即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

カードローンの審査に通らない原因~返済延滞のある人や他社借入件数の多い人


スポンサーリンク

審査落ちたら他社もダメということは無い

カードローンを利用するにあたって審査は避けては通れないものですが、審査は残念ながら全ての人が通過できるわけではありません。
 
そもそもどのような場合でも通過するという保証があるのであれば審査を行う必要はないでしょう。審査に通過した人がいるという背景には必ず審査落ちたという人がいるのです。ここで必ず覚えておきたいのが、審査の基準は業者によってかなり差があるということです。
 
そのため特定のカードローンの審査落ちたというような人であっても、他社で申込をすれば通過できる可能性は十分にあります。
 
とはいえ同時に覚えておきたいのが、カードローンに一度落ちたことがあるというのであれば、その人は常に審査に落ちる可能性がある人だということです。
 
審査基準は業者によってかなりの差があるとは言え、どこかで落ちたことがある以上、他社を受けても落ちる可能性があります。そのため「他社なら通るだろう」として楽観視するのではなく、一度落ちついて自分がなぜ審査落ちたのか、そして次の審査を通過するにはどういったところを改善していけばよいのかということを分析しなくてはなりません。
 
審査の評価ポイントの中には簡単に改善できる部分もありますから、そうしたところを見つけて改善していきましょう。
 
 

審査落ちたという時のチェックポイント

実際に審査に落ちる原因になる情報にはどういったものがあるのかと言うと、まず確認するべきは個人信用情報です。
 
個人信用情報にはそれぞれの消費者がこれまでどのようにお金を借りてきたのかということが記載されていますし、その情報は信用情報機関に加盟している金融機関であれば確認することができます。
 
そして信用情報機関に加盟せずに融資をしているというような金融機関はほぼあり得ないと言って良いため、基本的には間違いなく個人信用情報が確認されるのです。
 
そしてその中に金融事故の履歴、例えば返済の滞納債務整理などの情報が記載されてしまっているのであれば、その人は残念ながらどこを受けてもダメと言われてしまう可能性があります。そうしたことに心当たりがあるのであれば、まずは個人信用情報の開示請求をかけ、該当する情報がいつになれば消えるのかを問い合わせると良いでしょう。
 
また別の確認ポイントとして、現在他社から借り入れているお金にはどういったものがあるかもチェックが必要です。現在借り入れている金額が大きいのであればやはり、どの金融機関でも融資はダメと言われてしまう可能性があります。そのため債務を一本化したり、返済できそうなものは返済するというようにするべきです。
 
 

融資をしてもらいやすいカードローン

こういった点をチェックしていき改善できそうな部分が見つかって改善した、チェックした結果何も問題が無かったというようであれば、次に考えるべきは融資してもらいやすいカードローンについてです。
 
実際のところ審査の基準は非公開となっているものですから「ここなら大丈夫」というようなことは言えないのですが、傾向としてみると経営母体が銀行の銀行系カードローンは審査基準が厳しめに設定されていることが多いものです。
 
過去にこうした銀行系カードローンに申込をして断られたことがあるのであれば、次は消費者金融系の業者を検討してみることが有効です。
 
また過去に消費者金融系業者に申込をしてダメだったというような場合には、融資限度額を引き下げて申込をしてみるなどで対策ができることもあります。融資限度額はそれぞれの人が借入できるお金の上限であり、それが低いということは返済可能性を高めることに繋がります。
 
本当に信用情報に問題が無ければ借り入れを希望する金額を低くして信用を訴えることができるのです。
 
ただ絶対に避けたいのが、申告する内容を偽ることです。勤め先を良いものにしたり収入を多く見せかけるということになると最悪詐欺罪となってしまいますから、そうしたことはしないようにしましょう。



スポンサードリンク


 

基本 審査

この記事に関連する記事一覧