即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

返済の遅れ~遅延はまだ許されますが、延滞が長く続くと信用情報機関に登録されてブラック扱いとなる


スポンサーリンク

お金を借りる方法について

お金を貸してくれるサービスを行っているのは消費者金融のキャシングや銀行のカードローンがあります。
 
いずれの場合も事前の審査を受けて、十分な収入と信用力があれば契約を結び、その時に設定された融資枠内であれば自由に借り入れを行うことができるというものです。
 
借り入れる方法としては銀行や大手消費者金融であれば自社ATMや提携ATMを通じて行うことができ、またそれ以外にも銀行口座への振込みという形で融資(振込融資)が実行されます。
 
返済は定められた期日までに所定の金額を入金する必要があり、期日までに払えなかった場合には延滞また遅延とみなされます。
 
 

お金を借りた時に支払うべき手数料

お金を借りる時に注意すべきポイントが、借りたお金以外に掛かる手数料(金利・利息)です。借りた以上は、消費者金融のキャシングや銀行のカードローンまたは個人の貸し借りでも金利を設定する必要があります。
 
金利は信用力が低ければ高く設定される傾向にあり、消費者金融は高めで、おおむね初回の借り入れであれば上限利率である年利18%が設定されます。銀行の場合には上限利率は15%前後となっているので、銀行の方が支払う手数料は少なくて済みますが、一定の信用力が必要になります。
 
なお、提携ATMを利用した場合には別途手数料が必要なケースもありますし、銀行口座振込みによる返済であれば、振込み手数料が必要になります。
 
 

返済が遅れた場合のペナルティ

借り入れたお金の返済が遅れた場合にはペナルティを受けることになります。
 
よくある話ではありますが、遅延損害金と言って、TSUTAYAやゲオなどでCDやDVDを借りた時、返済日に遅れることは、誰しも一回は経験はあると思います。その時、びっくりするような延滞金を払ったはず。それが銀行カードローンや消費者金融でもあります。
 
(参考)アコムの遅延損害金は20%

 
遅れている状態を延滞または遅延といいますが、どちらも期日までに所定の金額が返済されなかったことを意味します。言葉の意味としては遅延の場合には、少し遅れている程度というものですが、延滞になると大幅に遅れていることを意味します。
 
遅延そのものはよくあることであり、大きなペナルティは受けませんが、延滞となると信用情報機関に事故情報として登録される場合があります。特に延滞の目安としては61日以上または3ヶ月以上の支払いが遅れているということを示すもので、信用情報機関に登録されると他社からの借り入れや新規の加入が困難になります。



スポンサーリンク

 

基本 返済

この記事に関連する記事一覧