即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

キャッシングでお金を借りる時の審査~絶対に他社借入件数や借入総額等の嘘はダメ


スポンサーリンク

借金をする時にはどんな項目が見られる?

消費者金融の審査では、年収、勤務形態、勤続年数、個人信用情報、他社からの借入状況などが重要ポイントとなります。この中で最も重要になるポイントはどこでしょうか?
 
ここで、前提条件として嘘をついていないということが重要になります。特に多いのが、他社からの借入金額や借入件数を嘘をついて少なめに申告する人です。実は、他社との契約内容については個人信用情報にすべて記載されているので、何社からいくらの借入があって、限度額がいくらなのかなどといった情報は金融機関にはすべて筒抜けとなっています。
 
嘘の申告をする人は信用のできない人物であるとされて、年収などに問題がなくても融資を断られる可能性があります。
 
また、年収については収入証明書を提出しなければ金融機関は把握できませんが、増額審査に申し込む時や、追加融資を受ける時などに、後から収入証明書を提出してくださいと言われる場合があり、そこでバレる可能性もあります。
>>収入証明不要、勤続年数不問でキャッシングできる西日本シティ銀行のカードローン
 
申し込み書類に嘘の情報を記載してお金を借りることはなにかとトラブルにつながりやすいので、必ず正しい情報を記載するようにしましょう。悪質な場合では、詐欺罪などの刑事罰に問われる可能性もあります。
 
 

最も重要になる項目はどれ?

それでは個別に見ていきます。まず、年収ですが、これは返済能力と関係しています。収入がない人にお金を貸しても返ってきませんから、働いていて一定の収入があることは最低条件になります。
 
消費者金融では総量規制がかかり、年収の3分の1を超える貸付は法律的に禁止されているという理由もあります。しかし、高い限度額を借りようと思えば年収は最も重要になるかもしれませんが、ただ審査に通るだけなら年収はそれほど重要ではありません。年収100万円程度でも限度額10万円なら借りられることもあります。
>>キャッシングでお金を借りられない原因は総量規制と金融事故の問題が絡んでる
 
次に、勤務形態ですが、正社員が最も有利で、アルバイトや自営業が不利であることは有名です。しかしこれについても、高い限度額を借りるのでなければ、アルバイトや自営業でも借りられるので、最も重要であるとは言えません。
>>二十歳のOLやアルバイト、学生がお金を借りるにはどこがいい?
 
勤続年数については、あまりに短い人は頻繁に転職をしており、1つの仕事を長く続けられない人なのかもしれないと思われてしまい、不利になります。
 
しかし、最近ではキャリアアップのための転職があたりまえになっていることもあり、最低でも2か月分の給与明細が用意できるだけ働いていれば少額の融資を受けられることもあります。
 
 

消費者金融が一番厳しい目で見るのは?

貸す側の立場になって考えると、一番厳しい目で見られるのがなにかは見えてきます。貸す側が最も警戒しているのは、お金を踏み倒されることです。
 
具体的には、自己破産や夜逃げがあります。夜逃げに関しては、デメリットがあまりに大きいので、する人はほとんどいませんが、自己破産についてはピーク時には年間20万件を超えていました。自己破産をされると合法的に借金を踏み倒されてしまうので、お金を貸す側は最も警戒しています。他社からの借入金額が多い人、借入件数が4件を超えている多重債務者は特に警戒されます
 
また、破産をするまでには至らなくても、借金をきちんと返済しない人は、請求や取立てで余計なコストがかかってしまうので、そういう人にはお金を貸したくないでしょう。
 
過去に延滞をしている人は、延滞グセがある人である可能性が高く、今後も延滞をするものと見て融資には慎重になります。
 
銀行ではたった一回延滞の記録があるだけでも審査に落とされることがあるくらいです。消費者金融では一回や二回なら大目に見てもらえるようですが、何度も繰り返していたり、ブラックリストに載っている人は審査で落とされる可能性が高いです。
>>消費者金融セントラルでお金を借りる~中小消費者金融なので大手に比べると審査は緩い?



スポンサーリンク

 

基本 審査

この記事に関連する記事一覧