即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

国民年金保険料を滞納すると厄介なので、キャッシングでお金を借りて支払うことも考えた方がいい


スポンサーリンク

なぜ国民年金への加入は義務になっているのか

日本には公的な年金制度として国民年金の制度があります。日本に国籍を持っている人は等しく、この国民年金への加入が義務付けられていますが、その理由は国民年金法第88条によって年金保険料の納付が義務付けられているためです。
 
国民はこの年金保険料を納付する代わりとして老後に年金を受け取ることができ、万が一、病気や事故などで身体に障害を持った場合には障害基礎年金、家族が死亡してしまったときには遺族年金を受け取ることができます。
 
年金保険料の納付を行っていないという人は近年、増加傾向にありますが、そのような人の場合、年金の支給を受けたり行政サービスを受けたいというときに適切なサービスの提供を受けられなくなってしまいます。
 
 

年金保険料を納付しないとどうなるのか

前述したように年金保険料の納付は国民の義務となっているため、長い期間、保険料の納付が行われない状態が継続した場合、年金機構によって委託された債権会社から納付を求める電話や督促状が送られてくることになります。
 
年金保険料の納付に関しては未納期間が2年を経過してしまうと、それ以降はさかのぼって未納分を納付することができなくなるので将来受け取れる年金の金額が減らされてしまうことになります。
 
また、度重なる督促を受けてもなお、年金保険料の未納の状況が続いた場合、預金口座の凍結といった重い措置が取られてしまうこともあります。
 
 

国民年金保険料が納付できないというときには

経済的事情から年金保険料を納付することが困難だという場合には、納付の猶予や納付の免除などの措置を受けることが可能になっています。ただし、これらの措置を受けるためには自分で所定の手続きを行う必要があり、手続きを行わなかったときには猶予や免除などの措置を受けることはできません。
 
また、納付の猶予や免除の手続きを行わないまま、年金保険料の納付が依然として行われない場合、最終的な警告として特別督促が送付されます。この段階まで事態が進んでしまうと預金口座の凍結といった措置が下されてしまう可能性が高いので、年金保険料を納付するための一時的な手段としてカードローンやキャッシングなどでお金を借りることも検討した方がいいでしょう。



スポンサードリンク


 

コラム

この記事に関連する記事一覧