即日融資キャッシング

即日融資のキャッシングで今すぐお金を借りれる?

違法?クレジットカードの現金化を安易に利用するのは愚行


スポンサーリンク

カードローンにはないクレジットカードの特徴

クレジットカードの特徴の一つに、カード会社の加盟店でカードを提示することによって、現金を支払わなくても商品を購入できるというものがあります。
 
これは、加盟店にあるカードを読み取る装置とカード会社の端末がつながっていて、店員にカードを出して機械に読み取らせると、いくらの買い物を何回払いで購入したというデータがカード会社の端末に届き、問題ないのであればカード会社が承認して、現金を立て替えるというシステムがあるので可能なのです。
 
クレジットカードと同じく、審査を受けて発行してもらうカードローン用のカードでは、上記のような使い方は出来ません。
 
たとえば、カードが使えるタクシーに乗って、カードローン用のカードを提示しても、このカードは使えませんと言われてしまいます。なので、結局、カードローンでキャッシングをして、現金で支払うしかありません。
 
最終的に支払えるのであれば、クレジットカードもカードローンも同じように見えるかもしれませんが、クレジットカードの場合、一回、または二回払い、そしてボーナス一括払いであれば無利息という特徴があり、ショッピング目的で利用するのであればキャッシングよりも利便性が高いです。
 
 

カードで商品を購入し、売却したお金で借金返済するのは無謀

しかし、ギャンブルなど、現金しか使えない遊びを楽しむ人で、クレジットカードしか持っていない場合、お金を借りてでも楽しみたいというときは、カードのショッピング機能は使わず、キャッシング機能ばかり使うことになります。
 
こういう人が、キャッシングで使ったお金を返済出来なくなったとき、ショッピング機能で商品を購入して、それを売却して現金化し、手にしたお金を借金返済に充てることがあります。というのは、キャッシングの利用限度額に達してしまうと、使えるのはショッピング機能だけになってしまうからです。
 
しかし、現金化による借金返済は非常に危険なのでやめるようにしましょう。なぜかというと、現金化して借金返済したとしても、すぐにショッピング枠の利用限度額に達してしまい、その時点で返済方法がなくなってしまう上に、カードの債務が膨れあがってしまうからです。
 
それをどうにかしてようと、今度はカードローンに申し込むということを行うと、多重債務になってしまい、借金返済は更に難しくなっていきます。というのは、現金化やカードローンで作ったお金を返済に充てると、表面的には返済出来た上に見えますが、実際は債務は増えているからです。
 
 

現金化で借金返済するのが絶対に無理な理由とは

ショッピング枠で買った商品を売ればお金ができて、それで返せすことが可能になると考えた時点で、通常の収入ではまったく返せないほど、毎月の支払い額が増えているわけで、更にショッピングも利用してしまったら、次回の支払い額は更に増えて、どうにもならなくなってしまいます。
 
また、表面的なショッピング利用の利率にごまかされますが、実際の利率はもっと高く、利息で債務が膨れあがってくというのも危険だという理由の一つです。
 
たとえば、ショッピングのリボ払いの利率が年利15パーセントだとします。これは、クレジットカードのキャッシングの利率よりも低いので、現金化で借金返済をしていけば、利率の差だけ確実に返していけると錯覚しがちです。
 
しかし、実際は購入した商品を売却するとき、買った値段よりも高く買い取ってもらえるということはまずありません。例外として、プレミアが確実な限定品などがありますが、商品券であったり、貴金属であっても、必ず買った値段よりも低い値段で引き取られることになります。
 
その差額を、リボ払いの利率に加えれば、実際の利率は年利数十パーセント~100%以上と、どんなカードローンの利率よりも高くなってしまうのです。



スポンサードリンク


 

基本 クレジットカード コラム

この記事に関連する記事一覧