即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

カードローンの審査に落ちる人は住宅ローンの審査にも落ちるのか


スポンサーリンク

原因を究明しないと同じ結果になることはありえます

カードローン審査は、申込者の返済能力や人間的な信用度を見るものです。
 
簡単に言うと、「この人ならお金を貸してもきちんと返済してくれる」と金融機関が判断すれば、審査に通ります。あなたがなぜカードローン審査に落ちたのかはわかりませんが、信頼するに足りる理由がなかった以上、そのままでは住宅ローン審査にも落ちるという可能性は十分にあります。
 
住宅ローンは、数あるローンの中でも大口ローンに位置づけられるもので、高額な資金をおよそ30年もの長い期間借入するものですから、当然審査は厳しくなります。とはいっても、カードローン審査と住宅ローンでは見るポイントが微妙に異なっていますので、一概には言えません。
 
住宅ローンでは、カードローン審査では見ないポイント、例えば、住宅の担保評価額や健康状態、税金の滞納などのポイントも重要となります。
 
大切なことは、カードローン審査に落ちたら、なぜ自分が審査に落ちたのかという原因をつきとめて、そこを改善することです。カードローン審査に落ちたときとなにも変わっていない状態で住宅ローンに申し込みをすれば、同じ原因で落ちるかもしれませんし、仮に通ったとしても、金利や借り入れできる限度額に影響する可能性もあります。
 
 

カードローン審査に落ちた心当たりはありませんか?

カードローン審査では、健康状態や税金の滞納、担保の評価額などは見られませんが、それ以外のポイントでは住宅ローン審査と共通する部分も多いです。年収、勤務形態、勤続年数、何社からいくらの借金があるか、個人信用情報などのポイントは共通して重視されます。
 
これらのポイントで心当たりはないでしょうか。例えば、転職したばかりで勤続年数が足りなかったことが理由で落ちたのであれば、それから年月が経過していて、現在は十分な勤続年数があるのなら心配はいらないでしょう。
 
現在ではキャリアアップのための転職はあたりまえになっているので、転職して収入がアップしたとか職業に連続性があるのなら前職の勤続年数も考慮される場合があります。
 
他社からの借入がたくさんあったのなら、それらの借金を完済することを優先させたほうがいいかもしれません。他に自動車ローンなどの借金があっても、毎月の借金の返済額に対して十分な収入があるのなら問題ない場合もありますが、やはり借金は少なければ少ないほど有利になります。
 
関連記事:
おまとめローンはよく金利等を考慮しなと、借金総額は増えることになる?
 
特に消費者金融からの借金などは銀行からのイメージも悪いこともありますので、優先的に完済させて、解約してしまうことがお勧めです。
 
 

住宅ローン審査に落ちる理由として多いのは?

カードローン審査に落ちた理由として、最も注意すべきなのが個人信用情報でしょう。
 
個人信用情報についた傷は、一定の期間が経過するまではどうあっても消えませんので、一度傷がついてしまったら努力ではどうにもなりません。過去にクレジットカードやローンの支払いで延滞をしたことがないという人も、念のためにCIC、JICCなどの個人信用情報機関に情報開示請求をしてみるといいでしょう。
 
携帯電話の延滞など、意外な理由で信用情報に傷がついている可能性もあります。
 
携帯電話の延滞は、基本的には信用情報に傷はつきませんが、電話料金の中に携帯本体の分割払いローンが含まれている場合には延滞すると信用情報に延滞記録が残ってしまいます。信用情報に傷がついている場合には、延滞の場合には完済してからおよそ5年経つまでは消えません。
 
例外的に、毎月の支払い状況は24か月分しか保存されていないので、クレジットカードの支払いなどで一度延滞をしてしまっても、その後24ヶ月間健全な支払いを続ければ延滞の記録は押し出して消すことができます。
 
ただしこの方法は24ヵ月払いのローンなどでは使えません。携帯本体の分割払いローンは24ヵ月払いであることが多いので、1回でも延滞したら最大7年は不利な情報が残ります



スポンサードリンク


 

基本 住宅ローン 基本 審査

この記事に関連する記事一覧