即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

自営業や個人事業主のキャッシング審査は通らない?収入が安定していれば簡単に審査に可決する?


スポンサーリンク

自営業はなぜ不利になるのか

キャッシングでは、担保や保証人をつけないのが普通ですから、万が一債権を回収できなくなった時のことも考えます。
 
利用者が返済不能になった場合には、所有財産や給与口座を差し押さえることになりますが、返済不能な人が財産を所持していることは期待できません。そのため、給与口座を差し押さえることになりますが、自営業の人は毎月決まったお金が振り込まれるわけではありませんから、債権が回収できないリスクが高くなります。
 
そのため、自営業の人は給与所得者に比べるとキャッシング審査では不利になり、借りることができるのは限度額10万円~30万円程度の少額になってしまいます。もちろん、高い収入がある場合には職業の不利を挽回できるケースもあります。
 
 

最近では審査は柔軟になってきている

キャッシング業界もサービス競争時代に突入しており、対象を自営業にまで広げている金融機関も多く存在します。

人気あるビジネスローン

・ビジネクスト(アイフル)
・ビジネスサポートカードローン(アコム)
・プロミス自営者カードローン
・シンキ「オーナーズセレクトカード」
・オリックスクレジット「ORIX CLUB CARD」
・セゾンファンデックス「事業コース」
・アイフル「事業サポートプラン」
・オリコ「CREST for Biz」
・セゾンファンデックス「事業コース」
 
特に消費者金融はノウハウが豊富なので、リスクの高い人とそうでない人を見分けることができ、職業に関わらず、安定した収入さえあればお金を借りられることができるようになっています。
 
銀行カードローンでも消費者金融が保証会社になっているケースが多く、その場合には柔軟な審査がされることになります。
 
ただし、数百万円という高額なお金を借りる場合には、土地や建物を担保にする有担保ローンでないと審査に通ることは厳しくなります。担保があれば、債権回収のリスクは軽減されるので、審査に通りやすくなります。
 
 

仕事を掛け持ちしている場合

アルバイトや派遣、正社員で働きながら、副業として収入を得ていて、将来独立を考えている人もいます。
 
もしも正社員や派遣で働いているなら、断然そちらの勤務先を申告したほうが有利になります。アルバイトの場合でも、店舗を持たない個人事業主よりは決まった勤務先を書けるアルバイトで申告したほうが有利になる場合があります。収入や信用度を比較して、有利なほうで申し込みをすると良いでしょう。
 
自営業の人は、年収に上限がないことがメリットであり、高い収入を得ている人も多いので、不利なローンを組むくらいなら、車や住宅などは貯金を貯めて一括で購入するようにしたほうが高い利息を支払わずにすむのでお勧めになります。



スポンサードリンク


 

基本 ビジネスローン

この記事に関連する記事一覧