即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

未婚者と既婚者がキャッシングする場合、どっちがキャッシングの審査に通り易いの?


スポンサーリンク

結婚しているとなぜキャッシングの審査で有利になるのか?

既婚者は未婚者と比べて、自由になるお金が少ないものです。収入は家族のために使う必要があるので、自分の消費だけには使えません。それゆえ、審査では不利になりそうに思えるでしょうが、実際はまったくの逆なのです。
 
貸金業者は未婚者よりも、既婚者を高く評価しています。家族を養えるだけの安定収入があることも大きな理由でしょう。
 
キャッシングの利用者の年齢層を見ても30代~40代が多くなっており、生活費の不足を補うために借りていることがうかがえます。専業主婦がお金を借りられる理由も、配偶者が安定収入を得ているからです。結婚をしている方は、お金を借りる上で有利なのです。
 
 

未婚だとキャッシングの利用は難しい?

既婚者と比べると、未婚者のほうが審査で不利になるのは確かです。
 
しかし、キャッシングの多くは20歳以上で安定収入があることが借りるための原則です。この条件を満たしていれば、借りる条件はクリアしています。実際に学生ローンも存在し、未婚の学生に融資しているでしょう。
>>学生でもアルバイトの収入があればキャッシングでお金は借りれる
 
大切なのはスコアリングの総合点数であり、他の条件が好ましければ融資を受けることができます。安定性のある職業に就いており、年収が高くて勤続年数が長ければ高評価されます。
 
収入が少なくても希望額を抑えれば借りられる可能性は高いですし、過去にローン利用経験があって延滞していない方も高評価されます。
 
 

審査基準が緩いとされる業者を狙う

お金を借りることは、本来簡単なことではありません。
 
金融機関としては無担保で融資するわけですから、少なからず回収不能になるリスクはあります。貸付する金額に対して、最後まで返済できる能力を有する方を選ぶのです。数回返済をしてその後は入金がない状態では、金融機関は倒産してしまうでしょう。
 
金融機関の中で審査に通過しやすいとされるのは消費者金融です。
>>中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?
 
ただし、あくまでその傾向があるという話であり、消費者金融で落とされて銀行で借りられるという話は普通にあります。借りやすい業者に申し込むよりも、借りる金額を抑える対策のほうが効果的です。



スポンサードリンク


 

基本 審査

この記事に関連する記事一覧