69歳が上限となるケースがほとんどです。定年退職後などに利用しようと思っても、カードローンに関してはすでにそうした年齢になってしまっているのでは契約できないというケースが多くなってくるわけですから、カードローンは早めに利用しておくことがベターだということになります。
 
いつでも誰でも利用できるものではないとして理解をしておきましょう。
 
 

クレジットカードの年齢制限設定

ではこれに対してクレジットカードの場合はどうなのかと言うと、カードローンに比べると年齢制限は緩やかに設定される傾向があります。
 
上限年齢が無いというわけではないのですが、業者によっては70歳を超えた人であっても収入がしっかり存在しているなどの条件がそろっていれば利用を許可するという業者が多いのです。
 
これは何故かというと、クレジットカードの使途が限定されているということが根拠になっています。例えば海外旅行など日本円が使えない環境で必要になるのはお金を借りる方法よりも「決済をする手段」ということになります。
 
この点では店頭で提示をするだけで決済の代行をしてもらえるクレジットカードが非常に有利ということになりますから、年齢が高くとも利用をする価値があります。この「決済」というキーワードはここまでに述べた二つの方法の中でも特に大きな違いです。
 
お金を借りる必要はないが決済を代行してくれる存在は必要だというケースは案外多く、お金を借りるよりもそうした手段を求めているというのであれば借りすぎに至るケースは少ないと言えます。
 
換金性、それを利用していることでお金を手に入れるという方法も限られていますから、高齢者になってからでもクレジットカードは契約できる可能性があります。



スポンサーリンク

 

基本 クレジットカード コラム

この記事に関連する記事一覧